マンション 一戸建て 住み替えローン

MENU

マンションから一戸建てへの住み替え。ローンが残っていたらどうする?

家族構成の変化などから、マンション→一戸建てへの住み替えを検討する方も多いと思います。

 

でも、まだローンを完済していない・・・という場合、このままマンションに住み続けるのが妥当なのか、住み替えローンを使って一戸建てに住み替えるべきなのか?

 

マンションの売却価格や一戸建ての購入価格のバランス、共益費を含めた月々の支払などを比較してみて、「自分だったらこっちを選ぶ!」と言う意見をまとめてみました。

 

住まいというものは、その人のライフスタイルの根本をなすものです。

 

ですから住まいにもし不平不満などがあったとしたら、その生活は実につまらない不便なものになるかもしれません。

 

ここに玄関があるからどうしてもままならない。

 

とか、マンションだとどうしても生活が、成り立たないといった生活を脅かすような切羽詰まった状況もあるはずです。

 

さてそんな時、いったいどうすれば対処できるのでしょうか?・・・・

 

このままマンションに住み続けるべき?

家族構成の変化などから、マンション→一戸建てへの住み替えを検討する方も多いと思います。

 

でも、まだローンを完済していない・・・という場合、このままマンションに住み続けるのが妥当なのか?

 

もちろん資金のやりくりを考えた場合、このままマンションに住み続けるということが、無難であることは間違いありません。

 

しかしその状況がもし切羽つまった状況にある場合、この限りではありません。

 

可能であるならば、せめて同じ不動産に購入、そして売却を依頼するとタイミングを合わせてもらえる可能性が高くなったりします。

 

住み続けるのが妥当なのか?

 

その答えに議論の余地はありません。

 

必要性があるからこそなのですから。

 

住み替えローンを使って一戸建てに住み替えるってどう?

家族構成の変化などから、マンション→一戸建てへの住み替えを検討する場合、住み替えローンを使って一戸建てに住み替えるべきなのか?

 

まず自宅の住み替えという方向性で考えますと、買い替え特約というような契約方法があります。

 

自宅をもし売却できなかった場合、契約を白紙に戻すといった契約方法ですが、この方法では基本的に売主が不利な立場に立ちます。

 

さらに、期限内に売れない場合、不動産に買い取ってもらうという契約があります。

 

このパタ-ンは市場価格よりも、価格が下がるケ-スがほとんどで、タイミングを優先するために費用がアップするという不利な条件を内在します。

 

最終的な結論は・・・

住み替えするしないの最終的な結論は?

 

上記で示したように、住み替えを決意するには、それなりの根拠があることに他なりません。

 

こういったケ-スの場合、おすすめするのは、あらゆる手段をまず講じてみるということをおすすめしたいです。

 

最終的に、住み替えが実現できないものであっても、大きなスキルアップにつながるはずです。

 

ロ-ン計画などは、利害関係を有する金融機関に相談するよりも、第三者であるファイナンシャルプランナ-に相談してみるのも一つの手段であります。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。