狭小住宅 大家族

MENU

狭小住宅を大家族で暮らすためのアイデア

ある種のブームにもなっている狭小住宅ですが、テレビでよく見かけるのは、

 

魔法のような手法を使った建築家が、どんな住宅も家主の思い通りの住宅を建築するというシーンがあるのですが、しかし狭小住宅はやはり狭い住宅であり大家族で住むとなると困難を覚悟しなくてはなりません。

 

家族が賃貸住宅ではなく例え狭小住宅であっても、マイホームで暮らしたいという気持ちはだれでも同じだと思います。

 

家賃を支払うよりも将来的に我が家になるはずのマイホームのローンを苦労して支払っていく方が、いくらか気持ちがいいものではないでしょうか。

 

どんなすばらしく見える賃貸住宅の大家さんも、賃貸住宅からでるときには、わけのわからない敷金や礼金を奪っていこうとしますから人は利益が絡むとどうしても汚くなってしまうのでしょう。

 

大家族といえどもそれが両親と子どもたちだけであるならば、狭小住宅に詰め込んで生活することはなんとかなるかもしれません。

 

がしかし、二世帯以上の大家族となると、どうしても部屋数が必要になります。

 

大家族に必要なのは居住スペース及び大きな収納スペースも必要ですから、簡単にいいますと大家族に狭小住宅はあわない可能性が大きいと言わざるを得ません。

 

もし大家族で狭小住宅にどうしても住みたいと考えるならば、ビルトインガレージを付けたいとか地下室を設けたいとか、屋上にテラスが欲しいなどを建築家に希望だけを伝えないで、自分である程度のビジョンを構築することが可能性を見出す唯一の方法だと思います。

 

理想だけ大きいと優秀な建築家はきっと逃げてしまいます。

狭小住宅に大家族がすむことの注意点

大家族が暮すうえでひろいキャパシティをもつ大きな住宅に住めれば問題ないですが、便利な都会の一区画に居を構えるとなると、狭小住宅になってしまいがちです。

 

高齢の両親と一緒に住む場合の注意点は多すぎる荷物にあります。

 

あまりに多い荷物は居住空間を圧迫します。

 

日本では核家族と呼ばれる家族形態が一般的になりつつあるのですが、しかしみんながみんなそういうわけではなく、大家族と呼ばれるような10人を超えるような大人数の家族の方も、少なからずおられます。

 

家族構成は思わぬところで減ったり増えたりするものでありますが、急に両親と同居しなくてはいけなくなってしまったり、子どもが結婚したり、家を出ていったりと、人生いろいろありますから、家族も入れ替わり、たちかわりまでは行きませんがしかし、人の移動はあるものです。

 

大家族が暮すうえでひろいキャパシティをもつ大きな住宅に住めれば問題はありませんが、しかし便利な都会の一区画に居を構えるとなると、簡単に手に入る家は、どうしても狭小住宅になってしまいます。

 

できる限り住宅を建てるのは子どもが小さなうちがベストではないかと思うのは、子どもが大きくなると出費がかさんでくるために、若い間に住宅ローンを落ち着かせておきたいからです。

 

また何より老いた両親と暮す際の注意点は、高齢者の多くが物持ちがいいということに起因します。

 

引っ越しして我が家で共に暮らすことはいいとしても、本人たちよりも数倍大きな荷物を持参してやってくると、どうして家族の居住スペースが少なくなってしまいます。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

狭小住宅における二世帯の形
狭小住宅で四人家族が暮して得られるもの
狭小住宅の屋上利用でできること
狭小住宅でインナーガレージを設けることのメリット、デメリット
狭小住宅にエレベーターを設置することの意味
狭小住宅の水回りのあり方を考える
狭小住宅を広く見せるためのコツ
狭小住宅において一人暮らしする前に確認する事
狭小住宅に取り入れられるスキップフロアのメリット
狭小住宅に地下室をつくることによって何ができるのか?
狭小住宅を平屋にするための諸注意
狭小住宅で子供部屋を与えることの悩み
北向き狭小住宅の世間一般の意見
狭小住宅の吹き抜けメリット、デメリット
狭小住宅の風呂を設置する際におこる悩み
狭小住宅と螺旋階段の融合について考えてみた!
狭小住宅を上手に活用するためのロフトのあり方
狭小住宅とバリアフリー住宅のパラドックス
狭小住宅でエアコンを効率よく使うためには?
狭小住宅におしゃれな洗面台を自作したい!!
狭小住宅の風水を考える
狭小住宅の防音に配慮する。どうやって?
狭小住宅の防犯を考える。何をしたらいい?ポイントと注意点
狭小住宅に半地下を設けることによるリスクを考えてみました。
メゾネットタイプの狭小住宅にあるメリットデメリット
狭小住宅の自転車置き場はどのように設定されている?
狭小住宅に5人家族が住むためのノウハウ
狭小住宅を得意とする建築家の探し方