住み替え 諸費用

MENU

住み替えにかかる諸費用を安くするポイントとは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

住み替えにはどんな諸費用が発生するのでしょうか?

 

例えば、今住んでいる住宅を売却する時にかかる仲介手数料、住宅ローンの繰り上げ返済手数料、印紙税、抵当権抹消費用、引越し代・・・等々。

 

概算でどのくらいの金額になるのか?

 

具体的な金額と、諸費用を安くできるポイントについても併せて紹介いたします!

 

住み替えと建て替え、どちらかを選択しなくてはならない状況に迷っている方が多いと思います。

 

もっともベストは、安く建て替えることでしょう。

 

住み替えや建て替えでもっともネックとなるのは、さまざまな諸費用をどこから捻出するのかということです。

 

住み替えにはどんな諸費用が発生するの?

まずもっとも大切なのは、高い高いと念仏のように唱えるかたがおられますが、それよりもおよその概算をしっかりと把握することが、今後の計画を立てるうえでの基準となります。

 

例えば住宅を売却する時、そして新たに住宅を購入するとき、どちらも仲介手数料という諸費用がかかります。

 

さらに住宅の売却、購入どちらも印紙税がかかりますし、もし売却価格が3000万円を上回った場合、譲渡所得税というものが発生します。

 

そのほか、抵当権を外すための費用、引っ越しするための費用などもれなく予定しておかなくてはなりません。

 

概算金額は?

今住んでいる住宅を売却する時にかかる仲介手数料、住宅ローンの繰り上げ返済手数料、印紙税、抵当権抹消費用、引越し代・・・等々。

 

概算でどのくらいの金額になるのか?

 

住み替えにおける諸費用のなかで、もっとも大きな出費になるのは、仲介手数料ではないでしょうか。

 

2000万円の住宅を売却するのにおよそ70万円前後、そして購入にも同じ分だけ費用がかかります。

 

さらに住宅ロ-ンを組むと、保証料なるものの費用が求められますが、その費用な概算で10年のロ-ンで考えた場合およそ10万円かかります。

 

住み替えにかかる諸費用を安くおさめるための方法

住み替えにかかる費用を抑える方法は、これといって特にありません。

 

ただし税金の控除などはもれなくしっかりと受けることです。

 

さらに引っ越しにかかる費用などは節約のしどころです。

 

平日を狙うなどの工夫と、見積りは必ず数社にお願いするなどめんどくさくてもきっちりとセオリ-どおりに動くことです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

60代の住み替えを分析してみた!費用と注意点は?
一軒家からマンションへの住み替えってぶっちゃけ、どうなの?
住み替えの際の引き渡しをスムーズにするコツ
住み替えの時の仮住まいはどうする?費用カットのポイント
住み替えたいけど家が売れない!
住み替えの失敗談に学ぶ!成功のためのポイント
頭金なしで住み替える、知っておきたい費用のコト
住み替えは保険見直しのチャンス!具体的にやること
住み替え支援機構は頼りになる?住み替え支援機構を徹底リサーチ!
50代の建て替え。叶えたい家づくりの理想は?
パナホームの建て替え。価格や口コミ評価をチェック!
予算1500万円の建て替えってどう?叶えられるのは、こんな家づくり!
建て替えてゴキブリにさよならを!どんな家づくりならそれが叶うの?
建て替えのデメリットをチェック!リフォームするのとどっちが賢い?
建て替え vs リフォーム vs 増築・・・3つの違いと、選び分けるポイント
残債がある場合の建て替え。ローンの選び方とオススメプランをご紹介!
建て替えるなら大工さん?それともハウスメーカー?メリット&デメリットを比較!
大和ハウスの建て替えってどう?メリットとデメリットをチェック!
建て替えで受けられる控除はどのくらい?満たすべき条件は!
建て替えで後悔しないために。押さえておきたい3つのコト
三階建て住宅に建て替えたい!クリアすべきハードルは?
建て替えの完成度を左右する!キレイな更地に戻すための費用