狭小住宅 本棚

MENU

狭小住宅は本棚選びで、お部屋の印象がガラッと変わる?

本好きにとってどうしても欠かせないのが本棚ですが、図書館も進化してきた今、なぜそんなに本を集めるのか疑問を持つ人もたくさんおられるのが、現状です。

 

そんなに同じ本を何度も読まないのだから、本は買って売ってすればいいじゃないというのが、客観的に見ているひとの言い分なのでしょう。

 

しかし本好きにとって、あそこのあの言い回しがよかったとか、あの部分は今後役に立つとか、この筋書きは秀逸だとかどうしても置いておきたい理由があり、結果その本は書棚に陳列しなければならない理由になるのです。

 

狭小住宅の狭いスペースに本をたくさん並べるためには専用の書棚が必要ですし、それに重量に耐える住宅構造も必要です。

 

小さな図書館くらいに本が溜まってくるのならば、鉄筋コンクリート造りのマンションなどが最適なのですが、もし狭小住宅ならば木造ではなく鉄筋コンクリート造りにすることをおすすめします。

 

そんな書棚を狭小住宅に並べると、背の高い書棚は存在感がどうしても出てきますから、インテリアとしての外観もとても重要なのではないでしょうか。

 

書棚を選ぶうえでのポイントはまずは収納力、そしてデザインです。

 

明るい色を基調とした本棚を選ぶのか、それともシックな色合いの本棚を選ぶかで狭小住宅のお部屋の印象もガラッと変わることは間違いありません。

 

最近は通販をはじめとしたさまざまなメディアで本棚を選ぶことができますし、北欧家具として有名なIKEAなどでもおしゃれな本棚があり、選択肢に困ることはありません。

狭小住宅に最適な本棚

本好きはたくさんおられますが、そんな趣味が高じて自宅である狭小住宅の一室を本棚で埋め尽くすような住宅も増えています。

 

確かに本はたくさんの知識がつまった宝物ですから、立派な書棚を配して本をたくさん収納したいものです。

 

それには輸入家具の本棚がおすすめです。

 

本好きは多分にいるものですが、趣味が高じて住宅を本で埋め尽くしたいという方々も多いようです。

 

知識を得ることは、どんな快感にも、最終的には勝るといわれくらい、本好きにはまってしまいますと、たくさんの本の所有欲が湧きあがってしまいますから、やがて住宅の一室はシステム本棚で壁面を飾られることになります。

 

狭小住宅の一室を本棚で埋め尽くしたいと考えてみると、本は大変な重量になりますから、できれば鉄筋コンクリート造の狭小住宅がおすすめになるわけですが、本好きは得てして、本にはいくらでもお金を掛けますが、本棚は安く上げたいものです。

 

そしてその本棚に望む希望は、できるだけたくさんの本を収納できることはいうまでもありません。

 

しかしながら安っぽく見えることもあまり好ましくありませんし、整理整頓が便利であること、さらに紫外線にあたると本は傷んでしまいますから扉などがあれば最適なのではないでしょうか。

 

最適なのは輸入家具の本棚ですが、木材の一枚ものなどを使用すると重量が半端ない重さになりますので、重量も配慮しておきたいものです。

 

また国内産の本棚は確かにモノが立派で理想的ですが、価格がそれなりにしますので、輸入家具を組み合わせたうえで、作り付けではないために生じてしまう隙間をちゃんと対策することで立派な本棚が完成します。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。