ヘーベルハウス 増築 費用

MENU

どんな地震もへっちゃら!ヘーベルハウスで増築も安心?

強い耐震性を備えているということは、さぞやお値段も高いだろう…。

 

その予想通り、ヘーベルハウスは他の住宅メーカーに比べても坪単価が高いことで知られています。

 

ヘーベルハウスは地震に強い!

増築や改築などの、いわゆる「リフォーム」の場合、その工事内容によって費用はピンキリ。

 

ですから、単純に「増築の費用相場は○万円」と紹介することはできません。

 

目安になるのは、新築の坪単価でしょうね。

 

ヘーベルハウスの場合、坪単価は65万円~70万円で、他社に比べてもお高い!

 

いわゆる「高級住宅」に分類される金額です。

 

しかしながら、それだけのお金を支払う価値はあります。

 

ヘーベルハウスは、旭化成独自の技術で作った素材と構造(軽量気泡コンクリート+鉄筋)を使っているため、とにかく地震に強い!

 

長持ちするので、「ロングライフ住宅」とも呼ばれているのです。

 

リフォームメニューがわかりやすくて良心的

ヘーベルハウスの新築・増築費用は高い!

 

しかし、50年先まで考えて家を建てたりリフォームしたりするのであれば、やっぱり耐震性の高いヘーベルが安心です。

 

しかもヘーベルハウスでは、新築時に「邸別ハウスカルテ」というものを作成して、一邸ごとにベストなリフォームプランを提案してくれます。

 

「こんな増築、いくらなんでも無茶かな?」

 

「この間取り変更は強引?」

 

と思うプランについても、そのカルテを元にして適切に診断→構造安全性の面で最も適したリフォームをプランニングしてくれるのです。

 

ちなみに、公式HPの「リフォームメニューのご紹介」のコーナーには、増築を計画する上で参考になりそうな情報が満載!

 

ぜひご参照ください。

 

費用は高め!アフターサービスに定評あり。

高い費用を支払っているのに、メンテナンスも保証体制もずさんだった…。

 

新築や増築で、そんな憤りを感じた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

その点、ヘーベルハウスのアフターサービスは満足度が高い

 

特に、営業マンの方の教育に関しては定評がありますね。

 

増築について、だいたいの予算とコンセプトを伝えただけで、非常に的確なプランを提示してくれたという声も多数。

 

さらに、「他社の悪口を言わない」という点も好感度高し!

 

いくら実力があっても、他社の足を引っ張るような会社はたかが知れていますからね。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

住友林業のリフォーム
私の母は現在一人暮らしをしていますが、80歳を越えてそろそろ一人暮らしは無理かなと、近々同居しようと思っています。そのために母の部屋を作る予定なのですが、家を建てた時の住友林業さんにお願いするか、別の業者さんにするか今検討中です。
ダイワハウスのリフォーム
我が家はダイワハウスで家を建てました。来年息子が結婚して同居するというのでリフォームを考えています。その工事をどこに頼むか迷っています。息子達の意見も取り入れて、ダイワハウスも含めていくつかの業者さんに見積もりをお願いするつもりです。
パナホームのリフォーム
築数十年経つと家族構成も変わりますし、暮らし方も変わりリフォームを考えるようになると思います。その時家を建てた時の業者に頼むか別の所にするか、結構悩みどころですよね。パナホームのリフォームは耐震と制震を組み合わせた耐震システムが魅力的なのですが、予算との関係が微妙な所です。
ミサワホームのリフォーム
先日友人がリフォームしたと言うことでランチに招いていくれました。それほど大がかりなリフォームではなかったのですが、雰囲気が全く変わってステキになりました。ちょうど我が家も少し手狭に感じていたので思い切って新築した時のミサワホームさんに相談してみることにしました。
積水ハウスでリフォーム
家をリフォームする場合は現在の家がどのような工法で建てられているかというのも問題になることがあるようです。積水ハウスでも軽量鉄骨構法と重量鉄骨構法、木造住宅などがあるようです。それぞれに特徴があってそれがリフォームにどのように影響するのか詳しく聞いてから考える方が良いようですね。
セキスイハイムのリフォーム
良く積水ハウスとセキスイハイムを同じと思っていらっしゃるがいますが、元は同じでも別会社です。セキスイハイムはプレハブ住宅で早い工法を得意としている会社です。リフォームの場合も同じセキスイハイムでお願いするのが間違いないと思われます。
大和ハウスのリフォーム
5年前に大和ハウスで建てた家ですが、隣に住んでいた両親が亡くなり、築35年の家は取り壊しました。そこで今まで二人一緒だった子供部屋を別々に作ってやろうと思います。予算と町内のお付き合いの関係もあり、大和ハウスではなく近所の工務店さんにお願いすることになりました。