増築 注意点

MENU

増築の注意点

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

注意点

増築における注意点や問題点はさまざまにあります。

 

まずは法令上の問題が少なからずでてくることはいなめません。

 

たとえば法令上の問題をクリア-したとしても、今度は構造上の問題があります。

 

もともと増築するという観点はほとんどないままに、戸建住宅は建築されています。

 

そのためにそこに新たな増築をすると当たりまえですが、家のバランスがどこかおかしくなってしまうのです。

 

いわゆる設計上の問題点に遭遇するわけです。

まず戸建住宅における増築という考え方において、一階部分の上に、2階の部屋を増築したり、駐車場の上に部屋を増築するパタ-ンもあるわけです。

 

ちなみに駐車場の上や一階の部屋の上に部屋を増築する場合には、しっかりとした構造計算をおこなって、地震への耐久性などには十分に安全対策を講じる必要性があります。

 

住宅の増築における主な注意点は、

例えば二階部分の増築を仮定した場合、一階部分の既存分は当然ながら施工の対象にはなりませんので、その部分に関しては通常の建築よりも安価になるはずだと思われますが、

 

全体を考慮した建物の設計とはことなりますのでどうしても天井が低くなったり、外観的に不恰好になったりなどのバランスが悪くなるというデメリットがあります。

 

構造的にも既存の住宅に比べて悪くなることは言うまでもありません。

 

その他、建築基準法に抵触する可能性があったり確認が必要であったりと手間がかかったり、許可がおりなかったりなどのさまざまな弊害が予想できます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

注意点を事前にチェック! 関連記事

 

クルマ好きな私としても非常に興味があるビルトインガレージですが、高価な車を買うと気になるのが盗難です。とくに幹線道路沿いのクルマやバイクはいたずらされやすい環境にあります。とおりすがりの暴走族がコインでクルマのボディに傷をつけたりさらにはバイクのシ-トを切り裂いたりと、幹線道路から奥まった住宅に住む人にはあまり関係ないことかもしれませんが、幹線道路沿いにすむとそういった洗礼をどうしてもうけてしまっ...

 
 

いくらあこがれの自分の基地である戸建住宅を手に入れたとしても、今の日本の住宅事情を考えるとご近所さんとは常に近い位置にあって気になるのは、生活するうえでの音や声が近所迷惑になってしまっているのではないかといった危惧がどうしてもぬぐえないことです。特に生活していると周りに気兼ねなく音楽を聴いたり、ピアノを奏でたり、または子どもが学校の宿題でリコ-ダ-を拭いたり、カラオケをしたりテレビを大きな音で聴い...

 
 

せっかくの戸建住宅を所有できるラッキ-な立場に立っている方でも、欲をいうともう少し居住スペ-スが欲しいと考えたことはないでしょうか。残念ながら自分の戸建住宅を持ちながらも、子どもが大きくなったり当初の予定よりもはるかに荷物が増えたり、さらにはもっとゆったりと暮していきたいために、さらにもう少し広い居住スペ-スを望む方は多いようです。ロ-ンにまみれた現代の戸建住宅所有者の居住スペ-スを確保するための...

 
 

家の間取りを考えた場合、さまざまな悩みが生じてしまうのは誰しも同じことではないでしょうか。もっと居住スペ-スが欲しいとか、自分の部屋が欲しいとか、もしくは子供部屋が欲しいとか、そんな願いは家庭の数だけあり千差万別にあります。さて居住スペ-スを増やしたいと考えた場合、新築をすることとと増築することとでは、いったいどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。多くの人たちの意見を聞いてみたいものです。...

 
 

ついつい現状の居住スペ-スの狭さに不満を感じてしまうのは、多くの人が経験済なのではないでしょうか。最初から理想的な希望通りの家に住む人なんてそんなにはおられないのではないでしょうか?てっとり早く現在住んでいる家を理想通りにカスタマイズしたいのなら、それは増築という手段でしょう。しかし増築も理想通りの家にカスタマイズできるメリットとともに、さまざまなデメリットもあります。その一つは法令上の手続きのめ...

 
 

近い将来の二世帯をもくろむ家族が増えてきています。しかしながら、よく見かける左右分離における二世帯住宅を考える場合、玄関ドアを二つにするなどしてお互いのプライバシ-を尊重することが可能です。しかしながら上階と下階を分離する二世帯住宅を希望されているご家族も最近では増えてきています。その場合のプライバシ-を守るためには、玄関も上の階と下の階の増築はもちろんのことですが、そのためには必然的に屋外階段を...

 
 

多くの人が車やバイク、そして携帯電話やスマホなどをカスタマイズしているのではないでしょうか。自分の所有物を自分が使いやすいように、さらには愛着がわくように自分の好みに色づけしていきます。カスタマイズするとなんだか自分のものが輝いて見えて誇りたくなるのですよね。そしてそんなカスタマイズの究極がマイホ-ムのリフォ-ムや増築といった方法ではないでしょうか。もっと使いやすくもっとゴ-ジャスにしてみたいです...

 
 

屋上って結構うらやましくないでしょうか。ベランダだと手狭すぎて、用途とすると物干し台を置くことぐらいなのかもしれませんが、それが屋上となると話は変わってきます。ベランダが少々広くても周りからも見通しがいい為にプライベ-ト感にはどうしてもかけるものがあります。その点屋上にガ-デンなどをつくると見事な公園のようなすてきなプライベ-ト空間をつくることができます。屋上なので耐久力もあり、鉢やプランタ-など...

 
 

香港やシンガポ-ルなどのアジアの国々は風水に非常なほどにこだわりがあるという話をメディアで耳にしたことがあります。日本でもテレビで風水をあつかっている番組をたまに見かけることができます。風水と関係あるかどうかは不明ですが、財布は黄色がいいなんて話も耳にします。こだわりのあるひとなどは増築やリフォ-ムによって玄関や水回りの位置を変えたいなんて人も結構おられるようです。またそこまでではありませんが、多...

 
 

年齢をある程度経てくると温泉が大好きになってきます。いやもちろん若くても温泉の大好きなかたはたくさんおられます。特に女性は温泉が大好きな人が多いのではないでしょうか。温泉に凝りだすとふと自宅のお風呂にも目がいってしまいます。もっと広くてゆったりとできたりしたら自宅のお風呂をもっと楽しめるのにとおもってしまいます。また最近では家庭のお風呂に防水のテレビがついた新築のマンションもよくみかけます。そんな...

 
 

明らかに増築した部分が原因で雨漏りしている場合、ほとんどの方はリフォーム業者にクレームを入れるでしょう。しかし、快く対応してもらえるかと言えば大間違い!こんなトラブルにご注意。リフォーム業者が、まさかの“無視”!?2階部分の増築でよくあるのが、「増築した部分から雨漏りしている」というケース。この場合、普通は、「リフォーム業者に依頼すれば当然、責任を持って修理してもらえる」と思いますよね!?しかし中...

 
 

大切なマイホ-ムで住み慣れた環境でかなり気に入っているのに、家族構成の変化や、子どもたちが大きくなったため。さらにはビジネスでもう一部屋欲しいなどの手狭になったために引っ越しなどを考えたりして悩んでいる人が多いのではないでしょうか。そんなとき増築によってもう少し大きくできたらなんて考えてしむまうものです。さて増改築リフォームなどという言葉が流行っているのですが、増改築リフォームというのは単純に手狭...

 
 

よく中古住宅を購入するにあたっては、ほかの場所はきれいでも水まわりは要注意して確認しなければいけないといった話を耳にします。それほどに水まわりは、毎日のメンテナンスをしっかりとしておかないと汚れたり劣化がしてくるのです。特にキッチンでは油よごれが激しい換気扇やコンロまわり、そしてシンクまわりなどなど。コンロは油汚れが折り重なって、さらにそこに火によって焼き付きが生じます。また主婦が料理に手慣れてく...

 
 

増築やリフォ-ムによって手狭になった部屋や古くなったキッチンやトイレ、バスなどさまざまなものがきれいに機能的にさらにひろくおしゃれに変化することは、とても幸せなことです。しかしそんな増築やリフォ-ムを行う前に気になるのは予算ではないでしょうか。そしてそんな予算を何とかクリア-していざ増築やリフォ-ムに着手する段取りとなって、その施工のタイミングですんでいる人たちはいったいどうするのかというもっとも...

 
 

増築を希望するひとのその理由は、家族で暮していくのに手狭になってきたもしくはもっと必要な部屋が欲しいテラスが欲しいキッチンをもっとおもいっきり広げたい親といっしょに暮すために玄関やトイレを増設したいなどがあります。しかしこれらの理由を解決するためには増築という選択肢のほかに建て替えという方法があります。住宅の建て替えには、現状ある建物を壊して新たに住宅を建築するということで、当然ながら多額な出費を...

 
 

和室から洋室にそしてまたその逆もあるリフォ-ムや増築ですが、好みは大きく分かれます。その好みはある程度年齢に左右されるのではないでしょうか。たとえば若い方は洋室を好みある程度年齢を経ると和室を好むといったような感じです。また男女別に考えるとあくまでも予想ですが、男性はおそらく和室を好むような気がしますし、女性は洋室を好むような気がします。男女共に年齢を経ると比較的に神社仏閣を好んで訪れますからそん...

 
 

私の母の住まいは、冬は外壁に断熱材が入っていないのかと疑うほどに寒くて、外の寒さとの差をあまり感じないような気がします。一度確認してみたいと考えております。さて増築として内装や水まわり、またはバルコニ-の増設、出窓の設置、浴槽の交換、玄関の増築などなどさまざまな増築があり、それが増築の産業としてなりたっているのですが、それら外壁の工事とまったく関係のない建物内部の増築に関しても外壁の工事が絡んでく...