増築 ダイワハウス

MENU

賛否両論!?ダイワハウスのリフォーム、真相はいかに?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

一戸建てからマンションまで、幅広い分野でその名をとどろかせているダイワハウス。

 

インパクトのあるCMでもおなじみですよね(笑)。

 

リフォームの“質”はどうなのでしょう?

 

生まれ変わった!ダイワハウスのリフォーム

ダイワハウスの中で、増築などのリフォーム関係を担当していたのは「リフォーム事業部」。

 

ですが、2013年4月からは、グループ会社である「ダイワハウス・リニュー株式会社」と統合されたのだとか。

 

新たに、「ダイワハウスリフォーム株式会社」としてスタートを切ったことで話題を集めました。

 

それだけリフォーム分野に注力するということは、市場のニーズも高まっているということなのでしょうね。

 

「ハートワンリフォーム」をコンセプトに掲げ、今後はリフォーム工事のみならず点検や診断にも力を入れていくのだとか。

 

来るべき都市型直下地震に備えて、耐震性UPのリフォームをする顧客を見込んでの動きとも読めます。

 

オンライン相談窓口を利用してみよう

生まれ変わった「ダイワハウスリフォーム㈱」の公式HPをのぞいてみましょう。

 

「オンライン相談窓口」という気の利いたコーナーが設けられています。

 

増築に関して、あれやこれやと不安に感じていることも、なかなかプロに相談する機会はないものですが、この窓口を利用すれば聞きにくい内容も気軽に質問できます。

 

所定のフォーマットに必要事項を入力して送信するだけなので、空いた時間にパパッと送信できるのが良いですね。

 

電話したりわざわざ支店に出向いたりする手間ナシ!

 

ダイワハウス、評判は?

ただ、ダイワハウスの増築に関しては、あまり良くない口コミも多いです…。

 

施工トラブルも多いようで、「とにかくお金さえもらえればなんでもする」という印象を持ったという方も多いよう。

 

しかも、肝心の設計についても、「床がきしむ」「部屋が歪んでいる」「窓の収まりが悪い」…等々、酷評している方も少なくありません。

 

あくまでも「ウワサ」ですし、担当する営業の方によって対応も違いますから一概に「ダイワハウスはダメ」とは言えませんが、そういった悪い評判もあるということは頭のどこかに置いておいたほうが良いでしょう。

 

「大手だから安心」と過信するのは危険だということです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

住友林業のリフォーム
私の母は現在一人暮らしをしていますが、80歳を越えてそろそろ一人暮らしは無理かなと、近々同居しようと思っています。そのために母の部屋を作る予定なのですが、家を建てた時の住友林業さんにお願いするか、別の業者さんにするか今検討中です。
パナホームのリフォーム
築数十年経つと家族構成も変わりますし、暮らし方も変わりリフォームを考えるようになると思います。その時家を建てた時の業者に頼むか別の所にするか、結構悩みどころですよね。パナホームのリフォームは耐震と制震を組み合わせた耐震システムが魅力的なのですが、予算との関係が微妙な所です。
ヘーベルハウスのリフォーム
我が家のお隣さんはヘーベルハウスなのですが、近々外壁の塗り替えとリフォームをされるとかでご挨拶にいらっしゃいました。確かに我が家と同じくらいに建てられて、うちは既にメンテが終わっていたのでそろそろかなと言う状況でした。お子さんも大きくなられて少し手狭に感じられたのかも知れませんね。
ミサワホームのリフォーム
先日友人がリフォームしたと言うことでランチに招いていくれました。それほど大がかりなリフォームではなかったのですが、雰囲気が全く変わってステキになりました。ちょうど我が家も少し手狭に感じていたので思い切って新築した時のミサワホームさんに相談してみることにしました。
積水ハウスでリフォーム
家をリフォームする場合は現在の家がどのような工法で建てられているかというのも問題になることがあるようです。積水ハウスでも軽量鉄骨構法と重量鉄骨構法、木造住宅などがあるようです。それぞれに特徴があってそれがリフォームにどのように影響するのか詳しく聞いてから考える方が良いようですね。
セキスイハイムのリフォーム
良く積水ハウスとセキスイハイムを同じと思っていらっしゃるがいますが、元は同じでも別会社です。セキスイハイムはプレハブ住宅で早い工法を得意としている会社です。リフォームの場合も同じセキスイハイムでお願いするのが間違いないと思われます。
大和ハウスのリフォーム
5年前に大和ハウスで建てた家ですが、隣に住んでいた両親が亡くなり、築35年の家は取り壊しました。そこで今まで二人一緒だった子供部屋を別々に作ってやろうと思います。予算と町内のお付き合いの関係もあり、大和ハウスではなく近所の工務店さんにお願いすることになりました。