狭小住宅 和室

MENU

狭小住宅のための和室との付き合い方

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

和室にいるとなんだか落ち着くという方は多いように思いますが、最近では外国人のかたも和室を好む方がふえてきているようです。

 

一方で畳職人の減少や、イグサが少なくなってきたとか、フスマが木製のものから樹脂製のものが氾濫してきているなど、さびしいニュースが増えてきています。

 

狭小住宅と言いますと、とにかくお部屋が狭いといった感覚ですが、土地が狭い為に縦長の住宅が増えています。

 

部屋数が少なくなりますので、インテリアや家具は統一を持たせたほうがバランスがとりやすいという話を耳にしますから、

 

せめて洋室なら洋室、そして和室なら和室と決めてかかったほうが、かえってあれやこれや詰め込むよりもいいでしょう。

 

和室のメリットはその多様性

和室は寝室にもなるし客室にもなり、お茶の間にもなるし仏間にもなりますから実に多彩です。

 

この多様性は案外狭小住宅にマッチしているのではないでしょうか。

 

畳のもつ香りやクッション性が人に安心感を与えますし、小さな子供も安心して遊ばせることができます。

 

しかし北欧家具が注目をあびている現在、和室に合わす家具のバラエティーが少なすぎて、選択の幅が少ないのはちょっと不便さを感じてしまいます。

 

洋室にみるようなインテリアのコーディネートの楽しみが、和室にはあまり魅力を感じないのはその為ではないでしょうか。

 

なかでも女性は多くの場合かわいらしいインテリアを好みます。

 

そんな和室にあったインテリアや家具のバラエティがもっと販売されてきたら和室への関心が広がりをみせるのではないでしょうか。

狭小住宅に和室を設ける理由

和室の空間は襖や障子といった建具によっておおわれているわけですが、木製のドアや壁紙で囲まれた洋室に比べて、柔らく感じ、障子は目線を遮るとともに外の明るい光を淡く取り入れてくれてくれるところは和室ならではの良さなのかもしれなく、そんな癒しをもとめて和室を狭小住宅にとりいれるのではないでしょうか。

 

 

和室は日本特有の伝統的な部屋であり、基本的には畳とよばれる植物を素材とした、柔らかい床をその大きな特徴としていますが、そんな伝統的な和室のスタイルも時代とともに変化しているような気がします。

 

立派な住宅の和室や、旅館の和室には床の間という壺や掛け軸のかっかたようなこれまた日本独特の雰囲気があるスペースがあるのですが、ないところにはないですし、狭小住宅と呼ばれる狭い空間をより効果的に活用するような住宅には、多くの場合床の間はないのではないでしょうか。

 

 

和室の空間は通常襖や障子と呼ばれている建具で、囲まれているわけですが、木製などのドアや壁紙クロスで囲まれた部屋と比較すると、幾分か柔らかい雰囲気がただよっていまし、特に障子は目線を遮ってくれるとともに外の明るい光を淡く取り入れてくれてくれるところはなんとも心憎い和室ならではの良さなのかもしれなく多くの人はその癒しをもとめて和室を狭小住宅にとりいれるのではないでしょうか。

 

 

和室は洋室と比べると比較的に目的を限定せず多目的に使用できるところが非常に便利と思えるところです。

 

例えば洋室で台所やダイニングと言われると、まさか布団を引いて寝るわけにはいかないですが、しかし畳の部屋である和室は、食事に寝室に、客室に書斎になどどれをとってもたいして違和感なくこなすことができますし、ベットをおいたところで別に問題ないところが和室の良さなのかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。