狭小住宅 スキップフロア 間取り

MENU

狭小住宅におけるスキップフロアの有効性と間取りについて

狭小住宅を建てる場合、スキップフロアを取り入れる家が多いです。

 

それはやはりメリットとなる部分が多いからでしょう。

 

スキップフロアとは、半階分ずつずらしながら連続する層(階)の構成を言います。

 

それだけでなく、差を複数つけた床があるものもそう呼びます。

 

間取りにスキップフロアを入れるメリット

スキップフロアのある間取り

間取りにスキップフロアを入れるメリットは、

 

視覚的に広く見せることが出来るということの他に、床の差がみせる変化が空間を彩るところにあります。

 

床に段差があるということで、同じフロアにいながら天井までの高さを視覚的に違う空間にいるように感じさせることができます。

 

また、廊下をなくすことができますので、より広い空間を持つことができます。

 

そして、段差部分から光を取り入れるような仕掛けをすることができるので、より明るい家になります。

 

段差が変われば、お互いの空間が出来上がりますので、お互いの活動を促進することが可能です。

 

防火ランクのグレードを下げることができる

それに防火ランクのグレードを下げることができるというのも狭小住宅においてはメリットになるでしょう。

 

デメリットは、木造で建てる場合三階建てでは対応出来ません。

 

それに部屋数が多いとステップフロアは出来にくくなります。

 

遮音がしにくいといった点もデメリットになります。

高齢者と住むことになった場合は、上り下りが大変なので取り入れにくいことが言えます。

 

このようにメリットもデメリットもあるスキップフロアですが、狭小住宅ならではの楽しみ方の出来るものであることは確かです。

 

住む人や年齢などによって取り入れてみるかを考えてみましょう。

 

実際の物は、自分の目で見ることが一番ですので、内覧会などに出かけて判断する方がいいです。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

狭さを感じさせないキッチンの間取り
主婦にとってキッチンはお城です。家を建てる時には一番気になるところですね。広さもさることながらシステムキッチンの形や、どこまで何を組み込むかも大切な要素です。食洗機などもビルトインにすると便利でしょうし、コーナーの利用法も考えどころです。
三階建ての間取りを考える
日本の今の住宅事情、土地事情では三階建ては必須ですよね。地価が高いと広い土地は望めない、ということは各階の広さが狭くなるので上に伸びるというのは仕方のないことです。でも、将来のことを考えると出来れば2階止まりにしたいと思うのは私だけでしょうか?最近の新聞の折り込み広告などで販売されている家は、ほとんどが3階建てですね。間取りがとても工夫されていて関心する物件も結構あります。とても機能的で無駄がないんですね。ただ、やはり収納については少ないといわざるを得ません。
縦長の間取りを考える
最近のマンションは同じフロアにも色んなパターンがあるという凝った造りになっているようですね。一昔前は同じ間取りの家がずらーっと並んでいるのが普通でした。ですからだいたいの部屋が縦に長くウナギの寝床などと言われていたのです。
中庭のある間取りは理想的
我が家の隣は2件建て売り住宅が並んでいます。ちょうど同じ時期に新築工事をしていたのでチョット興味半分にその間取り図を見たところ、お隣さんにはパティオという文字がありました。ちょうど半坪程度の中庭がありどうもそのことらしいのです。オシャレですねぇ!!
二世帯にとって理想な間取り
そろそろ我が家も親との同居を考える時期になったようです。二人揃っている時はそれほど心配していなかったけれど母一人になってしまって数年、80歳になったので二世帯同居のために間取りを考えて改築若しくは増築しなくちゃ行けません。
狭い平屋にオススメの間取り図
田舎の安い土地に平屋の家を建ててまったりと余生を過ごす事が出来たらどんなに良いでしょう。50歳を過ぎたこともあり、そんな時がくるのを楽しみに休日には、夫婦であれこれ話しながら間取り図など描いてみています。以前はマンションの5階に住んでいたので毎日の階段の上り下りはそれほど苦にならなかったのに戸建てに移ってからは本当に階段が辛くなりました。もちろん歳のせいもあります。これからは多少狭くても平屋の方が住みよいのではないかと思っています。
細長い土地にオススメの間取り
最近、近所で戸建ての一人暮らしのお年寄りが亡くなるとその土地には建て売りを2軒とか3軒、建てていることが良くあります。元々1軒分の土地なので分割するとどうしても細長い土地になってしまい、間取りもそれなりです。それでも直ぐに売れてしまうようですね。
間取りを工夫して快適な暮らしを実現!
土地が狭くても間取りの工夫によって本当に素敵な家がたくさんあります。とても機能的で合理的な造りです。その多くの場合は設計士さんがこだわりのある、テレビに出てくる匠のような方が多いみたいですね。一般的なハウスメーカーの設計士さんでも頼めば考えてくれるのでしょうか?
広々とした二階建ての間取り
現在夫婦と子供二人の4人家族、子供達も学校に上がったのでそろそろマイホームを建てたいと思っています。間取りとしては30坪程度の土地に二階建てで4LDKが理想です。今は何とか夢の実現にむけて頭金を貯めようと頑張っています。
リフォームは間取りが命!
今住んでいる家は両親が建てた家で、私が結婚した時に増築しました。でも、古い方はもう既に40年が建っています。その頃と家族構成も変わってしまったのでそろそろリフォームしたいと思います。既に両親は他界しているので子供達とも相談しながら間取りを考えているところです。
ガレージだって持てる!
主人は大の車好きで暇さえあればピカピカに磨いて眺めています。ですから我が家は人が住むスペースよりもガレージにお金がかかっているかも知れない程です。間取りもガレージ中心になっているんです。何しろリビングの壁が一部ガラス張りでガレージの車が見えるようになっています。
6坪に建てる家
今朝の新聞のチラシに6坪の売り地が出ててびっくりです。でも、今時は6坪でもちゃんと素敵な家が建つんですね。先日見たテレビでは5坪という土地に建てた家を紹介していました。それが以外に広い感じで快適そうなのには本当に驚きです。カメラを通して見ると実際より広く感じるとは思いますが実際にそんな家が存在するのですから・・・。
7坪は、どんな間取りにすとよいのか?
土地が狭ければ狭いなりに工夫して、とても機能的な家が出来るものなのですね。7坪でも角地の場合なんかは明るくて良いかもしれません。その間取りには大いに興味がありますね。どうすれば無駄のないでも暮らしやすい家が出来るのか、考えるのも楽しいですね。
9坪の土地には開口部の多い間取りの家が良い理由
9坪というとおよそ3m2。それでも3階建ての間取りにすれば100m2近くなりますから結構な広さの家が出来ることになります。階段の上り下りが大丈夫なら全然問題ないということですね。若しくは家庭用のエレベーターを付ければ全く問題ないですね。
10坪の土地に家を建てる
とても便利な世の中で、インターネットで10坪でも家が建つのか調べてみたら、全く問題なしですね。沢山の事例が載っていました。その中にはちゃんとガレージのある間取りの家もありました。それに、どの家もコスパが高いです。
12坪なら賢い収納スペースの取り方を間取りに反映する
我が家の近所に中途半端な土地が売りに出ていました。元々1軒の家だったのですが、どういう訳か12坪だけ売れ残っているのです。最近は3階建てが普通になっているので12坪でも4LDKの家が十分に出来るようですが、やっぱり窮屈な感じは否めないでしょう。
変形地20坪には可変的な間取り作りを!
以前住んでいたマンションは約80㎡の3LDKでした。20坪ちょっとの広さでしたが4人家族が暮らすには十分でした。たまに泊まりのお客様が見えた時だけはあと一部屋あると良いのにと思いましたが、そんなにお客様が来るわけでもなく両親や親戚なら孫と一緒の部屋の方が喜びますから不便は無いですね。
25坪でも可能?子育て世代は目が届く間取りに!
住宅で25坪というのはそれほど狭いという感じはしないんですけど、延べ床面積が25坪ということは土地はその半分若しくはもっと狭いかも知れないと言うことですね。田舎では考えられないレベルですけど都会では当たり前のようにそんな家が売買されています。
4階建ての間取りは無限の可能性を秘めている!
親が残してくれた土地があるのですが、如何せんチョット狭いのです。相続の問題もあり、ハウスメーカーに相談したところ4階建てにしてした2階を賃貸にしてはどうかという提案がありました。今まで考えたこともなかったのですが、少し真剣に検討してみようと思います。
狭くても5階建てにすれば二世帯で住める
友人が定年退職を機に長男夫婦から長男の家での同居の申し出があったそうです。でも、長年住んでいる今の土地を離れるのはどうしても嫌なのだとか。ということで交渉決裂となりました。が、その後色々あって今の土地に5階建ての賃貸住宅を建てて1・2階を自分たちの住まいにして上3階を貸し出すことにしたそうです。
何坪あれば建てられるのでしょうか
金額も安価で人気の狭い土地に建てる家ですが、最低何坪から建てることが出来るのかご存じですか?技術が進んでお洒落なデザインの家が建てられるといっても、やはり限界がありますよね。予算との兼ね合いもあると思いますので、見積を集めたりする前に最低限の知識だけは頭に入れておきたいものです。
憧れます!4LDKの家
13坪の土地に建てられるのか