狭小住宅 冷蔵庫

MENU

狭小住宅で、冷蔵庫を選ぶ際に気をつけたいこと

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

数年に一度買い替えを余儀なく家電製品ですが、とくに冷蔵庫や洗濯機が痛み出した時、迫り来る買い替えの恐怖にサラリーマンはもう少しもってくれと願ってやまないのです。

 

消費税のアップや年に一度訪れる車検、そして車の保険に固定資産税などなど、サラリーマンの家庭はさまざまな出費の波に難破しそうになってしまうのは、おそらくどこの家庭も同じだと願ってやみません。

 

さて数年に一度、いや最近の家電は特に寿命が短くなってきている感があるのですが、なかでも冷蔵庫は今や無くてはならない必需品になっています。

 

特にスーパーなどの特売日には、できるだけやすい物を買い置きしておきたい各家庭の台所事情ですが、冷蔵庫は意外にキャパシティーがありません。

 

また大きな冷蔵庫は狭小住宅の住空間を圧迫してしまうのですが、しかし残念ながら冷蔵庫は大きい方が電気代も効率を考慮すると安あがりであるようです。

 

例えば家電量販店をざっと見渡してもっとも大きな冷蔵庫があるとするとその電気代はおよそ年間で4000円から5000円

 

この金額は単身用小型冷蔵庫のおよそ半分程度しかないいようです。

 

ほとんどの狭小住宅の家庭では、小さな住まいをできるだけ背伸びしておしゃれに見せようと部屋の中は、スタイリッシュにまたはかわいくインテリアにこだわっている場合が多いようです。

 

その中にあっては、家電製品も単なる機能性だけではなく、スタイリッシュでおしゃれで、そしてお部屋の雰囲気にあったものを選びたいと考えているものです。

狭小住宅の冷蔵庫はいったいどれくらい長持ちするのでしょう?

生活にもはや家電製品は切ってもきれないもので、無人島で暮らす以外は家電製品が生活を支えてくれています。そんな家電製品は狭小住宅に住む人々にとってとても高価な買い物になりますから、例えば冷蔵庫の寿命などはとても気になるところではないでしょうか。

 

 

家電製品のなかの特に高額な冷蔵庫、掃除機そしてテレビに洗濯機など、突然壊れると家計に大きく影響しかねない製品は、ついついあとどれくらい長持ちするのか心配になってしまいます。

 

できれば寿命を教えて欲しいくらいなのですが、結果的にみると当たり外れがあって、そんなに大切に扱っていないのに10年以上長持ちしたり、大切にしていても5年ももたない場合だってありますから難しいものです。

 

 

一説には、住宅に住む住人の心が大きく乱れていると、精密機器は壊れやすいなんて話を耳にしたことがありますが、定かではありません。

 

狭小住宅に住むにあたって、まず必要なのは、冷蔵庫に洗濯機かもしれませんが、ひとによってはテレビを上げる方もおられるようです。

 

 

さてそんな狭小住宅において冷蔵庫を10年近く使用されておられる方もおられると思いますが、何年たとうと冷蔵庫を購入するときの出費は、家計にとって痛手ですが、最近の冷蔵庫は10年前のものと比べて比較にならないほどに、電気代が安くなっていますから、買い替えもコストでみるとそんなに悪くはありません。

 

冷蔵庫はコンプレッサーが命になりますが、このコンプレッサーは10年以上持つような構造にはなっているようですが、洗濯機もそうですが意外に早く痛むのはゴムパッキンのほうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。