狭小住宅 5人家族

MENU

狭小住宅に5人家族が住むためのノウハウ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

狭小住宅を購入するうえでもっとも最初の仕事が土地探しではないかと思うのですが、これが5人家族となると数十個近くの土地を探して回らなくてはいけないのではないでしょうか。

 

狭小住宅といわれるだけあって土地はもちろん狭くなってしまいますから5人家族が住むとなると、

 

建物も広さを何とか確保しなくてはならないため間取りのデザインにはノウハウとアイディアが必要になりますから、デザインためのハウスメーカーや建築事務所を探すのも一苦労です。

 

5人家族といっても小さな子ども三人と夫婦二人の住宅ならば、まだ何とかなるのですが、これが二世帯となりますと、3LDKくらいの広さでは、やはり部屋数が少なく、プライベート空間が守りづらいため、4部屋5部屋は必要になってきます。

 

二世帯の5人家族ですと、車庫付きの建物がどうしても欲しいなど、希望もあとからあとから湧いてきます。

 

できるだけ気苦労のないリラックスできるための居住スペースを捻出することは、これからつづくであろう生活を考えるのであれば妥協できない要望です。

 

狭小住宅で二世帯5人家族となると、あまり前例がないため、参考にできる資料確保も困難を極めるのが現状です。

 

しかしあれこれと、資料や住宅展示場、建築士事務所などをあししげく通うことが、目標達成するためには大切なことです。

 

狭小住宅であっても5人二世帯が住むのであれば土地20坪は確保したいところです。

 

その他、一人前の大人が3人以上住むのであればそれなりの収納スペースも必要になりますし老人と同居ならば、階段も極力急こう配をさけたり、危険個所には手すりなどの手配もおこたってはいけません。

狭小住宅に5人家族が暮すために大切なこと

5人家族が狭小住宅に住むとなると、どうしても手狭な感じは否めません。

 

しかし何とか考えて工夫してゆとりをもって暮していきたいところです。

 

そのためには、まず最優先でダイニングルームで、十分にゆとりができるように工夫することを、食事時のコミュニケーションを取るためにもおすすめします。

 

都心部は、もはや土地が高騰してしまってなかなか住む場所すらみつからないという現実があるのです。

 

しかし旗竿地などの隙間を突くような立地の宅地であれば、まだ十分に可能性がありますし、家を建てにくいために人気が薄く狭小住宅を建てるためには好都合といえます。

 

しかし狭小住宅であっても家族が多くなるとどうしても居住スペースの狭さが気になってしまいます。

 

例えば5人家族で狭小住宅に住むとしたら、いったいどれくらいのスペースが必要になるのか、疑問に思ってしまいますが、およそ多くの住宅は2LDK、3LDKくらいではないでしょうか。

 

もちろん田舎に行くと4LDK、5LDKなどの間取りの住宅はたくさんありますが、都心部で狭小住宅となりますと3LDKが精いっぱいです。

 

狭い狭小住宅で5人家族が肩を寄せ合って幸福に暮すためには、よく考えて工夫をこらさなくてはなりません。

 

とはいえ、個々の部屋を重点的に考えるよりも家族寄り集まる、ダイニングルームを大きくゆとりを持たせることが第一ではないでしょうか。

 

ダイニングが狭く一家があつまる食事時に同じテーブルに座れないとなりますと、コミュニケーションも取りずらく、不便を感じてしまいますから、できるだけ寝る所、そして食事どころは、しっかりとキープすることをおすすめします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

狭小住宅における二世帯の形
狭小住宅で四人家族が暮して得られるもの
狭小住宅の屋上利用でできること
狭小住宅でインナーガレージを設けることのメリット、デメリット
狭小住宅にエレベーターを設置することの意味
狭小住宅の水回りのあり方を考える
狭小住宅を広く見せるためのコツ
狭小住宅において一人暮らしする前に確認する事
狭小住宅に取り入れられるスキップフロアのメリット
狭小住宅に地下室をつくることによって何ができるのか?
狭小住宅を平屋にするための諸注意
狭小住宅で子供部屋を与えることの悩み
北向き狭小住宅の世間一般の意見
狭小住宅の吹き抜けメリット、デメリット
狭小住宅の風呂を設置する際におこる悩み
狭小住宅と螺旋階段の融合について考えてみた!
狭小住宅を上手に活用するためのロフトのあり方
狭小住宅とバリアフリー住宅のパラドックス
狭小住宅でエアコンを効率よく使うためには?
狭小住宅におしゃれな洗面台を自作したい!!
狭小住宅の風水を考える
狭小住宅の防音に配慮する。どうやって?
狭小住宅の防犯を考える。何をしたらいい?ポイントと注意点
狭小住宅に半地下を設けることによるリスクを考えてみました。
メゾネットタイプの狭小住宅にあるメリットデメリット
狭小住宅の自転車置き場はどのように設定されている?
狭小住宅を得意とする建築家の探し方
狭小住宅を大家族で暮らすためのアイデア