三井ホーム 工法

MENU

三井ホームの工法にはどんな特徴がある?その強みと弱点

三井ホームの家づくりではどのような工法が用いられているのでしょうか。

 

三井ホームで増築を検討している方のために、三井ホームの強みと弱点をご紹介します。

 

一つの方法には長所、短所が同居するものですが、そんな長所、短所を厳正に判断するには、自分の希望にどれだけ近づくのかというのがポイントではないでしょうか。

 

長所を気に入って、短所は気にならないそんな住宅の特性がもっとも自分にあった住まいではないかと思います。

 

三井ホームの家づくり。採用されている工法は?

さて三井ホ-ムは、ツーバイフォー工法という方法で、住まいを作っています。

 

ツーバイフォー工法においてももちろん長所短所が同居しています。

 

建築という専門の世界からいいますと、ツーバイフォー工法は枠組壁工法というわけですが、文字通り壁が住まいを支える重要なポイントとなるわけです。

 

その特徴はさまざまありますが、まず年代的には1974年頃から、日本でも施工されるようになりました。

 

話は横道にそれますが、1974年といいますと昭和49年、ちょうど日本の高度成長期に陰りが見えたころです。

 

ツーバイフォー工法の強みとは

ツーバイフォー工法の長所といいますと、地震列島ともいえる日本の住宅を脅かす、災害に対して非常に耐久力をもつ工法です。

 

この工法に対極的な立場にある工法が、在来工法と言う手法になるわけですが、在来工法は太い立派な柱が住まいを支える屋台骨になるわけです。

 

在来工法の柱は、基本的に住まいを支える重要なポイントになりますから、非常に立派で年数を経た材料を必要とします。

 

その点でいいますとツーバイフォー工法は同じ規格で同じ素材の材木をブロックのように組み合わせて一つの住まいとなりますから、非常に安価で済むことになります。

 

ツーバイフォー工法の弱点

長所の裏に短所あり。

 

これはひとにも言えることです。

 

ツーバイフォー工法は密閉度が非常に高いという特徴をもっていますから空調効率が非常に高いと言えます。

 

これは長所であるわけですが、この密閉度の高さは換気システムによって、内部で発生した湿気などを外に逃がすわけです。

 

日本の気候はみなさんご存じの通り、湿気の多い風土でありますから、ときにツーバイフォー工法はあだとなります。

 

三井ホ-ムは独自の換気システムによって室内を快適に保つ方法をとっています。

 

さて三井ホ-ムの住まいを購入するのか、購入しないのかは、あなた次第です。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。