狭小住宅 ダイニングテーブル

MENU

狭小住宅のダイニングテーブルの存在と偉大さとは?

現在住んでいる住宅を売りさばいて狭小住宅を建てて引っ越そうと試みた場合、工期等のずれがありますと、住む場所がなくなってしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

 

さて狭小住宅ができあがって、まず最初に欲しいインテリアはダイニングテーブルではないでしょうか。

 

テーブルのあるなしではリラックスの度合いが全く違うように思います。

 

しかし、あせってダイニングテーブルを購入すると失敗します。

 

大きさや高さ、そして形状までしっかりと選んで購入しないとテーブルはなかなか壊れませんからしたがって次の買い替えはない可能性だってありえるのです。

 

また狭小住宅のお部屋のトータルコーディネートの中心的な役割をになってしまうのがダイニングテーブルの存在です。

 

よくもわるくもお部屋の雰囲気を左右してしまうのです。

 

狭小住宅に関わらず、最近の住宅設計においてダイニングキッチン中心に設計がなされるケースが増えてきています。

 

キッチンでの毎日の家族団らんや食事が、生活に大きく影響するからではないでしょうか。

 

その中でダイニングキッチンのさらに中心的な存在となるダイニングテーブルは、家族を繋ぐ絆となるのかもしれません。

 

家具専門店に訪れると、テーブルトップと脚がそれぞれ別にコーディネートできるような販売方法が増えてきています。

 

ですから希望の形状のダイニングテーブルが手に入りやすくなってきていることは確かです。

 

キッチンのタイプや形状にもぴったりくるものがおすすめですので、しっかりと検討したいものです。

狭小住宅のダイニングテーブルの選び方とは?

狭小住宅ですとついつい小さくておしゃれでスタイリッシュンなダイニングテーブルを選んでしまいがちですが、家族が座って窮屈ですとあまり意味がありません。せめて家族がよったりとくつろげる最低限の大きさが必要です。その為には、一人当たりの必要スペース横60×縦40センチ以上のスペースが最低限必要なスペースとされています。

 

 

狭小住宅におけるダイニングテーブルは、家族の生活において毎日の欠かすことのできない食事を、もっとも美味しく食すための大切なアイテムですから、ファッション性やスタイルなど、見た目だけのイメージだけで決定してしまうと大切な機能性がすっぽりと抜け落ちてしまうのです。

 

したがって家具を販売しているお店に出かける前に、ダイニングのテーブルを置くと想定される箇所の採寸と、お店に出かける時は、しっかりとメジャーとメモ帳を握りしめて出かけなければなりません。

 

 

またお子さんがまだ小さい自分はついつい小さなダイニングテーブルを選んでしまいがちですが、高校生くらいになると、たとえ女の子であっても大人顔負けの存在感たっぷりの大きな体になっていきますから、大きく成長しても窮屈でないくらいの大きさが必要です。

 

 

では、狭小住宅のダイニングにおいてダイニングテーブルを選ぶ選定基準の大きさはいったいどれくらい必要なのでしょうか。

 

狭くても幅60センチ、そして奥行きは40センチ程度は最低限必要ですが、これはあくまで最低限と呼ばれる大きさで、できれば両親を招いた時でも全員が座れるような大きさがあれば、ベストではないでしょうか。

 

しかしなにぶん狭小住宅は狭いと相場が決まっていますから、座るまでの通路も確保しなくてはなりませんから、もっともベストな大きさは各家庭によって変わってきます。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。