狭小住宅 吹き抜け

MENU

狭小住宅の吹き抜けメリット、デメリット

最近、よく耳にする狭小住宅という言葉ですが、要は土地が狭かったり、いびつな形をしていたりして住宅を建築するためには、少々難がある土地に住宅を建築するために、

 

狭かったり日当たりや風の流れが悪かったり法令上の道路との接道が悪かったりするという困難をもっているので、そこに一工夫二工夫を要するような向きをいうのではないかと私は考えています。

 

狭小住宅をできるだけおしゃれに快適に過ごすためには、建築家の知恵を集めてたくさんのアイディアが生まれていますが、その一つの技に吹き抜けがあります。

 

狭小住宅に吹き抜けをデザインすると、ひかりや風を有効に取り入れる手段として、さらには開放感などの視覚的な面でもメリットがあります。

 

一方で、エアコンの効率が低下したり、掃除が困難であったりと素人感覚的にも何となくわかりますが実際のところはどうなのでしょうか。

 

施工においても長さを要する吹き抜けは壁紙を貼りつけるのに難を要します。

 

私の実家には、一昔に流行ったらしく、小さな天窓がついていました。

 

しかし明るくて最初は天窓っていいなと家族全員絶賛していたのですが、しかし夏場になるとこれが暑いし熱いのです。

 

さらに冬場になると、結露による水が降ってきましす1年間経過すると、虫の死骸もほどなくたまってきます。

 

吹き抜けの施工は、ほとんどの場合天井の部分の施工は、天井部屋をなくして天窓をつけてそこから光を取り入れる仕組みになっています。

 

通常の吹き抜けのない一般的な住宅ならば天井うらの部分で暑さを緩和しているのですから、そこがないとなると暑さはハンパないものになります。

 

しかももともと狭い狭小住宅は暑い空気の逃げ場がないということも暑さを助長する一端になっているのかもしれません。

吹き抜けはいったいどの位置につけると効果があるの?

狭小住宅で最近人気があるのは、吹き抜けのある住宅ですが、住宅のどの部分に設定するのかによって、開放感や冷暖房効果などさまざまな効果は変わってきます。

 

できるだけ効果が高くそれでいてデメリットがすくない位置に吹き抜けをとりつけることが好ましいのではないでしょか。

 

とかく狭さに圧迫されがちな狭小住宅は、何も居住スペースが狭いということが直接的な原因ではなくて、ワンフロアーあたりのスペースが小さいために動線が遮断されて狭さを特に感じてしまします。

 

そういった視覚的な狭さを解決するため、または空気の流れや光を多く取り入れる手法として、狭小住宅に吹き抜けを取り付ける手法がよく使われるのですが、

 

この方法は、冬の寒い時期の暖房や夏の暑い時期の冷房などが、吹き抜けがあることで、空気が遮断されませんから、コストアップにつながってしまうということが起こります。

 

吹き抜けも住宅のどの位置につけるのかによって、開放感の感じ方、もしくは冷暖房効果などさまざまな効果は変わってきますから、できるだけ効果が高くそれでいてデメリットがすくない位置に吹き抜けをとりつけることが好ましいのではないでしょか。

 

具体的にいいますとリビングに拭く抜けをつくるのか、または玄関に対して吹き抜けをつけるのかというような選択肢によってその効果のほどは違ってきます。

 

基本的に夏場、冬場によって、吹き抜けの必要性は変わってくるのではないでしょか。

 

例えば夏場は吹き抜けがあれば、涼しさを感じれますし、冬場は逆に寒々しい感じがします。

 

そういったことを考慮すると、リビングより玄関を吹き抜けさせる方が、無難であると思います。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

狭小住宅における二世帯の形
狭小住宅で四人家族が暮して得られるもの
狭小住宅の屋上利用でできること
狭小住宅でインナーガレージを設けることのメリット、デメリット
狭小住宅にエレベーターを設置することの意味
狭小住宅の水回りのあり方を考える
狭小住宅を広く見せるためのコツ
狭小住宅において一人暮らしする前に確認する事
狭小住宅に取り入れられるスキップフロアのメリット
狭小住宅に地下室をつくることによって何ができるのか?
狭小住宅を平屋にするための諸注意
狭小住宅で子供部屋を与えることの悩み
北向き狭小住宅の世間一般の意見
狭小住宅の風呂を設置する際におこる悩み
狭小住宅と螺旋階段の融合について考えてみた!
狭小住宅を上手に活用するためのロフトのあり方
狭小住宅とバリアフリー住宅のパラドックス
狭小住宅でエアコンを効率よく使うためには?
狭小住宅におしゃれな洗面台を自作したい!!
狭小住宅の風水を考える
狭小住宅の防音に配慮する。どうやって?
狭小住宅の防犯を考える。何をしたらいい?ポイントと注意点
狭小住宅に半地下を設けることによるリスクを考えてみました。
メゾネットタイプの狭小住宅にあるメリットデメリット
狭小住宅の自転車置き場はどのように設定されている?
狭小住宅に5人家族が住むためのノウハウ
狭小住宅を得意とする建築家の探し方
狭小住宅を大家族で暮らすためのアイデア