狭小住宅 おしゃれ

MENU

おしゃれな狭小住宅を建てたい!その際の大事なポイントは?

狭小住宅のメリット

どんなに狭い土地でも都心に近くて、交通の便もいいところに持ち家があると便利です。

 

そうなると、地価が高くなるのが当たり前で、庭付き一戸建てなんて夢のまた夢なんて思ってしまうでしょう。

 

でも近年になって、狭い土地を利用したおしゃれな狭小住宅を建てる人が増えています。

 

まず狭小住宅というものが、どのような家なのか知っておく必要があります。

 

15坪程度の土地に建てる家を狭小住宅と呼ぶ

坪で見ていくと、約15坪程度の土地に建てる家を狭小住宅と呼んでいるようです。

 

狭い土地なために、価格を低くして販売されることも多いため人気が出ています。

 

メーカーの展示会を見学しよう!

おしゃれな狭小住宅を建てるために、さまざまな住宅メーカーの展示場を見学して、自分たちに合ったものや、気に入ったところを取り入れるようにすることが大きなポイントになります。

 

例えば、吹き抜けや窓を工夫して、明かりを多く取り入れるようにする方法や、3階建てなど高さを出す方法などがあります。

 

住宅メーカーだけでなく、おしゃれな狭小住宅を多く扱って、設計をしている建築事務所を訪ねてみるのも大事です。

 

一辺倒な見方ではなく、多方面から考えてくれますし、意見を通しやすいかもしれません。

 

また、インターネットを使って調べると、もっと世界が広がって自分の思い通り家が手に入りやすくなります。

 

まずは、イメージを少しずつ形にしていきましょう。

どんなに小さな土地でも家を建てることができる時代になってきました。

 

どこかで見たような家ではなく、自分のオリジナルで工夫がいっぱいのおしゃれな狭小住宅を手にできます。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

おしゃれな狭小住宅 関連記事

 

狭小住宅は、都会近郊で今や大人気の建て方です。人気の秘密は、メリットが多いことにあります。坪数が少ないことで関係してくる費用の面や、インテリアのしやすい面など多岐に亘っています。まず、大きい部分が金銭的なメリットです。狭小住宅の場合は、建築費用をローコストにすることが可能です。ハウスメーカー選びによっては、もっと費用を抑えることができます。自分たちの建てたい家を安く建てることができるのですから、人...

 
 

女性に大人気のウッドデッキは、狭小住宅でもマストアイテムの一つとして捉えられています。家を建てたら、庭には必ず置きたいものにランクインするものでもあります。どうしてウッドデッキは、狭小住宅に置かれるのか?それは、視覚効果を狙った空間を広く見せる技の一つだからです。リビングから見たときに、窓を閉めてあったとしてもウッドデッキがあると、広く見せることができます。しかも窓から見える景色や光の感じもあって...

 
 

狭小住宅を建てる場合、庭をつくれるほど土地に余裕はないかもしれません。だったら、屋上に庭をつくってみてはどうでしょうか。ただの庭にするより、何の用途にも使えるルーフバルコニーをつけるのがオススメです。家族みんなで楽しむことができます。普段は洗濯物を干す場として使ったり、ガーデニングをしたりする場でもいいでしょう。休日になったら、バーベキューをしたり、ホームパーティーを楽しむ場として解放するのもいい...

 
 

自分の家を持ちたい人の中には、狭小住宅を視野に入れて都心に住もうと考える人が増えています。その際に参考となるのが、モデルハウスですがそれだけで決めてしまわないようにしましょう。自分の思い描いている家に近いものやそれ以上のものを提案してくれるところもあるからです。ハウスメーカーがこぞってモデルハウスの展示を行っています。見に行くのはいっこうに構わないのですが、それだけを参考にするのではなく、さまざま...

 
 

都心部や市街地における戸建住宅における環境はどんどん悪化してきているように思います。人の住む地域が限定的になってきて便利な地域はどんどん家が建って交通渋滞を引き起こし、反面不便な地域では、人がいなくなってしまうという極端な住宅状況になってきているのではないでしょうか。私の家の近隣でも大きな戸建住宅が、相続などを経てやがて売りに出されて土地が分割されて小さな住宅の集合体に変化してきています。それはま...

 
 

日本の長引く経済不況は住宅事情に端的にあらわれてきていて、それは狭小住宅や旗竿地といわれる物件が非常たくさんに生まれる結果となってきています。ウサギ小屋とよく揶揄される日本の住宅事情ですが、実際にこういう風に揶揄されていたころの日本の住宅はまだまだ現在の住宅事情と比較すると、居住スペースが広かったように思います。もっとも現代では、アメリカのニューヨークでも土地価格は日本以上に上昇をみて、さらに国民...

 
 

マイホームを持ちたいと考えたときにまずはじめにしなくてはいけないのは、土地探しですが、これが結構難しい選択になります。まずはどんな地域に住みたいのかしっかりと考えて探さないといけないのは言うまでもありません。土地を探して家を建てる場面に近づくとさまざまな考えなくてはいけない場面にでくわします。例えば間取りはどうしようとか、外観はどうしようだとか、狭小住宅だけど猫の額ほどでいいからお庭も欲しいとか、...

 
 

ログハウスというと別荘地や行楽地などに建てるものというイメージがありますが、そんなことはありません。最近は自宅をログハウスに考えておられる方がふえてきているようです。ログハウスの木のぬくもりはもちろんのこと、ログハウスのもつワクワク感覚を自宅で味わえるという大きなメリットがあります。また普通の住宅ですと壁紙など、お部屋のコーディネートのさまざまな部分を試行錯誤しながら、完成させていかなくてはなりま...

 
 

?狭小住宅というととにかく狭いというイメージなのですが、単なる狭い住宅というわけではありません。ほとんどの場合土地がいびつな形状をしていて、建てる住宅は一工夫二工夫しなとなかなか快適には暮せません。最近は田舎暮らしなんていう言葉も流行していますが、いざ田舎にすむとほとんどのひとが都会に逃げ帰るようです。理想をいいますと田舎暮らしは新鮮な野菜と魚介類に囲まれてクルマもほとんど通らず、のんびり暮らせる...