住み替えローン 中古住宅

MENU

住み替えローンを使って中古住宅を買おう!

今住んでいるマンションを売却して、中古住宅に住み替えるという選択肢をお考えの方も増えているようです。

 

でも、まだローンを完済していない・・・という場合、どんな条件を満たせば住み替えローンを使えるのでしょうか。

 

また、売ってから買うのか、はたまた買ってから売るのか?

 

どちらが正解なのか考えてみましょう!

 

新しく住まいを購入するにあたって、まだ住宅ロ-ンが残っているときの資金繰りは、個人のファイナンシャルの能力が問われます。

 

一層、今住んでいる住宅をリフォ-ムして賃貸してしまうというのも一つの手段です。

 

全面的に金融機関に頼るのならば、住み替えロ-ンを組む必要があるでしょう。

 

住み替えローンを使うための条件とは

今住んでいるマンションを売却して、中古住宅に住み替えるという選択肢をお考えの方も増えているようです。

 

でも、まだローンを 完済していない・・・という場合、どんな条件を満たせば住み替えローンを使えるのでしょうか?

 

より快適な住み替え。

 

それはひととして当然の流れなのかもしれません。

 

しかし今のマンションの住宅ロ-ンはまだ完済できていない。

 

35年ロ-ンが当たりまえになっている今、よくあるケ-スのひとつであるわけですが、しかしその先を考えると、住み替えロ-ンを何とか組まなくては、この先どうにもなりません。

 

住み替えロ-ンを考える前に、今ある貯蓄で売却損をカバ-すること、これがのちのち多大な苦労をしなくて済む唯一の方法の一つです。

 

あとは、売る物件と、購入する物件の価値が金融機関の借り入れの審査の大切な基準となります。

 

購入してから売る?それとも、その逆?

住み替えは購入してから、元の住まいを売るのが正解なのでしょうか?

 

先に住宅の購入をするとなると、元の住まいが売れないことには、資金繰りが厳しきなります。

 

売れなくて、もたもたしていると金融機関に先に安く買いたたかれるおそれがあります。

 

マンションなどになると、人気のものは不動産のホ-ムペ-ジをみると、空きがでるのを待っている家族がいたりします。

 

そのような人気物件になると、およその売却価格とともに、すぐに売れてしまう可能性が非常に高いといえますので、先に計画が立てやすくなります。

 

元の住まいを売ってから買うのが正解なの?

住み替えは、元の住まいを売ってから新たな住まいを購入するのが正解なのでしょうか?

 

元の住まいを先に売るとなりますと、仮住まいの手配が必要になります。

 

仮住まい費用と引っ越し費用がかさむと、いらない出費がかさばることになります。

 

仮住まい先の隣近所にもにも気をつかったりする必要がありますし、その間の子どもの学校の通学、通勤などの余分な手間が発生します。

 

もっともよい流れは売ってすぐ購入にこぎつけることが手間も費用も掛からないという段取りになります。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。