二世帯住宅 リノベーション

MENU

二世帯住宅のリノベーションの種類とは?

二世帯住宅のリフォーム、リノベーションは、二世帯住宅の欠点や特性を考慮して考えると占有部分のしっかりした分離とそしてコミュニケ-ションを大切にするための共用部分の形のバランスが重要なポイントであるといえます。

 

どんな種類がある?

例えば玄関を別にしてしまって家族としては完全に分離してしっかりとプライベ-トをまもる方法や、さらにはお互いのコミュニケ-ションや介護もしくは子供の育児などを共有する部分的な同居のタイプ、そしてさらには家族の一員として完全に同居するというタイプの大きくわけると3つの二世帯住宅の形があってそれぞれにメリットとデメリットが共有しています。

 

完全に分かれて暮らす?

共用部分のスペースを全く作らないというのは、両親と血の繋がっていない妻もしくは夫にとっては比較的に刺激の少ないといえる方法です。

 

この方法での二世帯住宅のリノベ-ションであれば、もっとも気の遣うことのない安心感のある距離感を保つことが可能であり、お隣さん的な二世帯住宅になりえます。

 

またこの方法ですとこどものガチャガチャする音やそのほかさまざまな家からでる音などで迷惑をかけてしまう心配も軽減されます。

 

しかしこの方法は完全にすべての生活に必要な施設が二世帯分必要になってきますし、広さも必要で金銭的な負担も必然的に大きくなってしまいます。

 

プライベ-トを分離

また共用部分ありの二世帯住宅のリノベ-ションは二世帯間の接点をもつことでコミュニケ-ションを密にとることができる反面、二世帯間の関わりが大きくなるということで、気を使うことも多くなってきます。

 

このタイプのポイントはキッチンをしっかりと分離することで、もっともプライベ-トな部分を分離することで、最低限のプライベ-ト空間をまもることができます。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

二世帯住宅の間取り
二世帯で住むためには、色んな点で工夫をすること良いでしょう。特に間取りについては考えることが必要です。お互いのプライベートを大切にするためにも、最初にしっかりと決めておきたいのです。
ローコストで建てられる理由
二世帯住宅も、今は非常に安くなってきています。それはなぜなのか。。。ただ安いからという理由で購入するのではなく、その背景にある社会的な流れを知ることで、賢い買い物ができるようになります。
二世帯住宅のデメリット
親に家を購入してもらい、一緒に住むということは、沢山のメリットもあれば、当然デメリットも存在します。関係を良好に保つために、気をつけたい点をまとめました。
気になる固定資産税
土地、家屋が大きくなればなるほど増えてくるのが固定資産税。二世帯住宅の場合、どれぐらいの税金を覚悟しておけばよいのか。また、軽減処置を利用するときの注意点とは。
二世帯住宅の不動産取得税
両親と折半で費用を負担し合って住んだとしても、税金はごまかせません。建てる前にどれぐらいの税金がかかってくるのか、しっかりと把握しておきたいものです。
光熱費の負担について
線切りが難しいのが光熱費ですよね。お互いにどれだけ使ったのか、明確にできれば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきません。どうやって負担するのがベストなのか、考えてみましょう。
三階建て二世帯住宅はGood!!
親子夫婦で過ごすとなると、子供がいたら、6人、7人、それこそ子沢山だったら、10人近くの人間が一つ屋根の下に住むわけです。それを考えると、三階建ての家が欲しくなりますよね。
二世帯住宅の相続税
相続税の軽減処置が無くなると言われている時代に、二世帯住宅は、非常に有効な相続税対策となる可能性を秘めています。詳しくは税理士に相談していただくとして、、、
お風呂の位置づけ
最近、再び二世帯住宅を考える家族が増えてきています。実際に二世帯住宅を建築するうえでもっとも重要視されるのは、お互い快適に生活するためにも、世帯の距離感をどう保つのかということではないでしょうか。