狭小住宅 クローゼット

MENU

狭小住宅には、クローゼットがおすすめです!

クローゼットは住まいがいつも片付くかどうか、そしてどれだけの衣装を持つことが可能なのかを決定する大きな狭小住宅におけるポイントです。

 

そのため多くのひとは、最近よく耳にするウォークインクローゼットがどうしても頭をよぎるわけですが、クローゼットは何も大きいスペースにただただ四角い収納スペースを確保したらいいというわけではありません。

 

たくさんの家族の衣装を収納するスペースが欲しいということで、巨大なクローゼットを狭小住宅に作ると、

 

収納スペースのおかげで居住スペースは小さくなってしまいますから、重要なのは出し入れしやすいクローゼットという機能性を持たせなければあまり意味がないのです。

 

狭小住宅に限らず、大きなクローゼットのある住まいに住んだ経験がある方はわかりますが、

 

クローゼットが大きければ大きいほど持て余す傾向にあり、出し入れしやすく、しかも何がどこにあるのか一目両全でわかるクローゼットというのが本当の理想像です。

 

狭小住宅のクローゼット選びで、忘れがちなのが扉へのこだわりではないでしょうか。

 

中のスペースだけに気がいってしまいがちですが、狭いスペースでの観音扉は開けづらく機能的でないことはちょっと考えれば理解できるところです。

 

一般的になりつつあるのは折れ戸式のもので、こちらもメーカーによって種類が豊富に出ています。

 

しかし展示品だけの情報での扉選びはなかなか困難で、ほとんどがカタログからチョイスということになり、なかなかメーカーのショールームに出かけないと目にしたり触ったりすることが難しいでしょう。

 

私がおすすめなのはスライド式のドアで、こちらですと部屋が狭くても開け閉めが楽にできるのと、

 

狭小住宅に代表されるような狭い部屋は、折れ戸式であっても、部屋の扉とガッチャンしたりベットが邪魔になってしまうケースが多々ありますので、スライド式は狭い部屋にはぴったりです。

狭小住宅のクローゼットのあり方

たくさん収納できる狭小住宅のクローゼットでても、どこになにがあるのか整理しにくいクローゼットでは、かえって不便で衣類が整理できず、カビや虫食いの発生の可能性もあります。

 

大切なのは機能面で、自宅のスタイルにあったクローゼットを選ぶことがポイントです。

 

一時期収納アドバイザーやDIYアドバイザーなんて資格が注目をあび、テレビや雑誌などのメディアでいかにクローゼットを便利で機能的に使用するのかといった特集を組んでいましたが、最近はそういった情報もあまり見なくなってしまいました。

 

しかし狭小住宅の建築を考えた場合、クローゼットをどうやって上手に使用するのかというのは課題の一つではないかと思います。

 

住まいのクローゼットを考えた場合、できるだけ大きく収納のキャパシティーを広げたいという希望があるのですが、しかしクローゼットは大きくなればなるほど、意外に使いづらいしろものになってしまうことはあまり知られていません。

 

クローゼットを上手に使用するためには、まず収納物である布団や、衣類が効率よく出し入れできることがポイントの一つになります。

 

どれだけたくさん収納できる狭小住宅のクローゼットであっても、例えばどこになにがあるのか、そして整理しにくいクローゼットだとすると、不便で、衣類が整理できず、しまいにはカビや虫食いまで発生してしまうのであれば、無用の長物ということになってしまいます。

 

最近はウォークインクローゼットなどの流行っていますが、各住宅において壁面タイプにものにするのかしないのかなど、メリット、デメリットがありそれそれのメリットは自宅にあうのかどうかを判断基準に選ぶことが大切です。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。