狭小住宅 日当たり

MENU

狭小住宅で日当たりを確保するために。

人が日照条件によって大きな影響をうけるという話をよく耳にしますが、それ以前にお部屋が暗いということは、心理面においても、また経済面においても問題があるように思います。

 

万が一購入した狭小住宅を販売する場面においても、日光を十分に取りいれることが可能である住宅の方が高めで販売できることは火を見るより明らかです。

 

しかし狭小住宅を購入する以上、住宅購入者にとって資金は限られていますから、少々日当たりが良くない土地であっても、土地購入に予算を割くよりも建物に予算をかけるほうが、比較的に住み心地のよい住宅を建築しやすいようです。

 

狭小住宅において、予定しているその土地が、十便な日当たりが望めなくても、間取りの工夫や階段の工夫、窓の工夫などによって十分な日照を確保できるケースも多々あります。

 

その点においては予め建築士などの専門家に相談することをおすすめします。

 

狭小住宅の日当たりを確保するための人気の土地は、太陽が昇った先の南側がぱっと開けた土地にあたります。

 

しかしこういった土地は人気が高いですし、コストアップを余儀なくされますから、そこそこの日照条件とむしろ湿気が少なかったり水はけがよかったりする条件も考慮して、コストパフォーマンスのよい条件の土地を選ぶことが重要です。

 

日当たりだけを見た場合、狭小住宅であっても天窓の確保や、道路面になる方向に窓を充実させることで日照を確保することも重要です。

 

しかし裏を返すとやたらと日光が入ってくる住宅はそれはそれで暑くて住ずらい住宅となってしまいますので注意が必要です。

狭小住宅の日当たりの悪さでの悩み

せっかく新築した狭小住宅の前に、マンションなどが建築されて日当たりがわるくなるケースはよくあるようですが、そういう状況になるとどうしても恨みの気持ちが湧いてきます。

 

しかし恨みは自分自身の心も病んできますから、できる限り明るい色の家具などを使いまずお部屋を少しでも明るくする努力が必要です。

 

日当たりの悪い家に住みますと、何かと洗濯物が乾きにくかったり、電気代が余計にかかったりというだけではまだ我慢できるかもしれませんが、毎日暗がりで生活していますと、気持ちまで暗くなってしまって、次第に元気まえ吸い取られてしまいそうです。

 

しかしながらもともと建っていなかったところにマンションなどが建設されて、日当たりが遮られてしまうと、恨みの気持ちさえも湧いてきそうな恐ろしい状況になってしまいます。

 

何とか少しでも工夫次第で日当たりがよくできれば、気持ちも晴れるでしょうが、引っ越ししたばっかりの狭小住宅がこんなに日当たり不足ですと、とても気が滅入ってしまいます。

 

そんな状況の人は意外に多いようですが、しかし日当たりが悪くても何とか明るく過ごす努力が必要ですし、努力しても日当たりがどうしても悪い場合せめて、壁紙、カーテン、絨毯や家具やテーブルなどなど、少しでも明るくしていくという工夫で状況は変化するかもしれません。

 

もし前に家が建ってしまって日当たりがわるくなってしまったとしたら、どうしても恨みの気持ちをもってしまいます。

 

たとえ日当たりの悪い狭小住宅であっても、恨んでも仕方ないことで、自分自身の気持ちの整理がまず必要です。

 

天窓などの設備をお金を使って設置するという方法もありますが、新築ではなかなか難しいところですが、鏡などを多用したりして二階の光を一階にもってくるという方法もあります。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。