住み替えローン デメリット

MENU

住み替えローンにもデメリットはある!オイシイ話にご用心

住み替えローンのメリットとデメリットについて紹介します。

 

さらに、そのデメリットを克服するためのポイント(例えば、ここの金融機関のこのローンだったら大丈夫!など)について、口コミ情報などを参考にまとめてみました!

 

多くの場合、住み慣れた我が家を手放すというのは、相当のリスクを抱えることを確保しなくてはなりません。

 

住み替えはさまざまな要因があるわけですが、どうしても住宅ロ-ンの残債を抱えながらも住み替えを望む声が大きくなってきたのではないでしょうか。

 

家族の移動などが、時に住み替えを余儀なくされる事態は実際にあります。

 

基本的に建物の設備などに興味をとられる際には是非リフォ-ムで片付けられることをオススメします。

 

住み替えローンのメリットとデメリット

住み替えロ-ンとは住宅ロ-ンのひとつですが、別名買い替えロ-ンと言われることもあります。

 

住み替えロ-ンの活用例としては、地価の下落などによって、購入した価格で今住んでいる住宅を販売できず、売却した時の価格ではとても住宅を売り払うことができず、住宅ロ-ンが大きく残ってしまうことです。

 

一般的に住み替えロ-ンに二の足を踏む方の多くは、このマイホ-ムが無いのにも関わらず、住宅ロ-ンを払い続けることが必要だという点ではないでしょうか。

 

住み替えロ-ンの大きなメリットと言えば、融資限度額が通常の住宅ロ-ンと比較すると、非常に大きい点があげられます。

 

実例として新しく住むための不動産価値にたいする融資額は、およそ担保評価額の3倍、もしくは担保評価額+2500万円くらいが限度だと言われています。

 

そしてデメリットをあげるとすると返済額が非常に大きく困難になりがちであるということです。

 

住み替えローン、オススメ金融機関とは?

住宅における金融機関の選定において、もっとも問題となるのが融資限度額がどれくらい発生するのかということです。

 

オススメする金融機関は、ネット銀行がまず、金利が非常に安くオススメです。

 

また、実店舗のある銀行でいいますと、三井住友銀行ではないでしょうか。

 

給料振込みなども重複させて一つの口座で管理しますと、便利になります。

 

住み替えローンで失敗しない方法とは?

まず、何を置いても計画をしっかりと立てることが失敗しないための方法です。

 

現在住んでいる住宅は適正な価格、タイミングで売却することを念頭に置き、どういった層がこの住宅を欲するのかの見極めがポイントです。

 

例えば、文教地区の住宅ならば基本的に子どもの学校入学を念頭に入れての住宅購入が大きいのではないでしょうか。

 

そこで、入学前のタイミングで売却するなどの時期的な販売を心がけたいと思います。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。