三井ホーム エネファーム

MENU

三井フォームでエネファームを導入!プランとその費用は?

エネファームとは、自宅で電気がつくれる家庭用燃料電池のことです。

 

三井ホームの家にこの設備を導入することはできるのでしょうか?

 

また、三井ホームならではのプランがあったりするのか、その場合の費用はどのくらい?

 

実際に三井で新築or増築した方の口コミや体験談を参考にしてご案内いたします。

 

三井ホ-ムは全館空調という設備が有名ですが、全館空調とエネファ-ムを取りいれることとは、どんな関連性があるのでしょうか。

 

そもそもエネファームという言葉にあまりなじみに無い方もおれるのではないでしょうか。

 

しかし気をつけてテレビCMなどを見ていると、案外宣伝しているんだという形で、なんとなく知識が勝手に体内に入っていたりします。

 

三井ホームの家にこの設備を導入することはできるの?

エネファ-ムの基本的知識として、価格の比較的に安価なガスを燃料として家庭内で電気を供給するという仕組みですがメリットはたくさんあります。

 

例えばもし停電しても比較的に安定供給される可能性のあるガスを燃料として、電気を自分で発電できます。

 

つまりトラブル時の発電はもとより、普段もすごく安価に電気代を抑えることができます。

 

情報を集めていますと、各メ-カ-がキャンペ-ン価格に引き下げるような動きもでています。

 

三井ホームならではのプランがあったりするのか?

三井ホ-ムなどの、ハウスメ-カ-のトップメ-カ-が参入等によって、たくさんの方に認知されるようになりいます。

 

結果大きく広がりつつあるエネファ-ムですが、三井ホ-ムでは太陽光発電と合わせてダブル発電という提案をなされています。

 

併用することで、太陽光の不安定さを補うような仕組みになっています。

 

この仕組み+全館換気システムによってより快適によりコストダウンをすることが可能になりました。

 

費用はどのくらいなのでしょう?

三井ホ-ムにおいてエネファ-ムを導入しますと、およそ200万円くらいです。

 

この価格は全館空調設備を取り入れる費用とあまり大差ありません。

 

正直、両方を導入するとなると、倍の400万円という巨大な金額につりあがります。

 

400万円というと安いマンションで都心でなければ、案外購入できる金額です。

 

また最近は需要と供給のバランスが安定してきたためと、関わりあるハウスメ-カ-の宣伝努力によって次第に世の中に認知されるようになってきたように思います。

 

具体的にエネファ-ムのお得ポイントは、毎月の電気の基本料金は優遇をうけることができます。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。