住み替えローン 金利

MENU

住み替えローンの金利ってどうなってる?最低限、知っておくべき基本

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

住み替えローンを利用する場合、金利についてはどんなプランを選ぶのが賢い選択なのでしょうか?

 

変動が良いのか、固定が良いのか、一般的にはどちらのプランが多いのか?

 

まずは「住宅ローンにおける金利とはなんぞや?」という基本からご案内し、さらに「買い換えローンなら金利はこうするべき!」というアドバイスをお伝えします。

 

過去には非常に借り換えに関わらず、住宅ロ-ンの金利が高く、返すのに困難であったことがありました。

 

しかしそれでも、銀行に預ければいくらか金利があってお金が増えていく様をみることができたわけですが、しかし今は良くも悪くも低金利です。

 

空前絶後の低金利であるために、銀行に預ければお金は安心であるという神話は既に崩壊していて、普通のサラリ-マンであっても、さまなまな投資の勉強を強いられる世の中になってしまったのです。

 

その反面、この低金利は、逆に銀行にお金を借りる側にとっては非常にラッキ-といえます。

 

1%を切るような低金利で銀行はお金を借りることができるのです。

 

気になる金利のこと

住み替えローンを利用する場合、金利についてはどんなプランを選ぶのが賢い選択なのでしょうか?

 

金利でとにかく安さだけを追求するのならば、今はネット銀行の変動金利でしょう。

 

プランによっては、保証料無料、8疾病保障を無料で付帯できるなどの各種充実のサ-ビスもあります。

 

通常ですと8疾病保障を付帯すると、その分金利にいくらか上乗せされるケ-スもあるのですが、それさえもないというプランもあります。

 

ただし注意すべき点はいくら低金利だとはいえ、身の丈以上の借り入れをすると、60歳の定年まじかになったとしても、数千万円の借金が残ってしまうという問題もありますから注意が必要です。

 

住み替えローン、金利は変動?固定?

住み替えローンは、みなさんご存じだと思いますが、変動金利型と固定金利型がありますし、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 

それぞれの特性をしっかりと把握して、慎重に選びましょう。

 

変動タイプは、より低めの利率で借りられるというメリットがある反面、これからの金利上昇で返済額がふくらむというリスクがあります。

 

しかしながら、借り入れしょっぱなから一定の利率を据え置くタイプの固定型は、変動型より利率が高めです。

 

住宅ローンにおける金利とはなんぞや?

住宅ロ-ン及び住み替えロ-ンにおける金利とは短期プライムレートというしくみに連動して金利が変動します。

 

各金融機関の金利の見直し時期は毎年4月1日と10月1日の年2回あります。

 

そのタイミングの短期プライムレートをもととして金利が変わります。

 

そして適用時期は7月と翌年の1月の返済分からその金利が適用されます。

 

ただし、実際には5年間は返済額は変わりません。

 

また、5年毎に返済額の見直しが行われますが、仮に金利が大きく上がっても25%以上返済額が上がることがない仕組みになっています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。