増築 不動産取得税

MENU

増築と不動産取得税の関連性とは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

そもそも不動産取得税とは、地方税のなかの一つで不動産の取得によって課される税金であり、区分わけすると普通税という部類にはいります。

 

そして支払いは一回限りですが、しかしながら一日でも不動産を取得すると不動産取得税は血も涙もなくかかってくるのです。

 

この不動産取得税がかかってくるのはなにも不動産を購入したりするときにかかるだけではありません。

 

実は増改築によっても評価額が増大すれば、かかってくるのです。

あこがれの不動産を無理をして取得したのち、しばらくたって落ち着いたころにまるでいきなりびんたをあびせられるように請求されてしまう税金が不動産取得税といわれるものです。

 

もしもその購入した不動産が個人的に所有する住宅の場合には、土地でも家屋でもともに軽減措置といううれしい措置があるのですが、

 

もしも軽減措置の適用をうけることができたならきわめて安くすむ不動産取得税も、万一軽減措置の適用がなかった場合には、

 

ひと月分の給料と変わらないないくらいの出費を覚悟しなけれなならない状況になってしまいます。

 

それは困ったことに贈与であっても不動産取得税もかかります。

 

そして不動産登記をしていなくても税金はかかります。

ごまかそうとしても権利移転などの確かな証拠があれば課税されてしまいます。

 

またその他、細かい条件がたくさんあり、ある一定の規模の範囲内や建物が木ざいであるのかどうかなどの要因があります。

 

これらの税金に対してうまく立ちまわらなくてはなりません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

固定資産税
家の大きさが大きなるとどうしても増えるのが、固定資産税ですね。評価額があがると、翌年から恐ろしい税額を支払わなければならなかったりするので、注意が必要です!
贈与税
一国一城の主に憧れて、ローン地獄に陥る若者が多い中、家族から家を贈与されることもあると思います。が、ここで注意しなければいけないのが、贈与税。知らないと高額な税額に驚くことも。。。
相続税
親が亡くなった後に家を相続すると、相続税を払わなくてはいけません。この相続税を支払うために、田んぼを一つ売った、という話を聞いたことがあります。税理士に相談するなど、適切な対策を…