狭小住宅 失敗

MENU

狭小住宅の失敗例から学ぶ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブーム真っ最中の狭小住宅ですが、情報に踊らされての失敗例はたくさんありますから、狭小住宅を建築するための理想的な土地をみつけたとしてもしっかりと調査してから購入することをおすすめします。

 

建築物を土地に建てるには色々な法令上の制限をうけることはいうまでもありません。

 

例えば道路に面しているとセットバックという1メートルあまり道路からの後退を余儀なくされてしまったり、さらには高さ制限をうけて三階以上を建築できなかったり、場合によっては法令上の制限のみならず、土地そのものにも問題があるケースもあるのです。

 

狭小住宅における失敗例はさまざまありますが、それはすぐに改善できるような軽微なものから、どうしようもない事例にまで及びます。

 

特に注意すべきなのは建売の狭小住宅ではないかと思います。

 

注文住宅の失敗は、自分自身の見通しの甘さの失敗でもありますから、諦めもつくのかもしれませんが、しかし建売住宅となると話は変わってきます。

 

欠陥の中身は見えづらく、土地の特性などが隠されていても気づくことはほぼありえません。

 

また建築上の失敗のみならず、新しい土地に狭小住宅を建築する場合には、立地上の不都合に関わる根本的な失敗も多々あります。

 

狭小住宅購入においての失敗例でもっとも多いのがはやり、都合上あせって購入したための失敗が大多数をしめているのではないかと思います。

 

例えば田舎から都会に、そして都会から田舎に引っ越しを兼ねた狭小住宅の建築は、勝手がわからに状態での購入になりますので、ほとんど失敗なしでは語れないくらいに失敗があります。

狭小住宅で失敗したと感じる前に!

ほとんどの狭小住宅の購入しようと考えた場合、成功することを願っていることはいうまでもありませんが、しかし反面失敗を悔やんでおられるかたもいることでしょう。

 

そういった失敗をしないためにできるだけ多くの物件を吟味し、新築だけに限らず中古物件もまわってみることをおすすめします。

 

あこがれの住宅購入は、どうしても理想的な家に住みたいと願うひとが大半ではないでしょうか。

 

しかしながら、理想以上のマイホームを手に入れた、と喜ばれる人たちの影で、逆に失敗を悔やんでいる方たちもたくさんおられるようです。

 

例えば新築にこだわり過ぎることによっての後悔もなかにはあってクルマでも住宅でもあまりに新車や新築住宅にこだわり過ぎると失敗に繋がるケースがあります。

 

 

新築住宅は基本的にそこがハウスメーカー並びにハウスビルダーの儲け時になりますから、精いっぱい高い価格設定をおこないます。

 

その点、中古住宅は状態がきれいでも汚くても、一様に価格はいったん大幅に下がりますから、協商住宅を探すにあたっては絶対新築などと考えずコストパフォーマンス優先して探してみるのもひとつの手ではないかと思います。

 

後で後悔しないように、たくさんの物件を見て回ることもポイントのひとつで、いくら目当てのところが見つかっても、他に周って見なくては相場観が理解できてませんから、だいたいここならこのくらいの価格であろうとある程度、把握できるところまで行けば狭小住宅購入においても失敗は少ないのではないでしょうか。

 

ただもう一つ、勝手に失敗と決めつけるもの問題があります。

 

そこがもしかしたら自分にとってもっとも最善の狭小住宅なのかもしれませんから。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「狭小住宅の失敗」に関する記事

 

都心部でも便利のよい一等地は狭小住宅であっても、普通のサラリーマンですと35年ローンなどをくんだ一世一代の高価な買い物になるわけですが、そんな一等地に建っている狭小住宅は、最近流行のデザイナーズハウスと銘うって、割高な価格で販売している物件をよく見かけることができますがそこに注意点があります。そしてそんなデザインハウスなる狭小住宅は、みればみるほどデザイン性どころか居住性をも疑ってしまうような法令...

 
 

人は朝しっかりと日光を浴びないと目が覚めないという話は、テレビで見かけたことがありますが、反面、日光のもつ紫外線はシミのもととなってしまうという悪いうわさも耳にします。いったい日光と人の関係はどうなのだろうってことですが、具体的には人は日光を浴びることによって体内でビタミンDを作り出すようで、そのビタミンDが不足すると骨の形成に大きく貢献するためのカルシウムの吸収に支障をきたすという弊害をもたらす...

 
 

人が日照条件によって大きな影響をうけるという話をよく耳にしますが、それ以前にお部屋が暗いということは、心理面においても、また経済面においても問題があるように思います。万が一購入した狭小住宅を販売する場面においても、日光を十分に取りいれることが可能である住宅の方が高めで販売できることは火を見るより明らかです。しかし狭小住宅を購入する以上、住宅購入者にとって資金は限られていますから、少々日当たりが良く...

 
 

手狭な狭小住宅はその広さを確保するために二階建て三階建てが必要になり、さらに日照をも確保するためには、通常の住宅と同じような階段の間取りですと、日照条件を悪化したり動線を邪魔したりと、狭小住宅の階段は一工夫しないと単なる邪魔なだけのしろものになってしまう可能性が考えられます。このように狭小住宅において階段は重要な役目を果たします。また高齢者社会に突入している現代において、住宅内でおこる事故の件数が...

 
 

街を普通に散歩しているとお風呂を沸かす給湯器の音や、洗い物をする食器のかちゃかちゃする音など普通に聞こえてきますし、線路が近いとほとんどの家は電車の騒音が毎日鳴り響いているに違いないのです。狭小住宅は残念ながら住宅の密集地に位置するために、意外に大きな音や声の騒音が隣近所から聞こえてきます。マンションなどは上下左右がくっついているので、音を意識的に気をつけるようにしたり、鉄筋コンクリート造というこ...

 
 

狭小住宅のスタートラインに立つためにはまず、建物を建てるための土地をてにいれることからスタートすることはいうまでもありません。この時点で多くの人が足踏みをしているのは、それだけ土地探しは難易度が高いということなのでしょうか。土地探しには結構なハードルがあります。役所や土木事務所をまわってどのような住宅が建築できるのか協議を繰り返す必要性があります。実際に思い通りの家が建つのか、法令上の制限はどうい...

 
 

狭小住宅は、ほとんどの場合三方向を建物に挟まれた、息苦しいようなたたずまいの土地に住宅を建てることになります。日の光や風を住宅に取り入れるためには、森で木が光を求めて高くなるように高さがポイントになあります。もちろん狭小住宅の高さは住空間を確保するための高さでもあるわけで、そこには二階三階に伸びていく階段が必要になります。昨今の住宅のおける高齢者の階段事故を危惧もしなければなりませんし、何よりも老...

 
 

とにかく狭い狭小住宅ですが、住む人の多くがもう少し広ければ、なんて願っているのではないかと思います。しかし、もともと狭い土地ですので今より階数を増やすか、もしくは地下を掘るかなどと非現実なところでしか居住スペースを増やす可能性を見出せません。しかしながら万が一隣地に土地が空いたとしたら、何とかそこを買い取って狭小住宅を増築するチャンスをゲットしたいものだと思います。ですが、住宅ローンもまだ残ってい...

 
 

狭小住宅でも家庭の事情によって、同居を余儀なくされるケースが多々あるのですが、しかしそういった状況に遭遇すると、狭小住宅においてプライバシーを守ることの大変さを思いしります。同居しても問題ないような家庭環境であればいいのですが、しかしそんなケースはごくまれです。適度な距離感が良好な人間関係を保つともいえますので、キッチンが同じとかお風呂トイレが同じで、それが毎日続くとちょっとしたイライラがどんどん...