狭小住宅 同居

MENU

狭小住宅で同居する前に準備すること

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

狭小住宅でも家庭の事情によって、同居を余儀なくされるケースが多々あるのですが、しかしそういった状況に遭遇すると、狭小住宅においてプライバシーを守ることの大変さを思いしります。

 

同居しても問題ないような家庭環境であればいいのですが、しかしそんなケースはごくまれです。

 

適度な距離感が良好な人間関係を保つともいえますので、

 

キッチンが同じとかお風呂トイレが同じで、それが毎日続くとちょっとしたイライラがどんどん大きくなっていくものです。

 

また同居のために狭小住宅を増築やリフォームとなると、旦那さんや奥様の趣味のスペースは真っ先に削られるのが常です。

 

そうなると、そのストレスは同居する家族にいってしまいますから、親しい関係や間柄であっても適度な距離感と、相手に対する尊重がないのなら、同居は避けた方が無難になります。

 

またお互いの立場や何らかの利害関係によって同居を考えた場合、そのタイミングはまだ熟していない可能性があります。

 

むしろ将来の人生設計をしっかりと考えてからの同居の方が、こころの準備もしっかりとできていいのかもしれません。

 

同居する相手にもよりけりですが、高齢者の方と同居となるとバリアフリーが必要です。

 

しかし狭小住宅においては、二階三階が当たりまえになりがちですので将来的なエレベーターの設置計画、そして介護用のベットの搬入などあらゆるケースを想定した増築などが必要不可欠です。

 

いづれにしても、狭いスペースで毎日顔を突き合わせることとなる相手と、あらかじめ十分に話し合いの場をもうけて人間関係の構築やお互いの理解の相違がないようにギャップを埋めていくというスタンスをとってからの同居であっても、決して遅すぎるということはないしょう。

狭小住宅で両親と同居するにあたって

夫婦のどちらかの両親と同居を考えた場合、狭小住宅の狭さがどうしても気になってしまって、お互いのプライベートを如何に守るのか、

 

また老いた両親が生活しやすいようにバリアフリーに目が行ってしまうのですが、しかしそれよりもお互いの価値感や生活スタイルにまず目を向けた方がいいのかもしれません。

 

夫婦お互いの、それぞれの両親と同居する場合には、狭小住宅ですとどうしても手狭な感じを受けてしまいますが、同居は何よりも必要性に応じて行うものですから、そうはいってられません。

 

両親との同居にあたって、どうしても気になるのは、お互いのプライバシーをどうやって守るのか、そして老いた両親が不自由なく生活するために必要なバリアフリーへのリフォームなどですが、そうすると金銭面に心配が及んでしまいます。

 

どんなことにおいても大切なのは、お互いの思いといったところに焦点を当てた場合、単純にプライベートやバリアフリーなどの機能面にのみ目を向けるのではなく、ここちよい距離感はどこにあるのかといったところに目線をもっていったほうが、まずはうまくいくのではないでしょうか。

 

例えば、食事だけは一緒にコミュニケーションとれる場をつくるなど、どういう風に関わって、どのタイミングでお互いの仲を深めていうのかといった目線も重要なのではないかと思います。

 

またプライベートを単純に守る事だけに必死になるのではなく、お互いの趣味や生活スタイルに配慮したプランニングをおこなって、お互いに尊重し、人生を有意義に、そして同居する意味を深めていくことのほうがよほど価値を感じるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。