狭小住宅 収納

MENU

狭い家でも、アイデア次第で収納は増える!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

収納術

家は狭い。

 

でも、増築できるほどの費用も土地もない。

 

物はできればあまり捨てたくない…。

 

そんな場合、現状を変えるためにできることは“収納”の在り方を見直すこと。

 

大丈夫!

 

収納の工夫次第で、狭い家を今とは見違えるほど広く感じさせることが可能なんです♪

 

工夫次第で、キッチンもオシャレに生まれ変わる♪

狭い家でありがちなのが、ごちゃごちゃと物があふれたキッチン周り…。

 

しかし、整理整頓にちょっとしたグッズを投入することで、キッチンは劇的にキレイに生まれ変わります。

 

例えば、100均などで安価に手に入る透明な瓶を生かした収納はいかが?

 

今までは雑然とふっ散らかしていた調味料やお茶などを透明な瓶に入れて並べるだけで、おしゃれなインテリアの一部に!

 

壁に簡単なフックを取りつけて、そこにおたまや鍋類を吊り下げるという収納法も斬新ですヨ◎

 

薄型ラックを活用して、お気に入りの靴たちもご機嫌

靴の収納も、狭い家での困りごとの一つですよね。

 

「オシャレは足元から」と言いますから、家が狭くたって靴の数は減らしたくない!

 

…そんなあなたには、薄型ラックを使った靴の収納がおススメです。

 

まるで、靴屋さんみたいなオシャレな収納で、しかも靴に外気を当てられるのでカビ対策にも効果的!

 

狭い家だからといってダンボールにしまいっぱなしでは、靴だって呼吸できずに劣化してしまいますからね。

 

吊り下げ収納は狭い家の味方!

狭い家で大活躍する収納アイテムといえば、やっぱりコレ!

 

吊り下げ収納ではないでしょうか?

 

キッチンなら、コップでも調理器具でも取っ手がついている物はなんでも吊り下げておけますし、マフラーや帽子、バッグなど普段からよく使う服飾品の収納にも便利です。

 

パッと見て、どこに何があるかがすぐに分かるという点も便利ですよね♪

 

しかも、吊り下げ型によってはオシャレに見えて、インテリアのアクセントとしても重宝します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

狭い家の収納術! 関連記事

 

家が狭いけれど、リフォームするにも手間・資金が惜しい!そんなワガママさんには、レイアウト変更がおススメ。部屋のレイアウトをちょっと工夫するだけで、狭い部屋は見違えるほど広い部屋に生まれ変わります♪ポイントは“色使い”にアリ!ファッションでも、黒を着ると痩せて見えたり、ベージュを着ると太って見えたりする現象がありますよね。それは部屋も同じ。明るい色には、部屋を広く見せる効果があるんです。ですから、部...

 
 

狭小住宅は、都会近郊で今や大人気の建て方です。人気の秘密は、メリットが多いことにあります。坪数が少ないことで関係してくる費用の面や、インテリアのしやすい面など多岐に亘っています。まず、大きい部分が金銭的なメリットです。狭小住宅の場合は、建築費用をローコストにすることが可能です。ハウスメーカー選びによっては、もっと費用を抑えることができます。自分たちの建てたい家を安く建てることができるのですから、人...

 
 

子供部屋を用意してもらえるということは、子供にとっては「自分を認めてもらえている」というメッセージ。たとえ狭い家であっても、なんとかして子供のためのスペースを確保してあげたいというのが親心ではないでしょうか。狭い家で、無理なく子供部屋を確保するコツとは?必ずしも“部屋”を増やす必要はない狭い家にお住まいの場合、子供部屋を確保しようにも「部屋数が足りない」という壁にぶつかることはよくある話。経済的に...

 
 

外観に関しても然りで、「薄くて重厚感がない」などと評されることも多いようですが、そこは腕の見せ所!間口の狭い家でも、工夫次第では「おっ」と通りすがりの人の目を引くオシャレなデザインが可能です!間口が狭い家の特徴は?そもそも、“間口の狭い家”ってどんな家でしょう?一般的には、道路側から見た場合の幅が狭い家のこと。例えば、「南向きで間口の狭い家」と言った場合は、それだけ光が入りにくいことになりますよね...

 
 

…一般的にはそう言われることが多いですよね。しかし、間口が狭いと具体的にどのようなデメリットがあるのか正確に把握している方は少ないのでは!?ここでは、どんな間取りにすれば間口の狭い家のデメリットを克服できるのかを一緒に考えてみましょう!間口が狭いってどういうこと?そもそも、“間口”とは、建物をある方向から見た際の“幅”のことを意味しています。もっと具体的に言うと、一戸建ての建物の場合は、“道路が面...

 
 

同じ広さでも、狭く感じられる家もあれが「広い!」と思う家もありますよね。その違いは…ズバリ、インテリアにあり!狭い家を広く見せるためには、どのようなコツが要るのでしょう?ここでは、狭い家に効果的なインテリアの勘所をまとめました。インテリアの基本は【色遣い】色遣い一つで、部屋は実際よりも狭くも広くも見せることができます。家のインテリアについて考える際は、まずは色遣いから考えていきましょう!狭い家を広...

 
 

“窮屈”“気を使う”というデメリット面ばかりが話題にされがちな狭い家での同居。ですが、万が一の場合にも“安心感”があるのは最大のメリットです。東日本大震災でそれを痛感した人も少なくないハズ。でも、狭い家の同居って想像しただけで息苦しそうだけど…?狭い家ってどのくらいの広さ?そもそも、“狭い家”とはどのくらいの広さを指しているのでしょう。一般的に、一軒家の平均的な広さは「都市部で30坪」「地方で60...

 
 

狭い家を実際のサイズよりも広く見せるためには、“片付け”の出来・不出来がポイント!狭い家にあふれかえる、あんなモノ、こんなモノ…どう片付ければ部屋が広く見えるようになるのでしょうか?まずは物を見直そう狭い家だから片付かない。…いえいえ、それは単なる“言い訳”。片付かないのではなく、片付けられないのです。その原因の一つが、物の要・不要を見極められなくなっていること。もっと広い部屋に住みたいと嘆く前に...

 
 

“プラスの面”をどんどん発見して、より快適に暮らす道を探りましょう。ここでは、その“考え方”のポイントをご紹介します。家の広さは格差社会を象徴している!?人々の生き方が多様化している現代社会においても、いまだ「狭い家に住む=貧乏」というハッキリ言って古臭い考え方が残っています。そのため、「狭い家だと、子供が友達を呼ぶ時に恥ずかしい思いをするのではないか」と世間体を気にして、背伸びしたマイホームを設...

 
 

まずは家の現状を見つめ直してみることが第一ステップ。そこでおそらく気付くのは、「物をしまうところが少ない…」「この部屋とあの部屋、2部屋合わせてちょうど良い広さなのに…」ということではないでしょうか?知恵を絞った収納で劇的Afterが叶う!狭い家のリフォームで重要視されるポイントの一つが、少しでも多くの“収納スペース”を確保するということ。…といっても、クローゼットを増やしたりする必要はないんです...

 
 

新しくて広い家は、ハッキリ言って、「すご~い」「キレイ!」と誉められて当たり前。古くて狭い家でも「ステキ!オシャレ!」と言わしめるような“センスの良さ”を身につけてこそ、称賛される価値があるのです☆古いからこそ!の“レトロ”な雰囲気を生かそう!新築なら、新しくてキレイなのが当たり前ですよね。ピカピカにしたければ、建て直したりリフォームしたりすれば良いんです。しかし、“古さ”は時間をかけなければ手に...

 
 

そう考えるのは、メスの“巣ごもり本能”としてしごく自然なことです。しかし、なぜ、子育ては広い家である必要があるのでしょうか?目が届きやすいのが最大のメリット!赤ちゃんが「私、自分の部屋が欲しい」と言うわけがありませんよね。勉強部屋だってまだまだ必要ありません。広い家である必要はほとんどないんです。逆に、狭い家には「赤ちゃんの一挙手一投足に目が行き届く」という大きなメリットがあります。赤ちゃんの成長...

 
 

幅が狭い家には、具体的にどのようなメリット&デメリットがあるのでしょうか?そして、どうすればそのデメリットを克服できるのでしょう?幅が狭い家をより快適に楽しむためのポイントについて、一緒に考えてみましょう!幅が狭い家のデメリットは?幅が狭い家、しかも南北に奥行が長い家の場合、北側の部屋には光が差し込みにくいというデメリットがあります。(東西に長い家であれば、各部屋の南側に窓をつければ日当たりの問題...

 
 

ゴールデンレトリバーは、大型犬の中でもかなり人気のある犬です。人なつっこくて、大きな体に魅力がたっぷり詰まっています。そんな犬を飼いたいと思う人が多い中、「狭い家では無理かも」と二の足を踏んでしまう人もいるのではないでしょうか。大事なのは、しつけと下準備それさえしっかりできれば、狭い家でも飼うことができます。できれば子犬の時からしつけをする方が都合がいいです。家のボスは誰なのかを明確に教え込むこと...

 
 

広い家に住みたい・良い家に住みたいと誰もが考えることです。それを手にすることが出来るかどうかは、自分の行動力にかかっています。「狭い家なのにどうしろというのか!」と思う人もいることでしょう。狭い家だからこそDIYがものを言うのです。古いキッチンや使い勝手の悪い収納スペース、「こんなのがあったら便利」と思える家具など、DIYすることによって、自分の思い通りのものが手に入ります。初心者だとしても、行動...

 
 

「家が狭いからイライラする!」という声が多いのには原因があります。生活する上で通る道が物でふさがっているせいなのです。そこを改善することができれば、家に対するイライラはすっとなくなります。生活する上で、居間から台所への通路や玄関までの通路など生活する上で大事な通路が大きい家具などでふさがっていたり、通りにくかったりするとイライラが生じます。ちゃんと通れないからぶつかったりものを落としてしまうことに...

 
 

家具の配置や動線の確保だけでなく、コーディネートをどのようにするかで、部屋が変わってきます。今固定してある場所を、思いもよらない方法で使い方を変えるだけで、住みやすくて広い家に変わることは、間違いありません。無い物ねだりをしない!まず大事なのは、どんな風に住みたいかと、今あるものをどのように使って、部屋を広くするかです。整理整頓、掃除や動線の確保だけでは限りがあるのです。だから、コーディネートする...

 
 

狭い家に住むこと自体がストレスになることは、誰もが承知していることでしょう。しかし、金銭的な問題などで誰もが広い家に住めるとは限りません。狭い家をどうにかして、精一杯広く使うことがストレスを減らすことに繋がります。大事なのは、部屋の掃除です。狭い家に住んでいても掃除のやり方次第でちょっとでも広く感じさせることができるのです。これを実践しない手はないでしょう。掃除機をかけてほこり取りをして終わりとい...

 
 

出産は、プレママ・プレパパにとって楽しみでもあり、これからの子育てを準備する期間でもあります。必ず用意したい物の中にベビーベッドがあります。しかし、狭い家だと置けるかどうかという問題が浮上してきます。まずどう対処していくかを考えましょう。狭い家には、ベビーベッドはさらに家を狭くしてしまうものです。しかし第一なのは、お母さんが安心して家事が出来る環境を整えることと、赤ちゃんがゆっくり休むことが出来る...

 
 

引越しをしなければならなくなったとき、多かれ少なかれ不要品が出てきます。それらを処分するとき、どのような方法を取りますか?たいていの場合はゴミとして処分する方法を選ぶでしょう。では、狭い家に引越しをすることになった場合、捨てるだけでは済まないこともあります。捨てる以外にも方法はありますリサイクルに回すのです。着ないと判断した衣服や家具、もらったけど使わない物など、新品またはそれに近い物は高値で買い...

 
 

狭い家に住んでいる場合、どういうわけかインテリアにばらつきがみられることが多々あります。その原因の多くは、色の統一性がないために起こってしまうのです。それを直すだけでかなり見違えるはずです。大事なのは、色の統一感です。それに合わせて家具配置を変えてみましょう。キッチンを例に挙げます。冷蔵庫が白なのにキッチンが昔ながらのステンレスっぽい色で、模様が入っていたり、食器棚が茶色だったりすれば、統一感はあ...

 
 

小学校に上がる子供にとって、学習机は自分だけの場所を確保することができる夢のようなものです。しかし、親にとってはまったく違う見解を持っています。狭い家に住んでいる場合、今以上に狭くなることは必須です。親が事情を説明しても、子供にはあまりピンと来ない話でしょう。そのため、「欲しい、買って!」とだだをこねるのです。こんな時は、数回の話し合いを持つことが子供に諦めさせる策になります。頭ごなしに「ダメ!」...

 
 

マイホームを手にするなら、間取りなどを納得のいくまで話し込むと、いいものが手に入ります。せっかく家を手にするなら、後悔はしたくないはずです。だったら、突き詰めます。決して、人任せにしないようにしましょう。都心に近ければ近いほど、狭い家がたくさん建っています。それでも、家主にとって満足のいく家であることは間違いありません。それは建築士と徹底的に話をして狭くても広く見えるような造りにしたりと、ある程度...

 
 

狭い家に必要なのは、整理整頓がきちんとなされていることと、空間を利用した視覚効果です。この2つが揃うことによって、広さを感じさせることができます。吹き抜けのある家はまさに救世主を自分の味方に付けたようなものでしょう。なにわともあれ整理整頓まず整理整頓については、収納スペースを最大限に活かすことと、生活の動線となる場所に片付けることを大切にする必要があります。それだけで、出しっ放しだった物がどんどん...

 
 

テレビなどで大家族のスペシャルが放映されます。それらからは、「大家族で住むと家が狭く感じる上に、子供たちが汚すので大変だ」というイメージが伝わってきます。しかし、そうではない家庭もあります。その差は何なのかというと、清潔感です。どんなに小さい子供がいようが大家族で住んでいようが、掃除と整理整頓をしっかりしている家は、狭さをあまり感じさせません。むしろ清潔感があっていい家に見えます。家族がたくさんい...

 
 

家に人を呼べないのは、狭い家に住んでいるせいだと思っている人もいるでしょう。しかし家の中を統一感のあるものに変えれば、「恥ずかしい」なんて思いは消えてなくなります。大事なのは、家具の配置とセンスです。具体的に言うと、最初はテイストを決めます。どんな家の雰囲気がいいですか?南国風・カントリー・純和風などさまざまある中から1つだけ選びましょう。この時、自分だけの趣味じゃなく家族みんなの意見を取り入れま...

 
 

どんな家でも、物が散乱していたり、出しっ放しになっていては、狭く感じてしまいます。狭い家であれば、なおさらです。こんな時は上手に片付けをして、きちんと収納することが、部屋を広く見せるのに大切なカギとなります。いる物といらない物にわけることから始めます。いらない物は処分し、いると判断した物は、収納スペースを活用して、しっかりと片付けましょう。家の片付けで大事なのは、「いつか使うかもしれない」と取って...

 
 

意外と収納に困ってしまう本類をどのように片付けていますか?たいていの場合は、本棚に入れていたり、なかなか読まない本類は、段ボールに入れて押し入れへなんてことをしている人が多いと聞きます。それではスペースを取りますし、本棚を置くだけで狭い家をさらに狭くしてしまいます。手持ちの本を分類することから始めましょう。何回も読んでしまうくらい大事な本は取っておくものとします。次にあまり読まないもしくは1度読ん...