二世帯住宅 デメリット

MENU

二世帯住宅のデメリットとは?

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅のメリットはたくさんあるのですが、その一つにはかえってしっかりしたプライベ-トを守れるという可能性もあります。

 

親の心配をしている息子、娘夫婦は基本的に近隣の住宅に家を購入して、いつでも駆けつけることができるようなセッティングをしようと考えてしまいがち

 

ですが、かえってあまりに近くに住んでいる方が適度な距離を保ちやすいとう可能性があります。

 

しかし二世帯住宅のデメリットとしてもあまりに親と近すぎるためにプライベ-トが守られにくいといった意見もあるわけですが、その場合しっかりとしたル-ルづくりといったことにも十分に検討する必要性があります。

 

そういったデメリットを吹き飛ばすようなメリットもたくさんありますが、なかでももっとも大きなメリットは金銭的に親に甘えることができるといった点ではないでしょうか。

 

一般的に今の若い世代よりも親世代の方がお金をもっています。

そして子どもを抱えた若い世代はこれからもどんどん金銭的に追い込まれていくのです。

 

二世帯住宅のデメリットをわかりやすくいうとすべて、金銭的なことはフォロ-してもらえるという大きなメリットのために、他のデメリットを全部我慢しなければならないという点でしょう。

 

自分で苦労して住宅ロ-ンを組んで建てた住宅は、

苦しいながらも自分自身のものになります。

 

しかし二世帯住宅のデメリットともいえる、人に甘えて建てた住宅は、自分の思い通りにはいきません。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

二世帯住宅の間取り
二世帯で住むためには、色んな点で工夫をすること良いでしょう。特に間取りについては考えることが必要です。お互いのプライベートを大切にするためにも、最初にしっかりと決めておきたいのです。
ローコストで建てられる理由
二世帯住宅も、今は非常に安くなってきています。それはなぜなのか。。。ただ安いからという理由で購入するのではなく、その背景にある社会的な流れを知ることで、賢い買い物ができるようになります。
気になる固定資産税
土地、家屋が大きくなればなるほど増えてくるのが固定資産税。二世帯住宅の場合、どれぐらいの税金を覚悟しておけばよいのか。また、軽減処置を利用するときの注意点とは。
二世帯住宅の不動産取得税
両親と折半で費用を負担し合って住んだとしても、税金はごまかせません。建てる前にどれぐらいの税金がかかってくるのか、しっかりと把握しておきたいものです。
光熱費の負担について
線切りが難しいのが光熱費ですよね。お互いにどれだけ使ったのか、明確にできれば良いのですが、なかなかそういうわけにもいきません。どうやって負担するのがベストなのか、考えてみましょう。
三階建て二世帯住宅はGood!!
親子夫婦で過ごすとなると、子供がいたら、6人、7人、それこそ子沢山だったら、10人近くの人間が一つ屋根の下に住むわけです。それを考えると、三階建ての家が欲しくなりますよね。
二世帯住宅の相続税
相続税の軽減処置が無くなると言われている時代に、二世帯住宅は、非常に有効な相続税対策となる可能性を秘めています。詳しくは税理士に相談していただくとして、、、
リノベーションの種類
二世帯住宅のリフォーム、リノベーションで大切なポイントは、どこにあるのでしょうか?二世帯住宅の特性を考慮すると、占有部分のしっかりした分離と共用部分の形のバランスが重要です。
お風呂の位置づけ
最近、再び二世帯住宅を考える家族が増えてきています。実際に二世帯住宅を建築するうえでもっとも重要視されるのは、お互い快適に生活するためにも、世帯の距離感をどう保つのかということではないでしょうか。