狭小住宅 アイデア

MENU

狭小住宅を住みやすくするアイデア

なぜ狭小住宅がメディアで多く取り上げられるようになったのか。

 

ひょっとすると狭小住宅は日本の住宅の抱える大きな社会問題なのかもしれません。

 

実際の価値以上に高額になってしまった都心部の土地と反面、過疎化がおし進んで農業などの担い手がいなくなってしまった田舎の土地。

 

そしてやたらと密集した都心部は、狭く狭くつくられています。

 

しかしそういった狭小の土地をまるで洞穴や昔、子どもたちが秘密基地のように作ったような狭い場所で商売をして、人気があるお店もあります。

 

今は土地が狭いとか、家が狭いとかというよりも、むしろいかに住みやすくするためのアイディアが求められる時代なのかもしれません。

 

それは、単なる効率性のもでなく、ちょっとしたアートを取り込んで全く新しいものを作り上げる作業に似ています。

 

香川県の直島を訪れると実にさまざまなアートがところ狭しと並んでいますが、しかしその概念には空間を上手く活用して利用するという気持ちの部分があります。

 

空間にアートを取り入れることでこころが休まるだけではなく楽しめるといった、さまざまなメリットがあるのです。

 

今は普通の人であってもアート感覚が冴えわたっていて、おしゃれな空間づくりにたけてきている方がふえてきていますし、それは普段着にも表れています。

 

狭小住宅はしかし、日本だけではなくニューヨークなどにも社会問題にあらわていて、ちいさなアパートでロフトを設置するなどの工夫を凝らして住を楽しんでいる側面もあります。

狭小住宅を格段に住みやすくするためのアイデア

最近注目をあびている都心部に近く住みやすいといわれているのは、つくばエクスプレス沿線は、新興住宅地が立ち並んで、どんどん開発されているので狭小住宅を建ててすみやすくするためのアイディアとしていいのかもしれません。しかし新興住宅地としての欠点ももちろんあります。

 

 

 

東京で住みやすくするためのアイディアは、まず自分がもっとも落ち着ける場所に、狭小住宅を設けることからスタートすることです。

 

東京は23区もあり、その中にきっと自分がインスピレーションを感じることのできる場所が必ずあるはずですが、しかし23区もの中からもっとも適した場所を探すのは、まず家賃を含めたコスト的なものと、そして職場への距離、子どもを安心して育てれる土地、便利がよくそれでいて混雑しすぎないちょうどいい路線、バスを使わず電車に乗れる駅近などが主な条件ではないでしょうか。

 

 

子育てには目黒区、世田谷区などが雰囲気が良くて安心して育てやすそうですが、しかしなにぶんコストがかかり過ぎてしまってサラリーマンではやっていけないし、中野区はコストもさることながら便利はいいですが、子育てには向かない環境のような気がします。

 

また足立区などもタバコのポイ捨て、放置自転車など、子育て環境には適さないと言えますが、しかし最近は官民一体として大分改善されてきましたので、ちょっと考えてみる価値はあるのかもしれません。

 

 

その点を考えると最近注目をあびているつくばエクスプレス沿線は、新興住宅地が立ち並んで、どんどん開発されているので狭小住宅を建ててすみやすくするためのアイディアとしていいのかもしれません。

 

新興住宅地は子どもが多かったりする場合が多いですので、子育て世代にとっては助かる反面、地元の落ち着いた住民が少ないせいか、時には人間関係の摩擦が生じてしまうというパターンもあります。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「狭小住宅のアイデア」関連記事

 

ウィキペディアによると狭小住宅の特別決まった概念はないといいますが、およその狭小住宅の概念をいいあらわすとするとだいたい15坪以下の猫の額ほどの土地に建築される住宅を狭小住宅と呼んでいるようです。そんな狭小住宅を建てるための土地は単なる狭いというだけでなく、住宅として活用するにはちょっと入り組んだ土地であったり細長かったり、三角であったりとなかなか既存の住宅プランでは建物がたてられないような変形し...

 
 

狭小住宅といいますと聞こえはいいですが、元をただすと狭い家ということになります。そんな狭い住宅でいかに楽しく平和に暮すのかといったことが、狭小住宅に住む人の思いになってくるわけですが、そんな人たちは今や少数派ではなく多数派になってきたからこそ、メディアなどでもたくさん取り上げられているのでしょう。狭小住宅といっても狭いから物が置けない、住空間が狭いという大きなデメリットが横たわっているわけですが、...

 
 

狭小住宅において、単純に住空間を広げる解決策は縦に伸びることになります。縦に伸びすぎた狭小住宅はもともと土台が狭いために、風で揺れてしまう住宅も中にはあるようで、そんな狭小住宅は電車の振動なども端的に揺れを感じてしまうという弊害があるようです。さらに縦に伸びた狭小住宅は、敷地にお庭が作れないために屋上にガーデンを設ける動きもでてきています。住宅の屋上を有効に利用するためのテクニックは、ルーフテラス...

 
 

狭小住宅に住む人は、およそ無駄な出費を嫌う人が多いということは、容易に想像できるのではないだろうか。都心部の月極駐車所はもはや、かなりの出費を要するほど高額になってきている以上、どうせ三階建てにする狭小住宅であるならばインナーガレージを設けようと試みる面々も多いことでしょう。しかし狭小住宅の特性上、接道を考えた場合、入り組んだ使いにくい土地である場合が多いので、幹線道路に出やすいなどといった接道性...

 
 

狭小住宅とエレベーターとは相反するように見えますが、しかし体の不自由なご家族を持った場合、縦長の住宅を余儀なくされている狭小住宅であれば必要不可欠な存在なのかもしれません。何も体の不自由なご家族をもった方だけのエレベーターではありません。昨今老後を視野にいれたバリアフリーを完備した平屋建て住宅が世の中で注目を浴びている中、3階建てが当たりまえになっている狭小住宅に挑もうとするには時代を逆行している...

 
 

都会に住むのか、田舎に住むのか、という課題は今に限らず昔から多くの人に疑問視されてきた人生の課題なのかもしれません。都会から田舎に引っ越そうと、田舎から都会に引っ越そうと、その決断は人生を掛けた大きな決断に相違ありませんが、しかし最終的にはどんな職で生計をたてるのかという自らの仕事と関連性なくしては語ることのできない問題です。私が個人的に考えるのは、IT企業と言う世の中の最先端のメディアに携わる企...

 
 

狭小住宅に関わらず住宅における間取りは、もっとも大切なポイントでありますが、それが狭小住宅となりますと、もともと狭いというストレス以上に間取りによっての日常作業の非効率化は、ストレスが蓄積されていきます。せめて融通のきくような設計になっていればいいのですが、動きにくい間取りになるとお手上げ状況になってしまうのではないしょうか。また限られた住空間ですので、間取りによっては広く見せるのか、もしくはさら...

 
 

狭小住宅も家族で住むと狭いスペースですが、しかし一人暮らしならワンルームマンションと比較するとかなり住み心地の良い快適なプライベート空間となります。基本的に都心部で自分の住居を建てようと考えた場合、都心部は想像以上に高額な予算を必要としてしまい、どうしても最終的には狭小住宅の条件のいいものを選ばざるをえなくなってしまいます。狭小住宅は土地の面積が少ないために、高さのある住宅になるのですが、階段さえ...

 
 

狭小住宅を建築するにあたってもっとも大切なことは、住宅密集地が主な狭小住宅には、光をまずなんとしても取り入れて明るい部屋にしたいところです。住民がもっとも嫌うのが光が遮られることですから、マンションなどの建築によって光が遮られる場合は、猛反対をするのでしょう。狭い住宅という、開放的な広い住空間を犠牲にしても得たいもの、それはもちろん都会の利便性なのかもしれません。近くには必ずコンビニやショッピング...

 
 

アベノミクス政策効果が出たのかでないのか結論はいまだわからない状況ですが、都心部は相も変わらずと地下価格の緩やかな上昇を示しています。しがないサラリーマンが都心部に快適に住まうのはもはや夢のまた夢になりつつあるのでしょうか。そんな流れもあって、狭小住宅へのニーズは土地価格上昇と比例しているのではないかと思います。そこで私がわずかに懸念するのは、もし都心部の土地価格の下落を見た時、今現在狭小住宅の建...

 
 

二階建て三階建てが当たりまえの狭小住宅はともすれば屋上テラスや地下室など、とにかく上へ下へと伸ばしていかなくては圧倒的に居住面積が足りないという中で平屋をたてようというつわものもおられます。もちろん二階建て三階建てにすると階段をつくらないわけにはいかず、しかも狭い階段をつくるとそれだけ危険性がましますし、荷物をもって上がりにくくなるので、そんな階段をつくらないということには一定のメリットがあります...

 
 

子どもがある程度もの心がついてくると、自分の部屋を欲しがりますが、ひろい家ならばなんの問題もありませんが、しかし狭小住宅ならそうはいかないのが実情です。子どもの自立心をうながそうと考えると兄弟、姉妹二人部屋であっても、子供部屋は設定してあげたいものです。子どもの希望は尽きることがありませんから、ベットや机などさまざまな備品をいづれ欲しがることは目に見えていますが、狭い部屋ならば入る家具もしれていま...

 
 

時代の流れか雑誌などでも狭小住宅の特集などをやっているのをみて、感慨深い気持ちがわいてきますが、反面よそさまのお宅がいろいろインテリアなどセンス良くアレンジしているのを見るのが大好きです。人さまのお家の中はどうしてこんなにおもしろいのだろうと思いますが、私のような人間が、インテリア雑誌の売り上げにきっと貢献しているのでしょうか。さて狭小住宅は基本的に住宅密集地の隙間的スペースの空いた土地に家を建築...

 
 

最近、よく耳にする狭小住宅という言葉ですが、要は土地が狭かったり、いびつな形をしていたりして住宅を建築するためには、少々難がある土地に住宅を建築するために、狭かったり日当たりや風の流れが悪かったり法令上の道路との接道が悪かったりするという困難をもっているので、そこに一工夫二工夫を要するような向きをいうのではないかと私は考えています。狭小住宅をできるだけおしゃれに快適に過ごすためには、建築家の知恵を...

 
 

狭小住宅と一口にいいましてもさまざまなものがあって、なかには変形狭小住宅という、土地がちょっといびつな形状の土地も少なくありません。そんな変形狭小住宅は土地の形状だけではなくて入り組んだ場所に住所があるとか、道路への出入りが困難など、ちょっとお金があれば、そんなところには住みたくないというような住宅になります。しかしながらそんな狭小住宅も知恵をこらせば一転、住んでみたい住宅に変化するから不思議なも...

 
 

特に高齢者の階段事故が大きなウェイトをしめていることを考慮しますと、例えばとかく光や風をとりこみにくい狭小住宅の立地条件ですが、その解決策として一番にあげられるのは階段の工夫なのではないかと思います。もちろん吹き抜けなどの設置や窓の条件になどによって日の光の入り方、さらに風の取り込み方は変わってきますが、狭い狭小住宅はどうしても三階建てや地下室をつくったりなど居住スペースが上や下に伸びる分、変わっ...

 
 

キャンプのために自然空間を楽しみたくて、よく田舎のコテージなどを貸し切ってバーベキューにいそしむのが我が家の楽しみの一つです。ゴールデンウィークや夏休みなどの大きな連休を目の前にするとおよそ2、3ヶ月前であっても予約がとれない状況におちいることが往々にしてあります。ということは田舎のコテージは、非常に人気があるということの裏付けになるわけですが、海や川が近くにあるコテージになるとこちらは半年前でも...

 
 

バリアフリーの住宅をはじめとした安全性の高い建築物が増えてきたのは、高齢者による住宅事故が増えてきたのと比例するのかもしれません。住宅内の事故が多いことに問題視され始めたのは、最近の話で、特に階段による事故が増加してきているようで、そのために平屋の住宅が昭和初期以来、初めて注目を浴びるようになったようです。しかし現実的には土地価格の上昇やまとまった土地の減少から都心部の住宅用の土地はいびつに変形し...

 
 

最近の猛暑は目を見張るほどの暑さがあり、もはや暑い夏場にはエアコンがないと体に支障をきたすのではないかと心配してしまうほどに夏は暑いです。特に都心部である東京などは、昔は川が流れていたところが地下に隠されてしまっていたり緑が圧倒的に減少しているためかヒートアイランド現象によって熱がこもるようになってしまいました。そのために田舎の山間部に夏場に訪れると夏にエアコンなしで暮らしていけることが、意外なほ...

 
 

陶器でできた洗面ボウルや自分で焼いた洗面ボウル、それからおしゃれな植木鉢などを洗面ボウルに改造したものなど、洗面ボウルのデザインが和風テイスト感が非常に濃いもの、そして洋風であってもこじゃれた雑貨のような洋風ボウルであったりと最近の洗面台は一工夫されています。狭小住宅は基本的に最初から部屋が狭かったり玄関が入り組んでいたり、日当たりや風がうまく抜けなかったりなど困難な面が多いのが特徴ですがそういっ...

 
 

アジアの国々はとかく風水にこだわっている国々が多いのではないでしょうか。三国志にでてくる諸葛亮孔明は、アジアではヒーロー的な存在ですし、日本にも安倍晴明という有名な陰陽師がいましたが、非常に多くの人から未だに多くの信仰を集めています。そういった流れもあってみえないものである風水への信頼度は非常に高いものがありますし、玄関を大切にしたりして気の流れよくし、家が繁栄するという考え方のなかには、納得でき...

 
 

狭小住宅はほとんどの場合、住宅密集地であることが多いようです。理由は狭小住宅に利用される小さな変形住宅は都心部の一連の土地を分割し隅の方に余った土地が、狭小住宅になるケースがほとんどです。大きな不動産会社やハウスメーカーは、ある一定の区画の土地を購入して、そこに専用道路を上手に配しながらできるだけ大きくて正方形に近い土地を接道義務に配慮しながら土地を区画していきます。なるべく南向きの住宅が建つよう...

 
 

狭小住宅といえば、何となくですがお金持ちとは程遠い印象がありますから、防犯などという言葉とは全く無縁であるように思いますし、実際にそうなのかもしれません。とはいえ物騒な世の中ですから、気をつけるに越したことはないでしょう。テレビなどでは、外国人グループによる盗難や窃盗、強盗などの事件が連日のように報道されていてそれはなにも都心部に限ったことではない現状を考えれば、防犯意識は狭小住宅であっても気をつ...

 
 

狭小住宅でも我が家をもつということは、本当に喜ばしいことではありますが、住むとやはり狭さがきになってくるのではないでしょうか。そのために最近は階段がない平屋が流行しているにも関わらず二階建て三階建ての狭小住宅になってしまうのですが、地域によっては高さ制限のある場所もあるので要注意です。そんな時は地下に部屋を設けて居住スペースを広げるという技を駆使しましょう。地下室は湿気の問題や光を取り入れにくいと...

 
 

狭小住宅といいますと通常は、旗竿地に建てられた狭い戸建住宅を思いうかべるのですが、メゾネットタイプの狭小住宅もあります。簡単に言いますと戸建住宅とマンションの両方のメリットを活かした、いいことづくめの住宅といった感じですが、もちろんメリットもあれば必然的にデメリットもあります。当然なのですがどんな分野においてもメリット、デメリットは対極的な存在であるのですが、一方がたつともう一方もたつという、ある...

 
 

私が住む近隣の住宅を見てみますと、別段狭小住宅というわけではないですが、自転車置き場は千差万別で、クルマの駐車スペースに自転車を置いている住居もあれば、玄関の横に置いていたり、場合によっては接道する道路にそのまま端に寄せて駐車していたりとさまざまです。どの家庭も結論からいうと、自転車置き場という設定そのものは各住居にデザインされていないのだということになります。家を建てる際には、通常クルマの車庫の...

 
 

狭小住宅を購入するうえでもっとも最初の仕事が土地探しではないかと思うのですが、これが5人家族となると数十個近くの土地を探して回らなくてはいけないのではないでしょうか。狭小住宅といわれるだけあって土地はもちろん狭くなってしまいますから5人家族が住むとなると、建物も広さを何とか確保しなくてはならないため間取りのデザインにはノウハウとアイディアが必要になりますから、デザインためのハウスメーカーや建築事務...

 
 

狭小住宅はみなさんご存じのとおりさまざまな困難があります。要は人が敬遠する土地であるからこそ、価格が安いのでしょう。しかし自分の理想にかなった土地がもし見つかったとしたら価格はその価値と比較すると安いですし、大きなメリットがあることはいうまでもありません。土地探しからはじまる狭小住宅ですが、土地がたとえ見つかっても住宅を建てるには様々な困難が待ち受けています。例えば、居住スペースの狭さから高さを余...

 
 

ある種のブームにもなっている狭小住宅ですが、テレビでよく見かけるのは、魔法のような手法を使った建築家が、どんな住宅も家主の思い通りの住宅を建築するというシーンがあるのですが、しかし狭小住宅はやはり狭い住宅であり大家族で住むとなると困難を覚悟しなくてはなりません。家族が賃貸住宅ではなく例え狭小住宅であっても、マイホームで暮らしたいという気持ちはだれでも同じだと思います。家賃を支払うよりも将来的に我が...