狭小住宅 格安

MENU

格安で建てられる裏には、、、

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

安い理由を聞く!

誰でも格安で家を建てたいと考えます。

 

しかし、その想いにつけ込んでくる会社がありますので、注意しておかなくてはいけません。

 

向こうが提示してくる価格には、いったいどんなカラクリが隠れているのでしょう。

 

その辺をしっかり確認する必要があります。

 

建築費と坪単価を元にして計算を出します。

間取りを話し合い、どのような感じになるかを決めた後、建物の延べ床面積などから金額を提示してきます。

 

狭小住宅だからと計算方法が違っていたり、利益を出すために上乗せさせていることがないように、坪単価の計算根拠や、坪単価に含まれていない工事部分を確認しなくてはいけません。

 

小さい工務店を利用する場合は、親身になって話を聞いてくれたりと小回りがききやすいという良い点もありますが、格安な理由が明確でない場合もあります。

 

仕入れルートだけでなく、どのような工法で建てるのかなどを聞きましょう。

なぜ格安で建てられるかという理由を明確に説明できなければ、注意が必要です。

 

急に支払いを急がせたり、「狭小住宅は、格安セール」ということを繰り返し話してくる会社も何かあります。

 

経営状態を疑ってみたり、細部にまで記載がある内訳明細などを提示してもらうようにしましょう。

 

狭小住宅だといっても、安い買い物ではありません。

建築費・坪単価・資材などが明確な理由なしに安くなることは考えにくいです。

 

そういった面の理由を必ず確認しないと、後から追加費用を請求されたり手抜きがあったりして痛い目を見ることになります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

狭小住宅を格安で建てられる理由 関連記事

 

家を建てるには、かなりの費用がかかります。何とかして建築費用を抑えたいと誰もが考えるはずです。通常の家を建てる人でさえ、そう思うのに狭小住宅を建てる人は、絶対にローコストで建てられると考えることでしょう。でもそうとは限りません。コスト面をしっかり試算しないと、割高になってしまう場合があります。狭小住宅は、標準品である玄関ドアや水回りの品が入らないことがあります。その際は、標準品以外のものを入れなく...

 
 

狭小住宅の中で、3階建てのものはとても人気があります。住居スペースとなる部分も広く取ることができますし、やはりゆとりが持てる家と感じるからかもしれません。このようにメリットの多い3階建ては、これからも増えていくでしょう。床面積の広さがメリットメリットの1つである床面積の広さですが、階が1つ増えれば当然のことです。スペースに余裕ができますし、何より生活動線に流れをつけることができます。これは価格が少...

 
 

新築やリフォーム時にソーラーパネルを一緒に設置する工事をする人たちが増えています。太陽光発電システムを取り入れれば、環境にも優しくてお財布にも優しいので、これからの時代は、絶対的に必要になってくることでしょう。安易な気持ちで手を出すと痛い目にあう?しかし、狭小住宅の場合は選び方や注意しなくてはいけない点があります。狭小住宅にソーラーパネルを設置するとなると、問題として上がってくるのが屋根の面積です...

 
 

狭小住宅の建売を購入しようと考えた場合、何を重視して選ぶと良いのでしょうか。価格・間取り・通勤などの便利性といった基準で見ることも大切ですが、建売を買うときに重視しなくてはいけない点があります。建売ということは、すでに出来上がっているわけですから、間取りを最初に見なくてはいけません。狭小住宅に住む場合、一番大切にしたいもの。家族に見合った部屋があるのかどうかもそうですが、大事なのは、使い勝手です。...

 
 

狭小住宅は、坪数がどうしても少ないため、生活動線が乱れてしまうことがあります。その点、注文住宅にすれば自分の動きに不便がないように作ることが出来ますので、余計なストレスを抱え込んだり、不便さを感じることがありません。狭小住宅には、短所を逆手にとって広く住めるように工夫が必要そのためには、縦の広がりも採光の取り方までもを利用しなくてはなりません。しかし、これだけでは建売と何ら変わりがなくなってしまい...

 
 

少し前に建てた狭小住宅だと、暗さや狭さが目立ってくるためどうしても立て替えかリフォームをすることになるでしょう。そういった場合は、どちらにすればよいかと必ず悩むと思います。そんな時は、費用・長所・短所の3点から考えてみると、答えを出しやすいでしょう。間取りを自由に決められる建て替え建て替えの場合の長所は、間取りにおいてとても自由に作ることが出来ます。採光や通風の状態も今よりずっと良くなることは確か...

 
 

中古物件という言葉に引っかかりを持つ人がいるようです。しかし、上物だけでなく土地も手に入るのですから狙い目と言えるでしょう。狭小地の狭小住宅であれば、採光や通風の状態もいいので、中古物件だとしてもいいものが多く出ています。このような引っかかりがある場合は、中古物件を購入するメリットとデメリットを考えてみましょう。敬遠してしまうのはなぜなのかということも改めてわかります。ちゃんと考えてみれば、利点が...

 
 

ハウスメーカーや工務店などでは、坪単価や施工床面積などといった訳のわからない言葉を平気で使ってくることもあるでしょう。家を建てると決意をしたら、こういったところから学んでいく必要があります。狭小住宅の場合は、普通の家と違うような場合もあります。資金計画を建てる前に知っておかなければならない、「坪単価」とは何でしょうか。坪単価は、1坪当たりの建築費のことを言います。ちょっと難しい言葉で言うと、建物の...

 
 

LDKを二階に持ってくるような狭小住宅がとても多いです。そして一階をビルトインガレージとして使ったり、寝室を下の階に置いたりするようですが、こういった間取りは自由に決めて問題ありません。大事なのは、2つの空間です。1つ目は、狭小住宅に欠かすことのできない収納スペースです。各部屋にあるようなウォークインクローゼットではなく、しっかりと季節物が収納出来るような造りになっているものが必要です。狭小住宅で...

 
 

近年になって、個性的な家が多くなってきました。それも自分の思い通りの間取りが作れ、予算以内で収めることのできるサイズの狭小住宅に人気が集まっています。趣味が思う存分に出来るような家が増えているように感じます。例えば、ビルトインガレージのある家もそうです。1階をこのような造りにして、眺めるもよし、整備するもよしという趣味全開の家であると言えます。しかも中古物件を買い取り、リフォームをするだけで手に入...

 
 

将来のことを考えて狭小住宅かマンションの購入を考えたときに、必ず迷いが生じます。どちらも何千万円単位というお金が動くことですから、当然と言えば当然です。しかし、しっかりとそれぞれの良い面と悪い面を考えなくてはいけません。まずは資産価値の面から見ていきましょう。狭小住宅の場合は、確実に残る土地と建物になります。例え、上物の建物が朽ちてしまったとしても、土地は資産価値と大きく残ります。マンションの場合...

 
 

狭小住宅を購入して数年くらいでメンテナンスが必要になることもあります。このメンテナンスは、快適な暮らしのためですから、早めに、且つ定期的にしておくことで家が長持ちします。費用はいったいどのくらいかかるのか心配になるでしょう。プロの手を借りたときは、それなりの金額が必要です。メンテナンス部分は大きく分けて2種類あります。外壁面(家の外側)と内装面(家の内部・設備)です。外壁などの家の外側は、壁の塗り...

 
 

家を建てるとなったら、どんな家よりもおしゃれで機能的な自分史上最高の家にしたいと思うことでしょう。そのためには、家にかかる費用がどのくらいかかるのかご存じですか?手続きなどにかかる費用がどの程度のものなのかを計算し、しっかりとした予算を組まなくてはなりません。狭小住宅の場合、普通の家よりもずっと安く建てることができます。が、土地の状態から建てている途中で、余計な出費に見舞われてしまうこともあります...

 
 

狭小住宅は、普通の家と違って安く建てることが出来ます。それでも余分なところを見直すことで、さらにローコストな家を建てることが可能です。希望通りの間取り図を見ながら、どのようなところを見直せばよいか考えていきましょう。狭小住宅の場合、土地が四角でないことも多々あるかと思います。でも、出来るだけ凹凸面をなくすようにすることで、コストが変動します。例えば、総2階建てにするなどがそれにあたります。こうすれ...

 
 

狭小住宅を4階建てにする場合、さまざまな法律や防火関係も加わってきますので、木造で建てることは難しくなります。このような場合は、ほとんどが鉄筋で建てることになるでしょう。価格の面では、当然ですが木造よりも高くなります。鉄筋の造りで、4階建てならビルのような感じにしてみるのもいいのではないでしょうか。その場合、上層部を住居として、空いているフロアを賃貸として出すのもおもしろいかもしれません。借り主が...

 
 

狭小住宅に関係する質問で上位に食い込んでくるのが、「500万円台で建てることができるのか」というものです。都心部でこの金額というのはほぼ考えられない話ではないかと思います。この手の質問は必ず目にしますが、なぜこのような質問が出てくるようになったのでしょう。数年前にハウスメーカーが500万円台の住宅商品を限定で販売しました。現在ではもうこのような金額の家はありませんが、普通の住宅がこの金額で建つのな...

 
 

家を持とうと思ってから休みごとの土地探し、内覧会巡りなど多数されている人たちをよく見かけます。新築にこだわっている人に強制するわけではありませんが、中古の狭小住宅を手に入れて、リフォームをしてから住むという手もあります。今、こういった住み方をしている人が増えてきています。学校や病院などに近くて、通勤にも便利な物件ってなかなか出ないものです。しかも買い物にも便利な物件なんて本当に見つけるのに苦労しま...

 
 

家を手に入れることに決まったら、まず最初にさまざまなハウスメーカーや工務店の内覧会や見学会などに参加することと思います。足を運んでみて、気に入った建て方の会社に声をかけたり、話を聞いたりしましょう。ここで躊躇してしまうと、先に進めません。自分たちの頭の中にある家の状態を口頭で説明し、それらを間取り図にしてもらうところから始まります。中には、メールやシュミレーションで出すところもありますが、話を聞い...

 
 

©James Thompson©Dennis Jarvis狭小住宅だからといって、純和風だったり一般的な日本の造りだけしかできないわけではありません。輸入住宅を上手く取り入れることで、素敵な住まいを手に入れることができます。ここで不安になるのは、「狭小住宅なのに輸入住宅を取り入れることができるか」ということではないでしょうか。輸入住宅を希望される場合は、それを扱っている会社か得...

 
 

家を建てるときにかかる税金は、種類が多いので意外と驚く人が多いです。ですから、見積もりを立てたりする前に、どんなものがあってどのくらいかかるのかを知っておくといいでしょう。この税金は、狭小住宅であってもローコスト住宅であっても関係なくかかるものです。家の購入前にかかるのは、4つです。まず印紙税ですが、さまざまある契約書を作成する時にかかるものです。国が発行している収入印紙を購入して書類に貼り付ける...

 
 

家を建てた後から毎年税金が徴収されます。その税金は2種類あり、固定資産税と都市計画税になります。この2つの税金は、狭小住宅を購入した場合安く収まるのでしょうか。土地の広さを考えたら、安くなるのではないかと素人判断をしてしまいがちです。固定資産税は、床面積で計算されます。床面積が120m2を超える場合は、課税評価額に1.4%の金額になります。狭小住宅のような床面積が120m2を超えない家は、課税評価...

 
 

親族がなくなった場合に、必ず話として出てくるのが遺産です。これを親族でわける場合、課税の対象になるものとならないものがあります。課税対象のものを相続した場合は、相続税を支払わなくてはいけません。家や土地だけでなく現金も対象に課税対象となる遺産には、家や土地だけでなく現金なんかも入ってきます。これが例え、両親が住んでいた狭小住宅だったとしてもです。亡くなった翌日から10ヶ月以内に収めないと、加算税や...

 
 

家を購入するとなったら、資金のことを考えると思います。貯金を頭金にして、残りをローンにするなど、資金について計画を立てなくてはいけません。家を建てる場合は、住宅ローンを組むことになります。これは、ローコスト住宅でも狭小住宅でも変わることはありません。ローンを組む際に大事なのが、どこで組むかです。信用金庫、銀行、住宅金融公庫などさまざまなところが住宅のためのローンを扱っています。金融機関にはそれぞれ...

 
 

家を建てるときに、ほとんどの人が金融機関を利用して住宅ローンを組むことでしょう。収入面などの条件で審査を通過する人もいますが、「担保を入れてください」と言われることもあります。なぜ、担保の設定が必要なのでしょうか。まず、担保について知っておきましょう。担保には「人的担保」と「物的担保」の2種類があります。「人的担保」とは、借りる本人が何らかの理由で返済が困難になった場合、特定の第三者による返済を確...