建て替え リフォーム 増築

MENU

建て替え vs リフォーム vs 増築・・・3つの違いと、選び分けるポイント

「建て替え」とか「リフォーム」とか「増築」とか・・・似たような言葉がたくさんあって素人にはよくわかりません!

 

そこでここでは、それぞれの違いについて解説します。

 

またケース別に「こういう場合は建て替えが良い」「こういう場合はリフォームが良い」という具体例をご紹介します。

 

建て替え及びリフォ-ムや増築など、何となく違いが分かるようでわかりにくい言葉の違いをご案内いたしましょう。またそのシチュエ-ションに合わせた対処法をご案内いたします。

 

簡単にいいますとハスウメ-カ-等がもっとも儲かる仕事が建て替えではないかと思いますが、建て替えやリフォ-ム、増築に迷っている方は多いのではないでしょうか。

 

リフォ-ムや増築で対応できれば、予算は少なくていけます。

 

しかし住まいの劣化具合や、希望のスタイルに住まいを替えるのであれば、立て替えという決断も仕方ないことです。

 

さて、ここで基本的な疑問として、建て替え及びリフォ-ムや増築などの大きな違いはどこにあるのでしょうか。

 

それぞれの違いについて解説します!

「建て替え」とか「リフォーム」とか「増築」と言葉はたくさんありますが、どれも住人が決断する理由は、家族構成の変化、家の老朽化、ライフスタイルの変化などがきっかけになります。

 

また基本的に住まいの耐用年数はおよそ20年と言われています。

 

もちろん50年100年と長期にわたって存続している住まいはたくさんあります。

 

しかし樹脂素材やベニヤ板など安価な素材で作られた現代の住宅は次第に耐用年数も短くなってきているのではないかと思います。

 

費用を安くあげるには建て替えはできるだけ避けるべきでしょう。

 

しかし建て替えのメリットは構造部分からのやり替えになりますから、建物存続期間は圧倒的に延長されるというメリットもあります。

 

建て替えが良い場合の住まいの事情とは?

軽い修繕や修正はリフォ-ムや増築で間に合います。

 

しかし希望通りの住まいの形を達成させるためや、構造部を触るような工事など建て替えをオススメします。

 

理由は圧倒的に耐用年数が長くなるほか、坪単価でみた場合、リフォ-ムや増築と比較すると安く済むからです。

 

回数を重ねてリフォ-ムするくらいなら、一層建て替える決断を下した方が、結果安くなる可能性もあります。

 

ただし、施工期間中の家族の引っ越し先を確保しなくてはいけないわずらわしさがあります。

 

リフォ-ムがおすすめの住まいの事情とは?

リフォ-ムをすすめる理由は、引っ越しなどわずらわしさがないということです。

 

またどんな新築物件に住もうと、最初にお世話になる住まいの修繕工事ということになりますと、リフォ-ムという選択肢をチョイスすることになります。

 

建物存続期間とは別に住まいにある防水設備や水回りなど真っ先に修繕の必要性が生じる箇所があります。

 

それらの軽微な修正はリフォ-ムで済ますことが一番です。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

60代の住み替えを分析してみた!費用と注意点は?
一軒家からマンションへの住み替えってぶっちゃけ、どうなの?
住み替えの際の引き渡しをスムーズにするコツ
住み替えの時の仮住まいはどうする?費用カットのポイント
住み替えたいけど家が売れない!
住み替えの失敗談に学ぶ!成功のためのポイント
住み替えにかかる諸費用を安くするポイント
頭金なしで住み替える、知っておきたい費用のコト
住み替えは保険見直しのチャンス!具体的にやること
住み替え支援機構は頼りになる?住み替え支援機構を徹底リサーチ!
50代の建て替え。叶えたい家づくりの理想は?
パナホームの建て替え。価格や口コミ評価をチェック!
予算1500万円の建て替えってどう?叶えられるのは、こんな家づくり!
建て替えてゴキブリにさよならを!どんな家づくりならそれが叶うの?
建て替えのデメリットをチェック!リフォームするのとどっちが賢い?
残債がある場合の建て替え。ローンの選び方とオススメプランをご紹介!
建て替えるなら大工さん?それともハウスメーカー?メリット&デメリットを比較!
大和ハウスの建て替えってどう?メリットとデメリットをチェック!
建て替えで受けられる控除はどのくらい?満たすべき条件は!
建て替えで後悔しないために。押さえておきたい3つのコト
三階建て住宅に建て替えたい!クリアすべきハードルは?
建て替えの完成度を左右する!キレイな更地に戻すための費用