狭小住宅 ウッドデッキ

MENU

超開放的!空間づくりに欠かせないウッドデッキを考える

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

狭小住宅はお財布にやさしい

 

女性に大人気のウッドデッキは、狭小住宅でもマストアイテムの一つとして捉えられています。

 

家を建てたら、庭には必ず置きたいものにランクインするものでもあります。

 

どうしてウッドデッキは、狭小住宅に置かれるのか?

それは、視覚効果を狙った空間を広く見せる技の一つだからです。

 

リビングから見たときに、窓を閉めてあったとしてもウッドデッキがあると、広く見せることができます。

 

しかも窓から見える景色や光の感じもあって、開放感を演出することができるのです。

 

庭の役割をすることもあります。

狭小住宅の場合は、庭を作ることが難しいため、高層ウッドデッキを取り入れるところが非常に多いです。

 

その場で家族みんなでバーベキューをしたり、子どもと星を眺めたりすることができ、家族の団らんや夫婦の絆を高めるためにも有効な手段となっています。

 

都会に住んでいても、外で深呼吸ができる場所は確保しておきたいものです。

 

そのためにもウッドデッキが必要になることでしょう。

 

ウッドデッキは、一つの部屋という捉え方も、庭という捉え方もできますから、本当に重宝します。段差がありませんから、高齢の方でも使えます。

 

狭小住宅では、坪数が少ないため、庭を持つことがかなり難しい

そのため、広さも演出することができるウッドデッキを利用しましょう。

 

駐車スペースの上などにつけることができる高層タイプを取り付ければ、さらに空間を活用することができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。