三井ホーム 結露

MENU

三井ホームの結露対策がスゴイ。その特徴と費用をご紹介!

三井ホームでは、結露を防止するためにどんな対策が取られているのでしょうか?

 

また、その対策にかかる費用はどのくらい?

 

増築するにあたって「結露しにくい家にしたい」と考えている方のために、三井ホームの強みをご紹介します。

 

そもそも結露はどうやって発生するのか?

 

もっとも大きな原因は温度差に起因します。

 

外部の空気にに直接さらされる外壁や、床ですが通常の住宅で使用される断熱材によって守られています。

 

ホ-ムセンタ-などで販売されていますから、多分おわかりになると思いますが、グラスウ-ルと呼ばれる綿のような断熱材によって断熱処理がなされています。

 

三井ホームの最大の特徴は「全館空調システム」

三井ホ-ムの大きな特徴は全館空調システムです。

 

もちろんお風呂やトイレも例外ではありません。

 

今日のハウスメ-カ-が作る住宅は、例外なく密閉度が非常に高く防音性、防湿性など非常に優れている反面、それが災いして、万一発生した室内の湿気は外に逃げません。

 

室内にとどまった湿気は次第にカビなどの原因になってしまいます。

 

室内換気は非常に優れたシステムですが、それが何らかの原因で、止まってしまうことがありますと、室内に湿気がとどまる可能性を秘めています。

 

結露を防止するための対策と費用目安

高機能、高気密をほこる現在のハウスメ-カ-が作る住宅は結露問題の対策にさまざまな施策をこうじています。

 

三井ホ-ムは全館換気システムを採用しているわけですが、初期費用として200万円程度、メンテナンス契約で年間1万円から2万円程度費用が発生します。

 

この全館換気システムはまず気密性が完ぺきでないと意味をなさず、施工の能力が問れます。

 

名目はこの換気システムはシックハウス対策にも有効で、いいことづくめにも感じますが、反面こういったシステムに頼らざるをえない実情にわずかに不安を残すのはなぜでしょうか?

 

ズバリ、三井ホームの強みはココ!

結露防止のための換気システムは他社でも取り入れていますが、三井ホ-ムはその分野ではパイオニア的な存在であり、特化しています。

 

またそれ以外にも外部に委託している建築士などの評判も上々で、提案力に結びついています。

 

三井ホ-ムの換気システムは第三換気システムを採用しており、花粉フィルタ-などが有効で、その意味では付加価値があります。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。