狭小住宅 ソファー

MENU

狭小住宅にソファーを置く際の注意点

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

大きな家を建てることが困難であるから狭小住宅に住むのでしょう。

 

狭小住宅に住むと取捨選択がシビアです。

 

狭い空間にあれもこれもほりこむことはできないし、予算も限られています。

 

ですから空間を大切にしつつ、インテリアで楽しむのがもっとも大切なことなのかもしれません。

 

中でもソファーは金額がはるものからそうでないものまさにピンキリです。

 

どうせ楽しむならばいいものを購入したいと考えるのは多くの人が望むところではないでしょうか。

 

3シーターのそれなりのソファーを設置するならば、およそ幅2メートルくらいのスペースが必要ですし、ソファーベットとなるともっとひろいスペースが必要になるかもしれません。

 

ソファーベットは可動域がありますので、スペースに余裕が必要なのです。

 

ちょっとまえにはナチュラルな雰囲気のソファーが好まれていたのですが、いまはナチュラルモダンです。

 

特に北欧のデザインが好まれているように思います。

 

また狭小住宅のソファーを選ぶうえで意外に気になるのはソファーの脚です。

 

ソファーそのものは気に入っても脚が気に入らないケースは案外多いように思います。

 

また狭小住宅にソファーを設置するうえで少し気をつけるポイントは、どうしても狭いから壁面にソファーをぴったりくっつけてしまいがちだということです。

 

壁面にスペースをわずかに設けるだけで、風の流れや空間のゆとりを感じることができます。

狭小住宅にあうソファーをどう選ぶのか?

住宅のインテリアとして、代名詞的な存在がソファーではないでしょうか。しかし狭小住宅の小さな階段などでは大きなソファーは搬入困難であったりもしますから、一人掛け二人掛け、オットマン、コーナーソファーなどを上手に組み合わせて、インテリアをアレンジすると好みのインテリアにすることができます。

 

 

ソファーといいますと、インテリアを考えるうえで重要なポジションにあたるわけですが、2シート3シートなどデザイン色柄などを考えると目がまわってしまうほどにバリエーションが豊富です。

 

狭小住宅においてソファーを購入するときには、2シート3シートなどの大きさの種類も選択基準になるわけですが、一つ忘れてはならないのは、狭い階段に、大きなソファーが搬入できるのかという疑問です。

 

 

そこで狭小住宅の住まいへの搬入も考えて一人掛けソファー、二人掛けソファーなどを上手に組み合わせて設置することで希望のサイズにアレンジしていくという方法もあります。

 

 

ソファーの組み合わせは、狭い狭小住宅には必須条件となるのではないでしょうか。

 

一人掛け、二人掛けの組み合わせの他にも、オットマンやコーナーソファーなどをパズルのように組み合わせたり、また色バリエーションを上手にアレンジしたりなどの手法も可能です。

 

またソファーだけにこだわずとも、カバーを変えるだけで、雰囲気を変えることが可能ですので、通販などで探してみたり、または手芸店で気に入った生地を購入して自分で自作してみると、また思い入れも変わってきますし、洗濯できるメリットや汚れ止め、手軽にイメージチェンジできるなどメリットはたくさんあります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。