狭小住宅 見積もり

MENU

狭小住宅の見積もりはどう出してもらう?

見積ができるまで

家を手に入れることに決まったら、まず最初にさまざまなハウスメーカーや工務店の内覧会や見学会などに参加することと思います。

 

足を運んでみて、気に入った建て方の会社に声をかけたり、話を聞いたりしましょう。

 

ここで躊躇してしまうと、先に進めません。

自分たちの頭の中にある家の状態を口頭で説明し、それらを間取り図にしてもらうところから始まります。

 

中には、メールやシュミレーションで出すところもありますが、話を聞いてもらって出すことを優先させるといいでしょう。

 

この段階で、土地を持っているのかいないのかでも話の内容が変わってきます。

 

土地があるならば、具体的な狭小住宅の間取りを出せますが、土地がない場合はそれを探すところから始まります。

 

この時もどこに土地を持つかで、狭小住宅の階数が決まります。

 

間取り図にしてもらうことで、家が形となって目の前に現れます。

 

ここからが大事なところです。

ここまでのところは初期プランとして扱われるので、きちんとした金額の提示ではなく、大まかなものになります。

 

ここから自分の家をどうしたいのか、どのような素材を作りたいのか、優先順位は何かなど打ち合わせていきます。

 

大まかな予算の中で最大限にいい間取りと見積もりを出してもらうために、施工主側も知識を入れておきましょう。

 

その方が話が通じやすいので、時間をロスすることなく話が出来ます。

 

絶対に譲れないもの、妥協できるものの2点にわけて話すだけでも、担当者に伝わりやすくなります。

 

こうして、話が煮詰まったところで正式な見積もりができるのです。

 

見積もりは、打ち合わせの上に出された間取りを元に作成されます。

狭小住宅は、1社だけでなく数社で見積もりをお願いすることが大切です。

 

その会社によって、独自のルートで材料を仕入れたりする場合があり、同じ間取りでも金額が変わってくることがあるからです。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

建てるのにいくらくらいかかる?
家を建てるときに気になるのが、建築費用です。私も子供が大きくなったら家を建てたいと思っていますので、気になるところです。ただ、私の場合は海外移住を検討しているので、日本国内の住宅事情とは、また違った情報が必要になってくるとは思いますが、ひとまず、国内の情報について調べてみました。
3階建ての価格を抑えるコツは?
土地が狭ければ当然2階建てより3階建てになる確率は高いですね。ただ、価格も割高になるようです。2階建てより3階建ての方が強度を高くしないといけませんからコストがかかるわけですね。そして総床面積も広いより狭い方が坪単価が高くなるそうです。土地が狭いとどうしても3階建てにするしかない、ということなのかも知れませんが、特に木造の場合は構造上の問題から、出来れば2階建てが良いという意見が多いですね。価格も割高になるそうですし、階段の上り下りを考えても避けられるものなら避けたいという感じですね。
ソーラーパネルの選び方と注意点
電話で色んな勧誘やら売り込みやらが多くて困ります。昨日もソーラー付けませんかって売り込みがありました。今なら補助金もあるし初期費用はゼロで、絶対にお得ですよって言うんですけど、どうなんでしょう?初期費用なしって言ったってローンで支払うんだったら安くないですよね。
建売を買うときに重視すべき点!価格or間取り?
消費税がもうすぐ上がるということで住宅の販売も上昇とか。だからといって住宅の価格が安くなっているのでしょうか?建売なら今からでも間に合うのかな?でも、増税後でも住宅の控除額が変わってくるので所得税や借入金額によっては4月以降に買った方がお得ということもあるそうです。難しいところですね。
注文住宅で生活の導線と収納を思い通りに創る
今まで主人の仕事の都合で、ずっと転勤族だったけど定年を迎える来年からは定住しようと思います。狭いながらも楽しい我が家のとおり、注文住宅で終の棲家を建てるつもりで今、主人と二人土地選びと間取りを話し合っているところです。家を買うなら建売ではなくて注文住宅をというのが希望でした。今住んでいる直ぐ近くに手頃な土地が売り出されて、その夢が叶うかも知れないのです。小さくても楽しい我が家を手に入れることが出来るなんて本当に嬉しい限りです。
建て替えとリフォームの価格を比較!
我が家もそろそろ築40年。建て替えの時期に来ているような気がします。これまでにも増築1回とキッチンのリフォームはしていますが、息子の結婚も決まったし費用を何とか出来るのも最後かと思われるので真剣に検討しよう!
気になる!中古物件のメリット&デメリット
今までは家は持たなくても良いと思っていました。ずっと賃貸で行くつもりでした。でも、色々考えて小さくても中古物件でも良いから家を持った方が良いのではと思うようになりました。老人一人だと部屋を借りることも出来ない世の中だそうです。
坪単価の不思議
家の造りの善し悪しを計る基準として坪単価があります。でもこれにはチョットした落とし穴があるようです。坪単価を計算する時に「延べ床面積」を使うか「施工床面積」を使うかでかなり違ってきます。その点を確認して比べないといけませんね。
二階建てに取り入れたい2つのモノ
子供の頃から家を絵に描く時必ず二階建ての家を描いていました。そして肌色の壁に屋根は必ず赤い河原屋根です。何故だか解りませんがいつもそうでした。子供心に憧れがあったのかも知れません。何となく外国風の佇まいに。きっと絵本などに出てきたのでしょう。
リフォームで個性を活かす!お値段は?
子供が大きくなってそれぞれ独立してしまったので家をリフォームしたいと思います。子供部屋二部屋をぶち抜いて夫婦の趣味の部屋というかオーディオルームのような・・・。お値段にもよりますが、そしてあくまで希望ですが。
どっちがいいの?狭小住宅とマンション
うちの両親は父が引退した後まだ元気でしたので東京に小さなマンションを買いました。田舎の家はそのままで、たまに風を通しにいったり真夏は避暑がてら暫く滞在したりと気ままな生活をしていたのです。夫婦二人なのでマンションも1DKです。今考えると一番良い時期だったのかも知れません。
メンテナンス費用はどのくらい必要?2種類ある?!
戸建てを持つのは憧れですが、管理費さえ納めておけばお任せ出来るマンションとは違って、すべて自分でしなくてはいけないというところが面倒くさいような気がします。また、メンテナンスの費用もバカにならないでしょうから、それを別途用意しておかなくてはいけないというのが大変です。
おしゃれに建てたい!綿密に予算を組みましょう!
昔と違って最近は本当に狭い土地でも機能的で住みよい住宅が販売されています。我が家の予算に合った家も見つかるでしょうか?夫婦二人だけなのでそれほど広さは必要ないし出張や旅行も多いので特に日当たりなども気にしません。
ローコストで建てるために、何を見直す??
家は欲しいでも、お金が無い!!みんなの悩むところですよね。希にそうでない方もいるとは思いますが普通はローンを組んで家を買うわけですからローコストに限ります。家は買ったけどそのために日々の暮らしが殺伐とした物にはしたくないですからね。
4階建ての価格&建て方は?
昔は木造の場合は4階建てなど建てられなかったのですが最近は2x4工法による耐火建築でせこうが可能になっています。通常のRC構造に比べて価格がずっとお安くでき、環境や人に優しいということで人気が出ているそうです。
500万円で建てることは本当に可能?
どなたかは存じませんがネット上で500万で家を建てたいという相談をされている方がいました。そのページではほとんどがムリ!!と言っていましたね。ベニヤ造りでトタン張りの家でも坪20~30万程度はかかるでしょうから20坪の家で400万から600万かかることになります。ですから500万の家ってかなり難しですね。
今、リフォームがアツイ!良質な中古のを手に入れよう!
以前今住んでいるこの家は中古で購入しました。当然のことながら新築することも考えましたし、マンションもいくつか見に行きましたが結局予算と住環境等諸々考え合わせた時にこの家が一番良かったのです。間取りを見た時に直感的にこれは良いと思ったのも決め手の一つでした。
輸入住宅、北欧orアメリカン、どっち?
最近は住宅雑誌などで輸入住宅の宣伝を良く見かけます。外国の家の建て方で日本の風土にちゃんと対応できるのでしょうか?その点は日本向けに改良されているのでしょうか?外観は絵本に出てくるようなカラフルで素敵ですがその良さをちゃんと維持できるようなメンテナンスの提供は十分なのでしょうか?その辺に少し不安を感じます。
知っておこう!建てる時に発生する税金の種類
家を建てる時には税金というのも以外に大きな金額になって驚くことがあります。買う物が大きいだけにその金額は予想以上です。ですから土地が狭く建物が小さい場合は費用的には思いの外節約の効果に繋がるわけですね。
固定資産税はどうなるの?どうやらメリットがあるらしいけど。。。
住宅を取得すると必ずかかってくるのが固定資産税です。コレがバカにならない金額なのですよね。ただ、やはり小さな家の場合は思いの外税金がお安いようです。特に200㎡以下の場合は課税標準額が 6分の1に軽減されるそうです。
信じられない。。。家を受け継いだら相続税がこんなに!
両親が無くなった時に所有していた土地建物については相続税がかかりますが、建物が古い場合には評価額が0円ということもあります。そして土地に関しても小規模住宅などの場合は特例で控除されることがあります。ですから実際の評価額よりも低い評価がされるのだそうです。
ローンのことをしっかりと考えておけばよかった。。。
家というのは本当に大きな買い物でたぶん一生にそう何度もあることではないと思うのです。そのためにローンを組んで長期間にわたり返済を続けなければなりません。ちょっと笑っちゃいそうになったのですが、主人曰く家のローンの返済が働く気力の源になっているそうです。
ローンを組むために、土地・建物を担保にすると。。。
先日友人の一人が、ようやく住みたい土地に狭いけれども何とか家を建てられる土地を見つけたので、ローンを組んで新築しようと思ったのだが、担保評価で引っかかってローンが組めないと言われたとかでとても落ち込んでいました。その時居合わせた別の友人の知り合いは大丈夫だったとのこと。全部の銀行でダメとは限らないので他にも当たってみたらどうかと励ましていました。