狭小住宅 車

MENU

狭小住宅の駐車場に、ちゃんと車が止められますか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マイホームを持つ人の希望は、マイホームに駐車場があることが必然的な条件になります。

 

特に免許もないし、車を持つ予定がない方ならともかく、駐車場はたとえそれが狭小住宅であっても、家に車をとめるスペースが確保できること。

 

というのが住宅を探したりマイホームを建築するための選択フィルターになっているのではないでしょうか。

 

狭小住宅があるような住宅密集地は概して都心部になりますが、都心部の青空駐車場はもはや破格の値段にまであがってきているのは、みなさんご存じだと思います。

 

住宅ローンを負担しながら駐車場代を支払っていくのはどう考えても、普通のサラリーマンや自営業者などには不可能なことに思えます。

 

都心部は駐車場代に関わらず、ありとあらゆるものが郊外の地域と比較すると高額です。

 

だからせめて住宅が多少、低い天井高になったとしても狭小住宅の敷地内に駐車場を設けたいと考えてしまいます。

 

しかし、もし住宅の図面に駐車場が設定されていてもちょっとサイズに注目してみてください。

 

例え駐車場が狭小住宅の図面に記載してあったとしても、車が止められないほど小さなスペースであることが多々あるのです。

 

幅が極端に狭かったり、さらに奥まったところに立地する狭小住宅では、幹線道路からバックで駐車しなくてはいけなかったり、

 

さらに電柱が前に立っていたりと注意して確認すると、駐車できたとしても、毎日の通勤が負担になるくらいストレスを感じる駐車スペースが計画されているケースも実際にあります。

車のローンを狭小住宅の住宅ローンに組み込めるのか?

車のローンの存在によって、住宅ローンの審査が通らないケースがありますが、狭小住宅のローン審査が通らないということになると、建築会社や工務店は販売する千載一遇のチャンスを逃してしまうわけですから、車のローンを住宅ローンに組み込むべく動いてくれることがあるようです。

 

会社で働くサラリーマン達はいつもお金にこまっているのではないかと思いますが、もちろん大企業の重役となりますと状況はかわってきますが、おそらく大半のかたは、特に中小企業の従業員は、法人税減税なんて話を聞いてもどこ吹く風、みたいな感じでいつも金銭的に切迫していると思います。

 

住宅、例えば狭小住宅の購入のチャンスは突然にやってきます。

 

たまたま立ち寄った不動産で、気に入った不動産や狭小住宅を見つけるとこれはもう購入のチャンス到来ですが、問題は住宅ローンの審査に通るかどうかといったところです。

 

車のローンがあれば時にはローンの審査に通らないこともあります。

 

ここに抜け道はないこともないようです。

 

例えば狭小住宅のローン審査が通らないということになると、建築会社や工務店は販売する千載一遇のチャンスを逃してしまうわけですから、車のローンを住宅ローンに組み込むべく動いてくれることがあるようです。

 

こういった手法は現実的には、あまりよろしくありません。

 

税金の還付などにおいて虚偽の報告をしているからに他なりませんが、しかし実際にはこういった手法は使われています。

 

そしてトータルで考えると、実質的に支払額は増えるようで、理由は車のローンそのものは長くても5年程度で完済する予定のものが、35年ローンなどに組み込むと、支払額が大きくなるのは当然です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。