住み替えローン 残債

MENU

残債があっても住み替えローンは利用できるの?詳しい条件をチェック!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今住んでいる家のローン残債がある。でも、住み替えをしたい・・・。

 

そんな時に使える便利なローンが、「住み替えローン」です。

 

どんな特徴があるのか、まずは概要を説明しましょう。

 

よくある「残債がどれだけあっても融資してもらえるの?」という疑問についても、相場感をアドバイスします!

 

住み慣れたマイホ-ムを売却して、新たな家に住み替える。

 

しかし住宅ロ-ンはまだまだ残っているなんて方はたくさんおられると思います。

 

住宅ロ-ンの家計にしめる割合は、小さなものではありません。

 

そして忘れていません?

 

マイホ-ムを売るためには、まず住宅ロ-ンを完済することが第一条件なのです。

 

なぜなら、住宅ロ-ンとは、金融機関が住宅のロ-ンの支払いがなければ、その住宅を差し押さえますよ、という約束の下、お金を貸してくれているのですから。

 

しかしもし販売した価格が住宅ロ-ンを上回っているとするならば、返済は可能です。

 

「住み替えローン」は、どんな特徴があるの?

もしもあなたがマイホ-ムを売ったとしても、住宅ロ-ンの返済が難しい場合、そのな時のために、住み替えロ-ンが存在しています。

 

売却したあなたの不動産の住宅ロ-ンがまだ存在していると仮定した時、その差額+新たに購入する不動産の金額を総まとめで融資してくれる、というそんなプランが住み替えロ-ンなのです。

 

注意したいのは、この住み替えロ-ンというプランをもたない金融機関もありますから、その点は理解しておかなくてはなりません。

 

現在借りている金融機関にお願いすれば楽だと思っていると、取扱いのないケ-スがありますから。

 

住み替えロ-ンの概要とは?

そもそも現在住んでいるマイホ-ムを売却するためには、金融機関の抵当権を外す必要があります。

 

しかしながら通常ですと、まず住宅ロ-ンの完済を求められるのは火を見るよりも明らかです。

 

一番良い選択肢は、各家庭の預貯金を取り崩して、完済してしまうことです。

 

しかしながら住宅ロ-ンを返しながら、預貯金をしている家庭などごく少数派です。

 

そこで、売却による額と、住宅ロ-ンの残りをまとめて面倒をみてくれるのが、買い替えロ-ンというわけです。

 

残債がどれだけであれば融資が可能?相場は?

住み替えロ-ンとして抱える問題は、一時期と比較すると、住宅の地価ががバブル期以降随分と下向していて、購入時よりも、不動産が安くなっているということです

 

ようやく下げ止まり感はあるものの、それでも売却しても住宅ロ-ンがたくさん残ってしまうというのが現状のようです。

 

では、どれくらいの残債額があれば、融資は可能なのか?

 

通常住宅ロ-ンの限界額は年収の5.5倍だと言われています。

 

今は多少甘くなっていたとしても6倍くらいが限界なのかもしれません。

 

例えば年収500万円として、借りれる限界は3000万円です。

 

そこに残債額を逆算でいれれば、融資の限界額が見えてくるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。