狭小住宅 ハウスメーカー

MENU

失敗したくないから読む!ハウスメーカー選びのコツ

失敗しない!ハウスメーカー選びのコツ

 

気に入った土地に家を建てたいとなったとき、土地の広さから見て「狭小住宅になってしまうかもしれない」と自分でも感じることが出来ることでしょう。

 

そんな時は専門家に相談するのが一番です。

 

その専門家は、2つの方法で探しましょう。

 

1つ目は、ネットです。

ハウスメーカーや工務店を紹介しているサイトがあります。

 

狭小住宅を建てる予定地の近くを検索すると必ず出てきます。

 

何軒かヒットしますから、土地勘の強そうなところにお願いすると建築に関するさまざまな知識を教えてくれますし、それ以上の知識を話してくれます。

 

2つ目は、タウンページを利用することです。

どこの家庭にもあることでしょう。

 

今住んでいる場所から県をまたぐなどして、離れたところに建てる予定がある人は、NTTから送ってもらうのでもいいでしょう。

 

大手のハウスメーカーの支店だけでなく、土地勘のある工務店が載っていることは確かです。

 

狭小住宅を建てる場合、土地によってさまざまな事情があります。

 

自分が望んでいるような家が建てられない状況などがあるかもしれません。

 

そのために土地勘があり、その辺の状況を知っているハウスメーカーや工務店でなくてはならないのです。

 

それがなければ、どこに頼んでも同じです。

 

ハウスメーカーや工務店は、全国どこの地域にも必ずあります。

狭小住宅を建てようと考えている地域のところにお願いするのが一番です。

 

そうしないとすべてにおいて二度手間になってしまう可能性が大きくなります。

 

探すときは、情報をネットかタウンページで探しましょう。

 

家を建てる時にまず考えるのは建築をどこに頼むか、大手のハウスメーカーにするのが良いか、近所の工務店にお願いするのが良いか。

 

コレは本当に悩みどころです。

 

同僚など経験者にどこを選んだか、その判断基準は何かなどの話を聞いて参考にしようと考えています。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

狭小住宅を建てる!ハウスメーカーはどう探せばいいの?記事一覧

 

狭小住宅を建てることになったら、絶対的に必要なのが収納スペースです。是が非でもこれがなくてはいけません。狭い家を広く使うためには、必須アイテムとなるのもだからです。クローゼットや納戸のようなものではなく、もう少し広いスペースが必要となります。家を建ててしまってから、収納スペースが少ないことに気づいても遅いです。手持ち荷物を大幅に減らしたとしても、子供や二世帯にする場合は追いつきません。その前の段階...

 
 

家を建てる場合、窓の位置によって光の入り具合や風の通り方がまるで違ってきます。住む人にとってこの部分は、とても重要なポイントになってきます。特に狭小住宅は、光の取り入れ方が広さを視覚的に広げてくれますので、決め手となる部分と言ってもいいでしょう。さまざまなハウスメーカーや工務店が、狭小住宅を建てていますが光の取り入れ方は、三井ホームがかなりいい線をいっています。明るさを最大限に活かす設計が!窓の高...

 
 

15坪以下の家を「狭小住宅」と言いますが、無印良品はこのような建て方をエコであると考えています。建築に使う木材などの材料が少なくて済みます。それに住んでからも光熱費などを抑えることが出来るからです。使う資材が少ないということは、廃棄する資材も減るということです。無印良品では、一室空間という建て方をしています。もとは1つの部屋なのですが、必要に応じて部屋をわけることができるというものです。この建て方...

 
 

大和ハウスで開発された「外張り断熱通気外壁工法」は、2階建てでもかなり丈夫な狭小住宅を建てることが出来るようになっています。大きな建築物を得意としてきた大和ハウスですが、ここ数年の間に、都市型住宅の強化を図って、更にいい物が出来るようになりました。外張り断熱通気外壁工法は、温熱環境が良く耐震性にも優れています。しかも建て方に工夫がされているので、収納スペースを造ることができるので、部屋に余計な物を...

 
 

関西地域のハウスメーカーであるゼロホームは、長期優良住宅を建てられるハウスメーカーとして知られています。狭小住宅をはじめとする注文住宅は、100年持つと言われているなど他ではちょっと聞かないようなメリット部分が多いです。一番の特長である、ゼロホームの100年住宅の理由は、宮崎県の国産材を使用して木造住宅を正しく建てていることにあります。元がいいので品質がしっかりしていることだけでなく、定期的な管理...

 
 

狭小住宅を専門に建てるプラン「ピッコロハウス」を提案しているのは、バウハウスというハウスメーカーです。都心部には狭小地や変形地がたくさんあり、「本当に住まいを建てることが出来るのか?」と疑ってしまいたくなるような土地があります。そのような土地を持っている人には助けのような会社です。バウハウスでは、一級建築士が最初から携わってくれます。狭小住宅に絶対的に必要な耐震性を考慮した設計を行ってくれます。い...

 
 

狭小住宅を手がける際に、気をつけなくてはいけない点や、建て方の決まり事などがしっかりと定まっています。狭小であるが故のものもあるでしょう。どこのハウスメーカーや工務店でもそのことはわかっていて建てているのですから当然、基準点はクリアしていることでしょう。それだけでは満足しない家主もいます。一条工務店では、独自のこだわりがあるため、多くの人に指示されているのです。この会社では「基本性能がいいこと」を...

 
 

東京に事務所を構えている渡辺ハウジングは、建てた後の住み心地の良さと住んでいる人を守るということまでしっかりと目が行き届く会社です。設計の段階では、住み心地の良さの部分は想像でしか感じることが出来ない部分です。それを視野に入れ、温熱や外断熱を使用して建物内の蓄熱を逃さないようにするのです。普通サイズの家であれば、これらを利用する家は多いでしょう。渡辺ハウジングでは、狭小住宅だからこそ、利用するよう...

 
 

大手のハウスメーカーでは、それぞれ特色の強いプランを出しています。その中でも、若い世代に優しいタマホームの狭小住宅プランは、いろいろな面で安心ができると言っていいものです。家を持つのに一番安心したいところは、費用の面です。タマホームでは、年収や費用の相談など、資金面に関する提案を出してくれます。それだけでなく、相談事にも対応してくれます。その一つが、都会に住みたいが大きな家は持てないという人のため...

 
 

狭小住宅を建てる場合の重要な点は、狭い土地にいかにして住み心地のいい家を建てるかです。暮らしやすく、使い勝手がいいことが求められます。狭さを感じさせない空間づくりも大切なポイントです。パナホームの家づくりは、さまざまな視点から見た、暮らしやすさを追求しています。安心や安全は、どんな家であっても必要不可欠なものですが、エコに関しては、今の世の中安全と同じくらい重要になってきています。太陽光発電システ...

 
 

狭小住宅の弱みである点を強みに変えて家を建てるという素晴らしい発想が、ヘーベルハウスにはできます。家を建てるときに見るのは、坪数という平面です。しかし、少ない坪数の空間部分を見てイメージを広げることができるのは、「さすが!」と思ってしまいます。日当たりを良くするための工夫が凄い!狭小住宅を建てるなら、空間を思い切り活かして日当たりや広さを感じさせる家にしたいものです。そこでヘーベルハウスが考えたの...

 
 

自分の好きなようにカスタマイズをして、「住むこと」を楽しめるのが家造りです。しかし、狭小住宅の場合は、元々の土地が狭いために普通の住宅のようにうまくいかない部分も出てきます。これをどのように解決するかによって、自分の城が最高のものになるかが決まります。住宅には、内装材・外装材・水回りなど標準品と呼ばれるものがあります。家を建てる上で、必ずいるものです。例えば、壁紙や玄関などのドア類、キッチンやユニ...

 
 

大手の住宅メーカーである積水ハウスでは、さまざまなセミナーやイベントを各地域で開催しています。これを利用しない手はありません。自分の理想の城を建てるためには、イメージを膨らます必要があるからです。例えそれが、狭小住宅だとしても大事なことになります。納得のいくものがほしいのであれば、内装や外壁などだけではなく、造りにこだわりましょう。また、住み始めてからのことを考えることで、必要になってくる収納や、...