増築 雨漏り

MENU

えっ!増築リフォーム部分から雨漏りが…

雨漏り

明らかに増築した部分が原因で雨漏りしている場合、ほとんどの方はリフォーム業者にクレームを入れるでしょう。

 

しかし、快く対応してもらえるかと言えば大間違い!こんなトラブルにご注意。

 

リフォーム業者が、まさかの“無視”!?

2階部分の増築でよくあるのが、「増築した部分から雨漏りしている」というケース。

 

この場合、普通は、「リフォーム業者に依頼すれば当然、責任を持って修理してもらえる」と思いますよね!?

 

しかし中には、「リフォーム前から雨漏りしていたのでは?」と難癖をつけて補修に対応してくれないところもあるのだとか。

 

この場合は、その雨漏りが本当に増築工事の範囲内なのかどうかを写真や図面で証明する必要があります。

 

リフォーム工事をきっかけに、「それ以前にはなかった雨漏りが発生している」ということが明らかになれば、これは弁護士を立てても良いレベルです。

 

市町村で開催している法律家相談会などを利用して、弁護士に助言を求めましょう。

 

よくあるこんなケースにもご用心

よくあるのが、「増築して、2階にベランダを作ったら1階部分に雨漏りがするようになった」というトラブル。

 

この場合、「リフォーム業者が大丈夫だと言ったからお任せしたのに…。

 

それなら、当然、責任を取ってもらえるんだよね!?」と思われますよね?

 

しかし、これまた、業者が責任逃れをするケースも多いんです。

 

確かに、「ベランダを作って本当に雨漏りしないのか?」という状況判断に問題があったのはリフォーム業者の落ち度ですが、依頼主側の責任はゼロではありません。

 

できれば事前に、その家を新築したハウスメーカーに相談するのが最も安心・確実なリフォームの有り方。

 

そこをショートカットしてしまったのは、「依頼主の詰めの甘さだ」と指摘されても否定できないでしょう。

 

悪徳リフォーム業者に騙されないために…!

さらに、「雨漏り専門のリフォーム業者」と称して、手抜き工事で法外な料金を請求する業者もありますのでご注意を!

 

近年は、ネットでカンタンに見積もりが取れる業者も増えていますから、こういった悪徳業者にだまされるケースも増えているんです。

 

依頼する前に、

  • 「そのリフォーム工事で雨漏りが確実に止まるのかどうか」
  • 「雨漏りが止まった場合、その状態は何年くらいキープできるのか」
  • 「工事で雨漏りが再発した場合はどう対処してくれるのか」

をしっかり確認しておきましょう。

 

「増築の後の補修ですから、2~3年持てば良いほうでは」なんて言う業者がいたら、それは悪徳ですよ!!

 

必ず、複数業者から見積もりを取得して、工事内容を比較しましょう。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

ビルトインガレージ
憧れのビルトインガレージ。クルマ好きな私としては、ぜひ将来手にしたい家でもありますね。実際にどれぐらいの費用がかかるのか、また注意点はどうなのか、調べてみました。
防音室
私の趣味は音楽鑑賞です。スピーカーシステムも、一階と二階で違ったものを整えています。が、きになるのはお隣さんへの迷惑です。アパート住まいなので余計気になるところですが、一戸建てでも同じです。防音室、、、欲しいですね!
駐車場の上を有効活用
意外と盲点なのが、駐車場の上にあるスペース。普通の駐車場だったら、二階建ての車庫に改築するのも有りですね。ただ、下が空洞な分寒かったりしますので、そういった注意事項を踏まえた設計が大切ですね。
デメリット
増改築・リフォームでは、良い面しか見ていなかったことで、施工後に地獄が待っていた。。。なんてことも実際にあるんですよね。たとえばローンの返済や、税金問題。耐震性や安全性もそうだと思います。。。
出窓はオススメです。
私の家には出窓がありますが、やっぱり可愛いです。スタイルも良いし、窓際に何かアイテムを置いて楽しむことだってできます。普通の窓から出窓に買えるだけで、インテリアスタイルがUPします。
屋外階段は慎重に
二世帯住宅でもプライバシーを守るために役立つのが屋外階段です。内側からのつながりもあってもよいですが、玄関は2つあるのがよいでしょう。ある程度の距離感があることで、幸せな生活が送れるようになります。
ベランダ
ベランダにスペースがあると何かと便利です。天気の良い日に洗濯物を干せるのはもちろん、布団だって干せます。景色が良いところでしたら、ちょっとした椅子を持ちだして、バルコニー的に食事などを楽しんだりもしています。
屋上に快適空間を
意外と盲点となるのが屋上のスペースです。緑を配置したりすると気持ちの良い空間を演出することも可能です。さらには、花火があるときなども、プライベート空間として眺めたりできるので、楽しですよ☆
風水を取り入れる!
私は風水を取り入れたインテリアに注目しています。仕事部屋もそうですが、寝室、キッチンなど、気持よく住む意味でも、風水の考え方を取り入れることには賛成です。
お風呂のリフォーム
私の自宅は割りと広いお風呂なのですが、窓が無いので外の景色は見えません。リフォームするなら、やっぱり広くて景色の良いお風呂にしたいと思いますね。費用が高かったとしても…
住宅ローン
家を触るとなると、どうしても必要になってくるのがお金です。どうしてもリフォームしたいときに利用できるのが住宅ローンですが、制度を上手く利用することで控除を受けることができます。少しでも楽に返済できるように、最初からしっかりとした計画を立ておくことは当然ですが、利用できる制度は積極的に…
水まわり リフォーム
生活の中心と言っても過言ではない水回り。できれば綺麗にしておきたいものです。が、経年劣化などでどうしても汚れてしまうこともあるでしょう。そんんあときには…
住みながら増築する
工事の間、住むところをどうするか。。。一時的にアパートに住むのも良いですが気になるのが家賃などの費用です。そこで考えがちなのが、住みながらに工事をするということですが・・・
メリットを最大限、得るために
色々と考えてみると、増築にはメリットがあるのでしょうか。考えてしまいます。雨漏りの危険性もあったり、費用が高額になったり、税金が増えたり。。。部屋が広くなっても、家計を苦しめる種になってしまっては本末転倒です!
ゆったりできる和室
日本人なら一部屋は欲しい和室。フローリングもいいですが、やっぱり畳の部屋もいいものです。布団を敷いて寝るも良し、寝っ転がって昼寝するも良し。和室は沢山の可能性を秘めています。
ガレージを増やす
車が好きな私にとって、ガレージの存在は絶対です。雨ざらしなど考えることはできません。大切な愛車を守るために、車庫のある家に改築することは必須だと考えています。
外壁をさわる
家の見た目を大きく左右するのが外壁です。汚れているとどうしても安っぽく見えてしまいます。内装をリフォームすることも大切ですが、外壁の掃除や塗装も外せない工事の一つです。