二世帯住宅 不動産取得税

MENU

二世帯住宅の不動産取得税の税額負担は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

二世帯住宅を建てる人の多くは経済的な負担の軽減のために二世帯で費用をうまく分担することによって、共同で新品の戸建住宅を手に入れるというメリットを得ることができます。

 

逆に二世帯住宅のデメリットは、夫婦の片方が妻なり夫なりの戸籍は同じくしても他人の両親と同居するというデメリットをかかえることになります。

 

それはある種ちょっとした精神的なハ-ドルになるような気がします。

 

義父や義母と上手にやっていける人ばかりではありませんし、上手く付き合っているように見えてもそうでない場合もたくさんあります。

 

他人と同じ屋根のしたに暮すということは、さまざまな人間的なあつれきを必然的にしょってしまうことになるのではないでしょうか。

 

さてそんな二世帯のコスト削減を大きなメリットとしてもつ二世帯住宅ですが、どのような手段や計画で建築するのかということで、

 

またどのような内容の登記をするかによって、せっかく資金面でのメリットも住宅購入時の不動産取得税の負担や、さらには居住後のランニングコストや税金の負担が大きく異なるという結果になります。

 

その理由は、不動産取得税や固定資産税などの税金は、土地の広さや住宅の床面積になどによって軽減措置を受けれる受けれないの分岐点になります。

 

つまり、土地や建物の大きさによっては金額に差が出るという可能性があります。

 

そして、この土地と建物の広さという税金を左右する分岐点は、同様な二世帯住宅であっても、不動産登記の方法によって変化が生じるということを知っておく必要があります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

二世帯住宅の間取り
二世帯で住むためには、色んな点で工夫をすること良いでしょう。特に間取りについては考えることが必要です。お互いのプライベートを大切にするためにも、最初にしっかりと決めておきたいのです。
ローコストで建てられる理由
二世帯住宅も、今は非常に安くなってきています。それはなぜなのか。。。ただ安いからという理由で購入するのではなく、その背景にある社会的な流れを知ることで、賢い買い物ができるようになります。
二世帯住宅のデメリット
親に家を購入してもらい、一緒に住むということは、沢山のメリットもあれば、当然デメリットも存在します。関係を良好に保つために、気をつけたい点をまとめました。
気になる固定資産税
土地、家屋が大きくなればなるほど増えてくるのが固定資産税。二世帯住宅の場合、どれぐらいの税金を覚悟しておけばよいのか。また、軽減処置を利用するときの注意点とは。
光熱費の負担について
線切りが難しいのが光熱費ですよね。お互いにどれだけ使ったのか、明確にできれば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきません。どうやって負担するのがベストなのか、考えてみましょう。
三階建て二世帯住宅はGood!!
親子夫婦で過ごすとなると、子供がいたら、6人、7人、それこそ子沢山だったら、10人近くの人間が一つ屋根の下に住むわけです。それを考えると、三階建ての家が欲しくなりますよね。
二世帯住宅の相続税
相続税の軽減処置が無くなると言われている時代に、二世帯住宅は、非常に有効な相続税対策となる可能性を秘めています。詳しくは税理士に相談していただくとして、、、
リノベーションの種類
二世帯住宅のリフォーム、リノベーションで大切なポイントは、どこにあるのでしょうか?二世帯住宅の特性を考慮すると、占有部分のしっかりした分離と共用部分の形のバランスが重要です。
お風呂の位置づけ
最近、再び二世帯住宅を考える家族が増えてきています。実際に二世帯住宅を建築するうえでもっとも重要視されるのは、お互い快適に生活するためにも、世帯の距離感をどう保つのかということではないでしょうか。