壁紙 クロス 選び方

MENU

壁紙クロスの適切な選び方とは?

無難であることを指標とした壁紙クロスの選び方ですと、色調が単一化し易く、ベージュや白を基調とした部屋になりがちです。本人の納得次第でありますが、モダンなお部屋やおしゃれにアレンジしたお部屋をみても後悔しないような壁紙クロスの選び方が重要です。

 

 

実に簡単なようでいて意外と難しいのが、壁紙クロスの張替えリフォームで、楽しい作業のように思えますが、いよいよ煮詰まってくると楽しい作業のはずが答えのない出口のように思え次第に迷いの迷路の中に落ちていく、とそういったイメージが壁紙クロスの選定という作業にはついてまわるのではないでしょうか。

 

簡単に選ぶには壁紙クロスはあまりにたくさんのサンプルから選ばなくてはならない宿命があり、その中でどうやって選んだらいいのか解らないというのが、多くの人の意見であり、結局最後は何でもない無難な色をチョイスしてしまいがちです。

 

 

結果として今はやりの北欧のような住宅でもなく、モダン住宅でもないなんとも中途半端ななんの変哲もないベージュや白を基調としたありきたりの住宅が量産されていくだけの話になっていきます。

 

無難な色や柄の壁紙の選び方を行ったために、ベージュや白、そして薄いグレーの平凡な壁紙クロスの部屋は最終的に賃貸のころの住宅と同じ、とか、実家とおなじようなありきたりの家が誕生します。

 

もちろん本人が納得すれば、誰も何も言うべきではありませんが、なにより選んだ本人が納得しない結末は悲しいものです。

 

いったいどうすれば、理想的な壁紙クロスをはることができるのか、その後悔しない選び方はあるのでしょうか。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「壁紙・クロス」に関する記事

 

世界的に人気のあるエルメスが壁紙クロスを販売しているといて、絵柄のモチーフとし飾られるのは、馬や馬具であるのですが、このエルメスの壁紙クロスをアクセントクロスの用いるというのが、エルメスファンの中で静かな流行になっているようです。最近はお部屋の内装も海外のトレンドを模してアクセントに壁紙クロスをはるというような施工方法が注目をあびていて、度々テレビなどのメディアでも紹介されるようになりました。メデ...

 
 

壁紙クロスには実はランクがあって、高級レストランや高級ホテルの壁紙クロスにはSSランクという最高級のものが使用されていますが、なるほど色柄や質感は高級感ただようものになっています。自宅にも高ランクの壁紙クロス使用によって大きくイメージチェンジすることができます。住宅を購入すると、たとえそれが中古物件であっても壁紙クロスだけは交換しておきたいという方がほとんどではないかと思いますが、壁紙クロスは生活...

 
 

壁紙クロスの主流はビニール製のものになりますが、シックハウス症候群などの流行に伴って天然素材のものを求める動きが活発化しています。天然素材の壁紙クロスとしては、紙、布などがあげられますが、これらの素材はビニールほどの手軽さやメンテナンス性に欠けるというのが、ポイントです。新たにマイホームを建築するにあたっては、まだ素人でありながら、さまざまな選択をしなければならない場面に直面します。例えば壁紙クロ...

 
 

お部屋に内装の雰囲気は、壁紙クロスの張替によって大きく変えることができますから、イメージチェンジするのにはおすすめのリフォームなるわけですが予算としては、業者に依頼しますと1mおよそ1000円を基準として考えるのが適当ではないでしょうか。マイホームの壁紙クロスは、住宅の設備の中でも、ビニールという素材でできているせいか、その寿命がもっとも早いもののひとつなのかもしれません。それは壁紙クロスのおおよ...

 
 

サンゲツの壁紙クロスの選び方には、サンプルをみて熟考することです。無難で飽きのこない色あいだからと白色やベージュ色などをチョイスしてしまうのもいいですが、サンプルでみる色柄は小さすぎて、なかなか全体像が想像できないことが欠点です。壁紙クロス選びは、単なる製品選びと一線を画しているのかもしれないと思うのは、それなりの勉強が必要ではないかと思うからで、たとえばサンゲツの壁紙クロスを選ぶための方法は、ま...

 
 

タマホームはCMや住宅の価格破壊的な存在としてその名を知られていますが、経験豊富な営業担当、特に女性の営業担当者に定評があります。なかでも壁紙クロス選びは、女性の目で見た方が、よい場合もありその点でとても頼りになる存在といえます。安さと派手なコマーシャルでよく認知されているタマホームですが、その安さの秘密は自社工場をもって、大量生産することで、コストダウンをはかっているのですが、ポイントのひとつは...

 
 

ペットを飼う家庭にとっての住宅のあり方は家族構成によって子供部屋が加算されたり、もしくは寝室がプラスアルファされるがごとくで、ペットを飼いやすい住宅を好むのが当然です。そして壁紙クロスなんかもペットがひっかきにくいような構造や防臭機能が付加されていたりします。今やペットは家族の一員です、と答える人がすごく多くなった反面、捨て犬、捨て猫の問題が後を絶たないという社会的な問題も深刻であります。ペットと...

 
 

百円ショップでもモンステラをモチーフとした壁紙クロスようのステッカーを見つけたことがありますが、それだけモンステラはデザイン的におもしろい素材なのかもしれません。植物そのものも非常に育てやすく洋室にマッチしていて、愛着の湧いてしまう観葉植物です。モンステラという観葉植物は、生命力が非常に強い観葉植物として知られていますが、一方で葉っぱがとても個性的でしかもエキゾチックでありお部屋のインテリアとして...

 
 

マイホームのオーナーのこだわりはお部屋の間取りや壁紙クロスに表れてくるものですが、例えばラルフローレンなどの有名メーカーの壁紙クロスでお部屋を彩られておられる方もいます。こだわりのお部屋はその人自身を癒しますから、是非壁紙クロスは自分の大好きな色柄のものを貼りつけたいものです。こだわりのマイホームを持ちたいとか、こだわりのマイホームをもっとゴージャスに飾りたいと考えておられる方は多いはずです。街を...

 
 

ヨーロッパの壁紙クロスを専門に扱う業者がでてくるくらいに人気を集めているのですが、その要因として日本のメーカーの壁紙クロスが、あまりにも単調であるとともに、アクセントクロスとしてヨーロッパの輸入物の壁紙クロスはアクセントクロスとして非常に映えます。大切なマイホームの玄関やリビング、子供部屋などの壁紙クロスにアクセントを取り入れてみませんか?いまでは多くのおしゃれな賃貸物件にも取入れられていアクセン...

 
 

ヨーロッパの国々の60~70年代のアンティークの壁紙クロスは、アンティークと呼ばれて重宝されていますが、デザインが非常に際立っていて、壁紙クロスとしてだけではなく、贈答品などの梱包材としなど柄が洗練されているために壁紙クロスとして以外にも使用されています。家具でも壁紙クロスでもそうですが、アンティークには根強いファンがいて、昔から多くの人気を集めていますが、最近はそういった動きが顕著になっていて、...

 
 

イエローや、白にイエローを混ぜたベージュは壁紙クロスとしては、割に一般的で、もっともお部屋の壁紙クロスで使用される率の高いポピュラーな色であることは言うまでもありませんが、その理由としては他の色と合わせやすいというメリットが考えられます。古来日本では昔からイエローは魔よけの色という意味合いがあるということを、実は最近メディアを通して、具体的にはテレビで見たのですが、そのためにお坊さんの袈裟などはイ...

 
 

インテリアの考え方の良し悪しは、デザインと色とを上手に組み合わせれるのかどうかが結果の分かれ道ではないでしょうか。そして色や柄の組み合わせをあれやこれやと考えるわけですが、二つのサンプルを見分けながら、まずは上品に見えるのかとか、明るすぎないかそうでないのかなど考えることが難しくも楽しいひとときです。インテリアを理想的なものにするために大きくは、デザインと色の組み合わせで見え方がどんどん違ってくる...

 
 

育ち盛りに食べ盛り、いたずらし放題の小さなお子様がひとりいるだけで、お部屋は気をつけないとどんどん汚れていくわけですが、真っ白な純白の壁紙クロスも汚い手で触ったり、色をぬったりとはすぐに汚れてしまったりしますが、ウッド調の壁紙クロスは、ナチュラルでしかも白よりも汚れが目立ちにくいのではないでしょうか。新築の住宅は何かと気苦労がついてまわりますが、その理由はさまざまで、単純に新生活になれないといった...

 
 

アクセントクロスの手法はバラエティ豊富な壁紙クロスから二つを選び出して、スしてそれらを組み合わせるわけですが、アレンジすることに限界を感じた時、オーダーで自分のオリジナルで理想的な壁紙クロスを自分自身の手作りでつくることができます。最近のお部屋のインテリアのトレンドは、壁の一面のみ違う柄を使用するといったアクセントクロスという手法で、数年前には考えられないような、インテリアが注目を浴びていますが、...

 
 

わざわざ壁紙を自宅に新調するというのに、いつもと同じようなパッとしない地味で平凡な壁紙クロスをチョイスしてしまうことが度々ありますが、おしゃれな壁紙クロスを選ぶためには、冒険によりリスクを負いながらおしゃれな壁紙クロスを選ぶ必要があります。壁紙クロスの張替えは、手軽に我が家をおしゃれにリフレッシュする簡単リフォームとして大変人気を博しているのですが、張り終えた後になって、落ち着いてから改めて貼りつ...

 
 

思い切って理想的な壁紙クロスにビビットカラーであるオレンジを取り入れると、ビタミンカラーの作用で、明るく元気がでるような気がしますが、しかしアクセントクロスとしてオレンジを使用するとすると、それにあう壁紙クロスの選びがなかなか難しいのです。一時期パッションオレンジのクルマなどや、ビビットなカラーの家電製品をはじめとしたクルマ、バイクが白、黒を基調としがちなこの業界において、色使いに工夫をこらした製...

 
 

壁紙クロスの張り替えにおいては、まず壁紙クロスを購入したいわけですが、通常カタログにのっているサンプルを比較しながら理想の色柄の壁紙クロスを選びだします。サンプルは小さくカットされた壁紙クロスから選びだすわけですが、サンプルの情報は意外とあてにならないケースがあるのです。通常、自宅の壁紙のはがれや日常的な汚れによって、壁紙の定期的な交換を余儀なくされる日常生活ですが、自分のお気に入りの壁紙、クロス...

 
 

湿気の多い住宅で心配なのは壁紙クロスに生えるカビです。カビは健康にも被害を及ぼすので、小さなお子様がいる場合は注意しなければなりません。対策はカビの胞子を飛ばさないことが重要でそのためには換気に注意して、湿気を上手に飛ばさなくてはなりません。住宅は住んでみないとわからないという不確定要素が多分にあるものです。住んでみて困るトラブルはいろいろあるのですが、特に水にまつわるトラブルは枚挙にいとまがあり...

 
 

壁紙クロスは考えてみるとお部屋の広範囲を占めていますから、効率的に掃除したいと考えるのは当然のことで、専用クリーナーがあれば、重曹液やハイターなんかを使うよりも簡単です。広範囲を占める壁紙クロスが汚れると何よりも目立ってしまいます。引っ越しや年末には多くの人が自宅の清掃に着手するのですが、そこであらたに汚れを発見することはよくあるケースで、そういうタイミングには是非とも普段掃除などしない箇所に目を...

 
 

世の中には壁紙クロスのクリーニングというサービスがあり、このサービスの利用は主に賃貸住宅の大家さんになります。もちろん一般の人たちのなかでも、こういったサービスを利用される方もおられますが、賃貸住宅の経営者にとっては、なくてはならないサービスです。日本の住宅のお部屋の内壁を彩るそのほとんどが、ビニールの壁紙クロスなのですが、一般的にビニールクロスは汚れが付着しにくい構造になっており、汚れも簡単にふ...

 
 

壁紙クロスの施工は危険性も少なく、生のリ壁紙という、のりを最初から塗布されている壁紙も多く販売されていますから、素人でも充分に壁紙の張替が可能です。壁紙クロスの必要サイズを決めるためには、お部屋のサイズを明確にしてからなのですが、お部屋のサイズを算出するのは意外と労力がうばわれます。最近はDIY、つまり英語Do It Yourselfという言葉の略語であり、内容は専門の業者や職人さんにまかせっきり...

 
 

壁紙クロスの剥がれなどあれば、ア-ティストのポスターやおしゃれなシールなどを上から貼ってごまかしたいですが、部位によっては不自然になってしまします。そんな時便利なのが、ホームセンターなどで販売されている壁紙クロス用のシール材です。3月4月といいますと引っ越しシ-ズンであり新入学のシ-ズンでもあり、小売業などは5月のゴールデンウィークを前にして、ちょっと一儲けできるシ-ズンでもあり、引っ越しに関連し...

 
 

ストライプ柄ですが、女性の洋服のデザインとすると太って見えることがあります。またこの特徴は、お部屋のデザインとして使用すると、縦方向にですと、天井が高く感じるような錯覚を引き起こし、逆に横方向のストライプ柄の壁紙クロスは、空間が膨張しているように感じます。壁紙クロスは住空間の演出に大きな役割を果たしますが、例えばなんでもない空間に色という概念をそそぎこんだり、さらにデザインというようなスパイスでピ...

 
 

ターコイズブルーの壁紙クロスのイメージは、まるで海の色を感じるような透明感を感じる色といえますが、ハワイのさわやかな海や沖縄のサンゴ礁の開放感のあるリゾートであったりと個々のイメージをかきたてるような色で、太陽と真夏の海のイメージが濃くなるのではないでしょうか。ブルーという色から感じるイメージはそのブルーの色の濃さにもよりますが冷静さや涼しさなどなど、そして懐かしい海の雰囲気を感じることができるの...

 
 

塗り壁のようなナチュラルな雰囲気をどうしても壁紙クロスで手に入れたいと考えますと、おすすめはナチュラルな素材を図柄にもちいたタイル調の壁紙クロスや木目調の物まであって、壁紙クロスでありながらリアルさと簡単な手入れというメリットを享受できます。ひと昔前であるならば、壁紙クロスなんて便利な品物はまだ日本では浸透しておらず、もっぱら塗り壁と呼ばれる、漆喰などを代表とした湿式の工法を用いた内装がほとんどで...

 
 

賃貸住宅を退去する時に取られてしまう敷金は、大家さんによって変わってきますが、壁紙クロスがタバコのヤニで少しでも茶色くなっていると徴収される敷金も、場合によっては多くとられます。逆に数年以上住んでいることで、張り替え時期であると、おおめにみてくれる場合もあります。賃貸住宅に住む方々は、特に都心であるならばたくさんおられるのではないでしょうか。住み慣れた田舎ですと、土地代はさほどでもないですが、都心...

 
 

子どもにとって永遠のキャラクターはディズニーなのかもしれないと思うほど息が長く人気があります。そんなディズニー柄の壁紙クロスを子供部屋に貼りたいと考えているおやごさんも後を絶ちませんが、ディズニー柄は決して期待を裏切らないほどデザインが洗練されています。子供部屋を夢のようなファンシーな部屋にしてみたいと考えているおやごさんは、きっと自分が小さなころにこういう子ども部屋がよかったとかの理想像をきっと...

 
 

壁紙クロスに付着したテープは、いつもの壁紙クロスの汚れ取りではうまくとることがかないません。もし壁紙クロスに貼ったテープを上手にとるためには、シールはがしなどがおすすめです。テープも上手に使用してのちのち困らないようにしなければなりません。賃貸住宅に住むと、特に壁紙クロスには気をつかってしまいます。その理由はもちろん、退去時の査定に大きく影響し壁紙クロスが破れたりすると、礼金からたくさんお金が徴収...

 
 

壁紙クロスを張替には、絶対生のリ付き壁紙クロスをおすすめします。素人が機械を使わず壁紙クロスの裏に均一にのりを塗ることは、非常に難しい作業で、その上手早く作業しないとのりを片っ端から乾いていきます。また生のリ付きは、厚くのりが塗ってあるので、仮付けや張り替えなどに非常に便利です。マイホームなどの壁紙クロスの張替の前には、まず古い壁紙をはがすことからスタートすることが先決ですが、壁紙クロスをはがすと...

 
 

住宅は思っているよりも歪みがあるものですが、大きな地震や強風などに遭遇するとどうしても住宅に歪みが生じてしまいます。そんな住宅のひずみによって壁紙クロスにひび割れが生じてしまうことがあるのですが、ひび割れは施工のまずさによっても生じることがあります。新しく人生をかけて建てた新築のマイホームの家の壁紙クロスがもし建ててから1年も満たない間にひび割れしたとしたら、あなたはどう思うのでしょうか。しかし全...

 
 

女性に特に人気のあるピンク色ですが、女性らしさである柔らかな印象やかわいらしい印象を引き立てるために、ピンク色を好むんで壁紙クロスとして使われるケースが増えてきています。ピンク色の兵隊さんにすると戦争がなくなると言われるくらい愛情を表面に押し出した色ですが、過ぎたるは及ばざるがごとしで、多様しすぎるとしつこくなってしまうかもしれません。住宅の内装や壁紙クロスといいますと、日本の住宅の傾向は無難でそ...

 
 

海外のそれもとりわけフランスの壁紙クロスはその美しさに定評がありますが、その美しさの理由はどこにあるのでしょうか。繊細なデザインもさることながら、フランスの伝統的な印刷技術はアナログであるからこその繊細さを壁紙クロスに投影しています。日本でも実にさまざまな色柄の壁紙クロスが販売されて、中にはイギリス、フランス、ドイツなどの海外の人気柄を模したようなデザインの物のほか、竹柄や花柄などありとあらゆるも...

 
 

壁紙クロスや外壁の色が白やベージュに偏るのは、飽きのこない色であることや、売りに出しやすい色などいろんな理由があるわけですが、色柄への日本人の関心がより最近はアーティスティックになってきて、個性的な壁紙クロスを上手にコーディネイトしている若者たちをよく見かけるようになりました。多くの人が住んでいる住宅には、戸建住宅もあれば、賃貸アパートもありますし、マンションもあり実にさまざまな住宅の形があります...

 
 

よりスタイリッシュにというのが昨今の住宅事情のキーワードかもしれません。不況のあおりを受けて狭小住宅が一般化している昨今、手軽にお部屋をアレンジしてオリジナルのスペースを確保していくことが重要です。なかでも壁紙クロスにボーダー加工するだけで手軽にイメージチェンジが可能です。多くの人がインテリアに興味を持ち始めた理由は、海外のおしゃれな文化が徐々にはいってきている理由ももちろんあるのですが、それは日...

 
 

お部屋の壁紙クロスは、日々暮してると汚れたり、破れたり、そしてはがれたりするものですが、特に自宅のリビングのように家族が集まる箇所はそれだけ消耗が激しいといえます。リビングの壁紙クロスはキッチンも近いせいか汚れやすい箇所に当たりますので、マメなメンテナンスが必要不可欠です。一概に壁紙クロスといっても、あまり知られていませんが結構種類がありますが、しかしほとんどの家庭で使用されている壁紙クロスはみな...

 
 

レトロな壁紙クロスに注目されているのは、なにも日本の国なかだけではありません。壁紙クロスの生活が、日本と比較にならないほど、大変長い期間、壁紙クロスと向き合ってきたヨーロッパの国々においても、レトロなデザインは注目されています。1960年代、70年代といいますと、高度成長期であるとともに文化的にも非常に発展した、日本のもっとも輝いていた時代なのかもしれませんが、その時代のファッションやデザインが、...

 
 

壁紙クロスはお部屋のイメージ作りという観点も重要ですが、さまざまなシチュエーションの演出にも欠かすことができません。一般的に販売されているものの中ではレンガ調のものを見かけることができますが、お店の雰囲気を演出する小道具としても活躍しています。たかが壁紙クロスされど壁紙クロスといったところで、壁紙クロスは石目調のもの、木目調、そしてレンガ調など、実に本物と見違えそうなリアリティーさで印刷されており...

 
 

ベッドカバーや傘など、洋服、鏡、などさまざまなローラアシュレイのアイテムがありますが、それらと壁紙クロスなど、いろんなローラアシュレイとくみ合わせると、生活全般がローラアシュレイ一色になってかわいくて華々しい暮しを満喫することができます。日本の壁紙クロスの柄や色、そしてデザインは非常に洗練されてきた感があるのですが、しかし実際には海外のレトロな壁紙クロスやそしてローラアシュレイの洗練されたうつくし...

 
 

雲柄の壁紙クロスの特徴は、アウトドアの表現が可能で、青空の自転車のサイクリングのイメージや、バーベキューグッズ関連の使用イメージを提案したりさらにスポーツウァアやスポーツグッズなどの販売においてはさわやかなイメージを壁紙クロス一枚で簡単に表現できます。住宅においてもはまた店舗においても床や壁、そして天井といった内装関連においては、壁紙クロスはインテリアの方向性やコーディネートをっ決定するための大切...

 
 

注目されているのは、英国デザインの壁紙クロスは、日本製品にはない重厚感やキメの細かい柄などは、一見の価値があるくらいラブりーな柄になっています。こんな壁紙クロスのお部屋に住んでみたいと思わせるほどに壁紙クロスそのものに魅力が内在しています。輸入壁紙のニーズが増えてきているようですが、確かに家電製品などの分野では日本製品はずば抜けた性能のある製品がたくさんあるのですが、ことインテリア関連の製品やデザ...

 
 

壁紙の汚れ簡単には、さまざまな要因がありすぐに落とせるような汚れやそうでないものに分かれます。壁紙クロスの汚れにある原因を突き止めると案外汚れは簡単に落ちたりします。たとえば顔料や油汚れ、水性ペンの汚れにボールペンにより落書きなどそれぞれに適正な手段があるのです。お気に入りのお部屋の壁紙クロスの汚れを落とすために、消しゴムを使えばいいなんて話をよく雑誌やテレビなどのメディアで清掃企画を取り上げてい...

 
 

煙草を吸う家族られる場合、壁紙クロスの黄ばみは早くなりますが、焼き肉や炒め物などの脂汚れによっても次第に黄ばんできますし、もちろん紫外線によっても黄ばんできます。脂汚れに有効なのは、中性洗剤やマジックリンなどではないかと思いますが、最終的な手段として漂白剤があげられます。長年使用しているとどうしても目立ってくる壁紙クロスの黄ばみですが、当たりまえですが特に白色の壁紙クロスは黄ばみが目立ってしまいま...

 
 

壁紙クロスの柄選びはなんやかんやと難航を極めますが、明るくて、シックで、メンテナンスしやすい、そして汚れが目立たないというような希望を壁紙クロスに求めるわけです。あまりギラギラしたりするよりも落ち着いた花柄が、シックで人気があります。新築中の我が家を目の前にしての、壁紙クロス選びで苦労を感じている人は多いのではないでしょうか。見たことのないような分厚いカタログサッシを急に不動産屋さんに手渡されて、...

 
 

商品を引き立たしたり、さらにイメージを統一させるために、普段家庭では使用さないような派手な壁紙クロスを店舗などではディスプレーの背景として使用したりするのですが、金色や、銀色はお正月のディスプレーとして使用すると生えますし、さらに雲柄ですとアウトドアの雰囲気作りに有効です。壁紙クロスに金色といいますと、なんだか柄が悪いような気がしますが、しかし壁紙クロス貼りは、何も一般家庭だけの話ではなく、例えば...

 
 

ホームセンターを訪れたりもしくはパソコンやスマートフォンのネット通販で自分好みの垢抜けた壁紙を、いまや苦も無く手軽に購入することができ、なおかつ激安で、しかもセットの中に壁紙やクロスのほかにのりをぬるための刷毛やカッターなどが付属された超簡単なキットが市販されています。住宅の購入において、家の中の内装の雰囲気を決定づける壁紙の色柄は、なかなか上手に決定できず困難な選択になりますが、それだけに壁紙を...

 
 

湿気と乾燥によって起こりうる壁紙クロスの隙間対策としては、ホームセンターなどにある接着剤コーナーかもしくは壁紙クロスの扱いのあるインテリアコーナーに補修用のボンドコークや壁紙用の隙間シーリング材が販売されていますので、それらで隙間を埋めてみることをおすすめします。永くマイホームで暮らしていると、時に壁紙クロスのはがれや紫外線による劣化などさまざまな汚れや破れ、そして傷が目立つようになってきますが、...

 
 

住まいが住む人の健康を害するなんて話がよく耳に入ってくるようになってきましたが、マイホームのお部屋の壁紙クロスとして使用される素材として、実質ほとんどのシェアを占めているのはビニールクロスで、そのビニール製の壁紙クロスを貼るための接着剤などにもチェックしなくてはなりません。シックハウス症候群という病気の名を呼ばれるようになってから早何年か経過して、接着剤などや壁紙クロスののりなど、建築関連のさまざ...

 
 

お部屋それぞれにコンセプトがありますから、子供部屋は可愛い壁紙クロス、ダイニングは落ち着きのある壁紙クロス、和室は和柄などなどと選んでいくわけですが、玄関の壁紙クロスは他の部屋とのバランス感覚が必要ではないかと思います。マイホーム購入において難しいと悩んでしまうのは、お部屋の壁紙クロスであることが多いようですが、そんな壁紙クロスを上手にチョイスしておしゃれに暮している方が増えているように思います。...

 
 

壁紙クロスの種類は実にたくさんありますが、ほとんどの壁紙クロスは光沢のない落ち着いた柄です。光沢入りのようなカッティングシートは、ホームセンターなどで販売されていて、これはこれでクルマのダッシュボードや家具などに貼りつけるために購入されます。ホームセンターに訪れるとついつい不思議な商品がたくさんあって目的を忘れてしまいがちですが、インテリアコーナーに訪れると壁紙クロスの切り売りなんてのも、おおよそ...

 
 

自分で壁紙クロスを張り替える時、厚みが薄い壁紙クロスですと、破け安かったり下地が透けてしまったりと施工性の不自由を感じることや安っぽさを感じたりします。ある程度の厚みがある壁紙クロスの方がクッション性があったり断熱性や防音性能も期待できます。毎日の暮しに密着しすぎるほどに密着したマイホームのお部屋ですから見飽きるのもしょうがないことですが、しかし壁紙クロスの張り替えによって大きくイメージチェンジす...

 
 

重たい腰を上げてやれお部屋の清掃に取り掛かると普段気がつかない壁紙クロスの汚れに目が行ってしまったりするのですが、換気扇近くのクロスがなぜか黒くなってしまっていたり、エアコンの吹き出し口の付近を取り囲むように黒ずみが発生していたりなどなど多くの黒ずみを発見することができます。新規でマイホームを建築したことに満足しているのもつかの間、あっというまに年月は飛ぶように過ぎ去っていくことを壁紙クロスの汚れ...

 
 

紺色は、どちらかというと精悍な色のイメージがありますが、もしも壁紙クロスの紺色があるとすると、和室がもっとも合うのではないかと想像してしまいます。紺色の壁紙クロスが表す心理は、いったいどうなのでしょうか。紺色は落ち着きの色であるとともに権力や緊張感を表す色でもあります。壁紙クロスの色を選ばなければならない状況にたったとき、いったいあなたはどんな色を選びますか?人によって色を選ぶ基準はさまざまにあり...

 
 

ホームセンターの接客で、よくあるのは砂壁に関してのは、補修をはじめとして、上からの壁紙クロスを貼りつけたり、またはお部屋の雰囲気を変えたいといった意見が多いようです、壁紙クロスをはるため、砂壁を固めてしまうのりやスプレーが販売されています。。和室の壁の特徴として砂壁や繊維壁が昔からあるのですが、なぜこんな壁であるのか不思議であるくらい壁の繊維や砂がぽろぽろ落ちて機能的でないことに驚きます。ホームセ...

 
 

壁紙クロスといいますと、色柄などにこだわってしまいがちですが、しかし材質にもこだわってみたいものです。特にシックハウス症候群などに関心を持たれるようになってきた世情ですから、紙や布といった自然素材に囲まれた生活の方がどちらかというと心地よい気がします。床や壁、そして天井に貼りつけている壁紙クロスやクッションフロアー、そしてフロアー材に絨毯他など、お部屋を彩る内装の材料は、選ぶ材質や色柄などの種類に...

 
 

子供部屋は、毎日そこで過ごす子供達のために、壁紙クロスも是非飽きのこないような、そして楽しくなるような、そして清潔そうな壁紙クロスを選びたいものです。元気のでるような色の壁紙クロスや、もしくは子供を包むようなで優しいコーディネートをしてあげましょう。みなさん子ども部屋の壁紙クロスっていったいどんな色になさいますか?新築で家を建てることが決定していよいよハウスメーカーさんとの打ち合わせの段になります...

 
 

紫色は中間色で、赤が強くなると赤紫、青が強くなると青紫という色の混ざり具合で見え方が大きくことなりますが、お部屋の壁紙クロスも紫を採用すると高貴なイメージを出すことが可能になります。一方で食欲を減退させてしまう色ともいえますので使う箇所には注意が必要です。紫色といいますと魔よけなどのイメージがありますが、高貴なイメージも併せ持っていますが、赤でも青でもないこの色を好んで生活のさまざまな場面で紫色を...

 
 

白やベージュ無彩に近い色の壁紙クロスは、光をよく反射しますので、お部屋が非常に明るくなるというメリットがあります。反面汚れが目立ちやすいというデメリットもあって手垢などは、すぐにわかってしまいますから、手すり取っ手付近の手が触れる付近は、注意が必要です。壁紙クロスは放置しているとどんどん汚れていますが、その原因はいろいろ考えられ例えばほこりが降り積もったり、手垢汚れであったり油汚れであったりや、壁...

 
 

大げさに思われがちな壁紙クロスのお手入れは、実は簡単です。壁紙クロスの洗剤などもお店で市販されていますが、なければ台所洗剤などで十分に汚れをおとすことができます。ごしごしこするよりも、手間を惜しまず、マメに手入れすることがコツです。アトピーなどのアレルギーをもった子どもたちが増えて来ていて、ハウスダストに注目が集まっている現代、床の掃除だけではどうしてもホコリやダニなどのしっかりとした退治が行き届...

 
 

壁紙クロスはお部屋の設備のなかで、もっとも破れたりはがれたりなど消耗が激しい箇所ですが、修復にはいろいろと方法があります。ちょっとした壁紙クロスにできた傷でしたら、専用のシール剤でごまかせますが、下地の石膏ボードまで破損しているケースもあります。マンションや戸建て住宅に関わらず、お住まいの内壁には多くの場合石膏ボードが使用されていますが、石膏ボ-ドを少しでも見たことのある人はわかっているかと思いま...

 
 

壁紙クロスの汚れを落とすのは意外に厄介なのですが、理由はデコボコした汚れが密着しやすい構造であるということと、素材がビニールなので、洗剤など出来る限り使いたくないという心理が働いてしまうからなのかもしれません。そのために壁紙クロスの汚れ落としための専用消しゴムというものが販売されています。気になるお部屋の壁紙クロスの汚れですが、消しゴムでその汚れはある程度落ちるという話はほんとうでしょうか。ホーム...

 
 

消臭効果のある壁紙クロスの効果が持続する期間は、およそ10年くらいであるようです。お部屋の大部分の範囲を壁紙クロスでカバーしているわけですから、ペットの臭いやたばこのにおいを消臭してくれる機能は非常に便利です。将来的にはもっと耐久性がアップして欲しいものです。最近の柔軟剤は、すごくいいにおいがするようになってきたように思うのですが、それは外国の柔軟剤ダウニーからスタートしたように思います。ダウニー...

 
 

水玉模様といいますと、小泉首相のネクタイで一際有名になった感がありますが、それまでも水玉模様が作り出す多様なイメージに魅了される方がたくさんおられました。単純な模様ですがアレンジ一つで雰囲気が大きく変わりますから壁紙クロスで水玉を用いてもきっとおもしろいでしょう。一時期水玉模様のネクタイなどが流行りましたが水玉のもつイメージはやはり夏って感じですが、しかし実際はそうではなく色の組み合わせ次第で実に...

 
 

青色の持つ効果は実にさまざまあるようなのですが、もっとも効果はリラックス効果だろうと考えられますから、リビングや子供部屋それに書斎や寝室などでそのリタックス効果を手にするためには、思い切って青色の壁紙クロスを試してみてはいかがでしょうか。青色の持つ人に与える効果は実にさまざまあるようなのですが、もっとも効果はリラックス効果だろうと考えられますから、リビングや子供部屋それに書斎や寝室などその効果を手...

 
 

壁紙クロスのなかでも人気を博しているのが石目調と呼ばれるデザインのものなのですが、特徴はモダンな雰囲気をかもしだすことができるというところです。モダンである反面、石目調は冷たいビジネス的な雰囲気になりやすくそのあたりも良く配慮して選ぶことをおすすめします。お部屋は、それぞれに使用用途がそれなりにあり、それぞれ兼用したりと個々に特長はあるのですが、例えばリビングは基本的には家族が寄り添ってくつろぐと...

 
 

賃貸アパートや賃貸マンションであるにも関わらず入居時には壁紙クロスや棚を取り付け加えることができるサービスもあり、ますます日本の賃貸住宅の事情はかわってきています。壁紙クロスの人気は依然として白などの無彩色になるのですが、中には赤い壁紙クロスを希望する方もおられます。賃貸住宅といいますと、壁紙クロスを傷つけてはいけないとかで押しピンをつかうこともちょっと躊躇してしまうくらい気を使いますが、その理由...

 
 

ホームセンターの壁紙クロスの切り売りは、少ないメーター数から購入できることがメリットで、壁紙クロスを壁紙以外の使用方法を試したり、またはサンプル間隔で使用したりなど、いろんな用途での使用が可能です。裏にのりがついているので補修用としても人気があります。ネットで注文して、自宅に配送してもらうといったことが当たりまえになりつつある現在の買い物事情ですが、しかしどうしても店舗で確かめてから購入したいと思...

 
 

壁紙クロスに付着した頑固な汚れですが、原因をまず調べることがポイントで、ほとんどの場合には中性洗剤を使って軽くふくだけである程度、汚れは落ちていきます。しかし油汚れやインクなどのしつこい汚れに対しては他の手段を講じないと汚れはおちません。。マイホームで毎日普通に生活していて壁紙クロスはさまざまな原因でもって汚れてきます。それは油汚れであったり、日焼けであったり、シミであったり、何かの色移りであった...

 
 

年末清掃でおなじみの家電の掃除に関する製品での売れ筋といっても、掃除機がそうばんばん売れるものではなく、売れても掃除機のゴミバックなどになるわけですが、今はバキュームクリーナー、高圧洗浄機、スチームクリーナーのパワーのある清掃家電のニーズが比較的に上がりつつあります。年末の清掃用品でイメージするのは、ほうき、ちりとり、雑巾などの清掃用品が店舗の売り場に並べられていますが、最近ですと進化したフローリ...

 
 

壁紙クロスの耐用年数の目安はおよそ10年未満といわれていますが、いかんせんビニールや紙を素材としてますので、長年の使用によって次第に変色や劣化がみられるようになります。マメにメンテナンスすることが、長持ちさせるためのコツなのかもしれません。賃貸住宅よりも、しっかりとマイホームを購入して、賃貸住宅に毎月お金を支払うくらいならば、むしろ高くてもマイホームを購入して、そのローンにお金を支払っていきたいと...

 
 

一般的に名の知れたハウスメーカーで住宅を購入しますと、一定の品質と安心を得ることはできますが、それと引き換えに壁紙クロスはこのカタログからとか外壁はこのカタログから等々、オリジナルの台所とは程遠い規制の台所ができあがります。最近はおしゃれ感覚やインテリア感覚を大切にするということが重要視されるようになってきたのではないかと思います。バブル崩壊以降経済的な撤退を余儀なくされている日本の経済事情は、終...

 
 

壁紙クロス選びはついつい色柄や表面のテクスチャーだけで決めてしまいがちですが、建材としてみると断熱性能に特化している壁紙クロスも販売されているわけですから、機能面に関しても配慮して壁紙クロスをチョイスしなくてはなりません。壁紙クロスの発祥地である、欧米でありますと壁紙クロスはインテリアとしてのセンスが問われるような大切なポイントであるように扱われているのですが、今の日本の住宅事情においては、どのお...

 
 

日本の住宅によくに昔からある和室の壁は、多くの場合、繊維壁や砂壁がすえられているわけですが、砂壁や繊維壁よりも壁紙クロスで砂や繊維が落ちない住宅を好む人が増えてきています。塗り壁に変わる和室の壁紙クロスは和を感じさせる竹柄がおすすめです。壁紙クロスも最近はたくさんの絵柄の製品が製造されてきていて、その分選択肢が大きく増えて消費者にとっては実に喜ばしいことではないかと思うわけですがしかし依然として海...

 
 

壁紙クロスの張替で注意したいのは、理想のものよりも客観的に無難な方を選んでしまうことです。費用と労力と時間を浪費してありきたりな壁紙クロスの張替をしてしまうと後悔が残るのではないでしょうか。リスクを冒さないと収穫を得ることができないのです。我が家をイメージチェンジさせたいと考えるのならば壁紙クロスの張替リフォームがおすすめですが、理由は手軽に大きくイメージチェンジできるからで、ちょっとした家具を購...

 
 

壁紙クロスは、数年に一度は張替えをしていかなくては、美しく保つことは困難ですが、自分で張替となるとどうしても手間がかかったりきれいにできないということで、業者に頼む方がリスクな少ない場合もあります。そこで気になるのは壁紙クロス張替えの相場ですが、だいたい1m1000円くらいと考えればいいでしょう。お住まいの壁紙クロスの張替えは一度挑戦してみると、そんなに難しいことはありませんが、素人が壁紙クロスを...

 
 

賃貸住宅を引き払う時に、気になるのは壁紙クロスの汚れです。しかし長く住んでいると、壁紙クロスは当然のごとく汚れていきますから、そんなに気に病む必要はありません。数年以上、賃貸住宅に暮らした場合、経費上は壁紙クロスは減価償却を終えていると推測できます。賃貸住宅において日々気にしなくてはいけないのはお部屋に傷をつけたり、汚してしまうと退去時には、敷金からたくさんお金をとられてしまうということで、多くの...

 
 

壁紙クロスは汚れたりするとみすぼらしいものですが、時には家具などが当たってしまって破れてしまうこともあります。破れた壁紙クロスを見て絶望的に感じてしまう方もおられますが、ある程度の補修は張替なくても専用のものを使用すれば十分に可能です。ふとした拍子に壁紙クロスは破れてしまうものですが、それが新築のマイホームであったり、または賃貸住宅ですとどうしても焦って、どうしたらいいのか途方にくれてしまいます。...

 
 

壁紙クロスの張替には、まず元の壁紙クロスを剥がすところから始めなければなりません。今貼っている壁紙クロスの剥がし方は、だいたんに端からベリっと剥がしていくのがポイントですが、壁紙クロスの表皮だけをきれいに剥がしとるのが上手な剥がし方です。壁紙クロスの張替は、今貼っている壁紙クロスを剥がさなければ次の貼り付けができません。壁紙クロスを剥がした後には、購入した真新しい柄の次に貼りつけるための壁紙クロス...

 
 

よく見かけることのできる部屋の壁紙クロスが一般的な白色であることのメリットは、壁紙クロス専用の補修材は多くの場合、白ですから白色の壁紙クロスを選ぶとその後のメンテナンスがやりやすいということがいえますし、壁紙クロスの補修が必要な場面が、よくあるということです。お部屋の内壁は多くの住宅で白色を採用しているのですが、これは日本人のセンスのなさと、個性の無さをよく表しているのではないかと危惧しますが、個...

 
 

よごれた壁紙クロスは、見た目にもあまりいいものではなく、お部屋のイメージを左右してしまう壁紙クロスはきれいにしておきたいものですが、洗剤などを使用してもきれいにするには、限界があります。そこで試す最後の手段は漂白ですが、かえって壁紙クロスを痛めないように注意が必要です。賃貸住宅を引っ越ししようと考えている人にとって、壁紙クロスの汚れ原因で大きく礼金から差っ引かれてしまうと心配されている方がたくさん...

 
 

住宅というものは、基本的に揺れや歪みが少なからず生じるものなので、浮きが生じるということは考えられなくもないですが、しかし石膏ボードなどの下地の処理が甘いと隅からの浮きではなく壁紙クロスは不自然な浮きを生じることがあります。数年もしくは十年以上経過した壁紙クロスは次第に劣化したりしてのりがはがれて隅の方から浮いてくるような場面を目にすることがありますが、そういった時には、そろそろ壁紙クロスを張り替...

 
 

壁全体の壁紙クロスを張り替えようと思うと、初心者にとって作業がとてもつらいものになってしまいますから、部分的に壁紙クロスを張替えるということも考えなくてはなりません。アクセントクロスという施工方法もあり、デザイン的にも作業的にも良い方法ではないでしょうか。DIYという言葉がホームセンターなどに訪れると記載されているのを見かけますが、特に壁紙クロスの販売されているコーナーにいってみますと、自分で壁紙...

 
 

多くの色柄のサンプルをのせている壁紙クロスのカタログですが、案外偏っていたりします。サンプルだけから選ぶのではなく、最悪壁紙クロスの施工は他の業者をあたるくらいのこだわりが、おしゃれでモダンな部屋をつくるためのポイントになります。新築中、屋根や外壁、そしてキッチンなどをやっとこさの思いで選びきり最終的に内装の壁紙クロスを選ぶ段階にいよいよ到達した時、多くの人は迷いの森の入口にたってしまいます。それ...

 
 

壁紙クロスの補修材としてもっとも初期的な対応は、消しゴムによる汚れ落としとなるわけですが、消しゴムは文房具として販売されているものもありますが、それ以外には壁紙クロスの汚れを消すためだけの補修材として販売されています。ホームセンターを訪れますと実にさまざまなクロスの補修材が販売されていることに気づくのですが、クロスの補修においてもっとも料金がかかってしまうのは、業者に頼んで壁紙クロスを張り替えても...

 
 

壁紙クロスはたとえ数年という短い期間で寿命がきたとしても、その数年、お部屋のイメージを左右する大切なインテリアとして重要な役目を果たしてくれますが、断熱性や撥水性、そして防音性などを備えた壁紙クロスも販売されていますから機能面でも注目していくべきでしょう。壁紙クロスをチョイスするということは、注文住宅を建築するうえで大切な選択肢の一つであるのですが、この色柄選びはお部屋の雰囲気を左右する大きなイン...

 
 

壁紙クロスにもさまざまな機能性を具えた付加価値の高いものが販売されるようになりました。たとえば断熱性能や防臭機能、他にも防音性能などですが、なかでも防水性能は非常に重宝されていてキッチンや洗面所、トイレなど水濡れが余儀なくされる場所にはのちのちのカビも抑えることができるために人気を博しています。住宅の大切なイメージをになう壁紙クロスですが、単に色柄ではなく機能面でも期待されるところが多々あります。...

 
 

壁紙クロスの北欧式の張り方は、アクセントクロスとして一部の壁紙クロスの色柄を思い切って、壁紙クロスの一部にアクセントを加えることで、空間に広がりを持たせたり、インテリアデザインにアクセントを付けたりする手法が人気を集めています。最近ではIKEAをはじめとした北欧家具が大変に注目を浴びていて、旅館によってはIKEAの家具でそろえた北欧の住宅の一室を借りたようなそんな雰囲気で旅館の宿泊をあじわうことが...

 
 

もっともシンプルな壁紙クロスは無地であるということですが、その壁紙クロスの色だけが、お部屋の雰囲気を表す唯一の手段となります。無地はシンプル且つ大人の雰囲気をお部屋にかもしだすことが可能ですが、反面良くも悪くも壁紙クロスの質感を的確に表してしまいます。壁紙クロスによってお部屋のイメージは大きく変わりますが、テレビで映画やドラマを見ているといろんなおしゃれなお部屋が演出されていて、こんなお部屋に住ん...

 
 

小さなお子様は、突然に突拍子もないことをしでかすもいのですから、お留守番を頼んで出かけてかえってくると壁紙クロスが落書きだらけなんてこともありえます。子どもを叱りつけて落書きを消すことも大切ですが、しかし落書きできるところをつくってあげることも必要です。家族とともにマイホームならいいですが、賃貸住宅で小さなお子様と暮す場合、お子様が壁紙クロスの落書きをしてしまうことがありますが、そういった場合、落...

 
 

疲れた目の保養や心理的な癒しの対象とされる緑の山々に代表されるような、癒しの効果が期待される緑色ですが、壁紙クロスにその緑を取り入れると、日常的に疲れた心を癒してくれるのではないでしょうか。現代の人々は慢性的に疲れていると言われていますが、癒しの手段を知らないからかもしれません。緑には一般的に癒しの効果があると考えられていて、例えば山にある緑を眺めるために、多くの人は観光で山に登ったりしますが、そ...

 
 

壁紙クロスはもともと洋風なテイストが大きく和室とのコーディネートは色柄や質感に注意しないと、違和感を生じてしまいます。しかし和柄の壁紙クロスもたくさん網羅されるようになってきて、選択肢はひと昔前と比べて格段に大きくなってきたのではないでしょうか。和室となると、壁紙クロスというよりは、どちらかといいますと砂壁や繊維壁というイメージが大きいのですが、砂壁や繊維壁を嫌う人も多く、和室にあった壁紙クロスを...

 
 

壁紙クロスを単にお部屋のイメージを表現するためのインテリアとしてとらえるだけではなく、れっきとした建材の一部だということを知っておかなくてはなりません。例えば断熱性や、撥水性などの機能が付いているだけで利便性は大きく変わってきます。数年に一度取り換えるだけでいいとは聞きますが、数年なんて気がつけばあっというまに過ぎ去っていきますから、できるだけ壁紙クロスをはじめとした住宅の設備の寿命は長ければ長い...

 
 

ペイズリーの柄との起源は、アラブ系の柄でどちらかといいますと、アラビアの民族衣装にぴったりくるような柄ですが、壁紙クロスやカーテンなどの柄としてインテリアとしても、人気があるのですが、その柄の大きさによってもずいぶんと印象がかわってきます。ペイズリー柄のカーテンを見かけたことがありますが、それが壁紙クロスであってもおしゃれではありますが、この柄の生まれた起源はペルシアといわれていてペルシア絨毯の柄...