狭小住宅 騒音

MENU

狭小住宅の騒音をなくすためにできること

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

街を普通に散歩しているとお風呂を沸かす給湯器の音や、洗い物をする食器のかちゃかちゃする音など普通に聞こえてきますし、線路が近いとほとんどの家は電車の騒音が毎日鳴り響いているに違いないのです。

 

狭小住宅は残念ながら住宅の密集地に位置するために、意外に大きな音や声の騒音が隣近所から聞こえてきます。

 

マンションなどは上下左右がくっついているので、音を意識的に気をつけるようにしたり、鉄筋コンクリート造ということもあって気密性も高く、

 

音は心配するほどに周りに聞こえていないということがわかりますが、しかしそれでもピアノの音などはご近所や周りに聞こえていることは覚悟しなくてはいけません。

 

戸建住宅はそんなに気密性が高くない上に木造ですので、お風呂やクルマの音、こどもが階段を駆け上がる音、井戸端会議の声などさまざまな音が氾濫していることに気づきます。

 

戸建住宅は隣地と距離があるといっても、そんなに広い家でなくても1、2メートル程度、狭小住宅となると数十センチ程度しか距離がない上に気密性能はおどろくほど低いのです。

 

騒音対策のために狭小住宅の気密性能を上げるためには、まず意識的に気密性能をあげるということが必要不可欠ですし、気密性能をあげることで、騒音を防止するとともに建物の寿命も長くなるようです。

 

気密性能をあげるためには建物を意識的に建築することにありますが、気密性能を上げるためのシートをはることもポイントの一つです。

狭小住宅での騒音との付き合い方

あらたに新しい狭小住宅で平和に楽しく生活するには、まず隣人との人間関係を良好に確率することが大切です。

 

そのためにはお互いの騒音は最低限気を使うことと、時にはお互いの騒音を認め合うことも必要です。

 

もし騒音を発したならば、声掛けや毎日騒音を発しないといった気遣いがポイントです。

 

あらたに新生活を新しい狭小住宅に住むにあたって、もっとも気になるポイントは近所づきあいではないかと想像しますが、他にも気になる点はあるのでしょうが、人との関わりというのは仕事をしようが、学校に行こうが一つのキーポイントといっても過言ではないくらい、人の生活や精神面に大きな影響を及ぼします。

 

多少嫌なことがあっても周りの人と上手くいっていれば、そんなに気にならないし、逆に周りの人との関係が上手くいっていないと精神的にも参ってきます。

 

しかし人との関係といいましても、そんなにべったりではなく、隣近所ならば、ちょっといいひとだなとお互い思いあうくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

 

狭小住宅において、隣人との関係を乱す行為として考えうるのはまず騒音ではないでしょうか。

 

騒音はひとのイライラ感を引き起こしたりストレスを与えてしまう行為のひとつですから、お互いに十分に注意が必要です。

 

お互い分かり合えるところであれば、昼間のピアノの練習などは、目をつむりたいところですが、人はそういった駆け引きのなかで、生活しているのかもしれません。

 

時には友人と騒いでしまって迷惑をかけることもあり、その時は声掛けも必要であったり、また毎日そういうことが起こらないように注意もひつようです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。