狭小住宅 エアコン

MENU

狭小住宅でエアコンを効率よく使うためには?

最近の猛暑は目を見張るほどの暑さがあり、もはや暑い夏場にはエアコンがないと体に支障をきたすのではないかと心配してしまうほどに夏は暑いです。

 

特に都心部である東京などは、昔は川が流れていたところが地下に隠されてしまっていたり緑が圧倒的に減少しているためかヒートアイランド現象によって熱がこもるようになってしまいました。

 

そのために田舎の山間部に夏場に訪れると夏にエアコンなしで暮らしていけることが、意外なほどにショッキングを感じますし、朝方はむしろ肌寒さを感じたりもします。

 

一方で都会ですと夏の暑いまっさかりには、エアコンが効きいていないのかと勘ぐるほどに暑さが強烈で電気代が半端ないほど膨れ上がってしまうこともあります。

 

各部屋にエアコンを取り付けることができますと、効率よくエアコンを稼働させることができますが、たとえ狭小住宅であってもエアコンを各部屋に取り付けると初期費用が大きな負担になります。

 

狭小住宅をはじめとした住宅で、最近は吹き抜けなど風や光をとりこめるデザインが流行っていたり、窓を大きくするデザインも広がっていますがエアコンの効率を考えるとあまり適正とはいえません。

 

また、狭小住宅でエアコンを取り付ける時に気をつけなくてはならないのは、室外機の設置場所もしっかりとこだわっておきたいポイントです。

 

一番いいのは住宅設計の時点でエアコンの室外機の位置を検討しておくことをおすすめします。

 

室外機は、エアコン本体と距離があるほどに、繋ぐための配管は長くなってエアコンの効率性が衰えるのです。

狭小住宅のエアコンに関する心配事

狭小住宅に光や風をとりいれる設備、例えば天窓、吹き抜け、スキップフロアーや螺旋階段などなどは、お部屋を広く見せたりと多くのメリットがあるわけです。

 

心配なのは欠点としてエアコンの効率はもちろんのこと、エアコンそのものも強大な業務用に手を出さなくてはならない可能性もあります。

 

お気に入りの我が家である狭小住宅は、できるだけ日の光をいっぱいに取り入れて、風もしっかりと吹き抜けていくというそんな住宅が理想的ですがなかなかそうもいかないのが現実です。

 

そんな狭小住宅もいろんな手法でより住みやすく改善していくことが可能で、例えば吹き抜けを設けることで、狭い狭小住宅の圧迫感を開放できます

 

また、日の光をたくさん取りいれたりが可能になりますし、その他スキップフロアーや螺旋階段などでも風や光の通り道を効率よく設定することができます。

 

また日の光を取りいれるということには天窓などが特化する形になりますが、よく考えてみると、これら全ての手法は多くの場合、空調のコストアップに直接的に関係してくるのです。

 

つまり部屋が広くなったり天窓をつけたり、などの施工はすべてエアコンの効き具合に大きく影響を及ぼします。

 

畳み6畳、や4.5畳などに対応している、エアコンは普通に家電専門店で販売されていますが、10畳以上になると、エアコンの本体価格は格段にアップしていきますから結構な出費になってしまいます。

 

エアコンの電気代は、今や多くの人が心配するカテゴリーで、夏が到来すると、どのタイミングでエアコンをつけるのか、という話題がしばしば街中の会話のタネになっていたりします。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

狭小住宅における二世帯の形
狭小住宅で四人家族が暮して得られるもの
狭小住宅の屋上利用でできること
狭小住宅でインナーガレージを設けることのメリット、デメリット
狭小住宅にエレベーターを設置することの意味
狭小住宅の水回りのあり方を考える
狭小住宅を広く見せるためのコツ
狭小住宅において一人暮らしする前に確認する事
狭小住宅に取り入れられるスキップフロアのメリット
狭小住宅に地下室をつくることによって何ができるのか?
狭小住宅を平屋にするための諸注意
狭小住宅で子供部屋を与えることの悩み
北向き狭小住宅の世間一般の意見
狭小住宅の吹き抜けメリット、デメリット
狭小住宅の風呂を設置する際におこる悩み
狭小住宅と螺旋階段の融合について考えてみた!
狭小住宅を上手に活用するためのロフトのあり方
狭小住宅とバリアフリー住宅のパラドックス
狭小住宅におしゃれな洗面台を自作したい!!
狭小住宅の風水を考える
狭小住宅の防音に配慮する。どうやって?
狭小住宅の防犯を考える。何をしたらいい?ポイントと注意点
狭小住宅に半地下を設けることによるリスクを考えてみました。
メゾネットタイプの狭小住宅にあるメリットデメリット
狭小住宅の自転車置き場はどのように設定されている?
狭小住宅に5人家族が住むためのノウハウ
狭小住宅を得意とする建築家の探し方
狭小住宅を大家族で暮らすためのアイデア