住み替え 引渡し

MENU

住み替えの際の引き渡しをスムーズにするには?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

住み替えをする場合、今住んでいる家を売却して引き渡し、新しい家に引っ越すことになります。

 

自分がまずは新しい家に住み替えてから古い家を引渡すというのが理想ですが、必ずしもそうとはいかないようです。

 

一般的に、みなさんはどんな順番で住み替えているのか、紹介しましょう。

 

さらに、引渡しの時に発生する費用や、心得ておくべきポイントなどについてもご紹介いたします。

 

住み替えをする場合、もっとも大変なのは、買い替えの場合です。

 

住宅を購入するという一方向の住み替えで考えてみますと、売買契約かた、決済そして引き渡し、移転登記などを一日で行ってしましますが、買主側は引き渡しが完了しないと原則的には、その家に入ることができません。

 

しかしこれが買い替えとなりますと、その引き渡しと言う行為をおよそ3人の当事者がそれぞれ関わってくるわけですから、なかなかそうはいきません。

 

ではいったい世の中の人はどうされているのでしょうか。

 

みなさんはどんな順番で住み替えているの?

買い替えは一般的に、通常の売買契約、決済、引き渡しの流れが変則的におこなわれます。

 

例えば、引き渡しまでに猶予を設けるような、特約を付けるといったことです。

 

しかしこの特約は、買主にとっては、不利な条件となります。

 

自分のものでありながら、その家に入ることができない不具合が生じてしまうわけですから。

 

万一、この家がその間に火事などのトラブルに見舞われると、その責任の所在がしばしば問題になったりします。

 

住み替えで発生する、引き渡し時の費用とは?

住み替え及び買い替えでもっとも多いトラブルは引き渡しのタイミングの遅延などのトラブルではないでしょうか。

 

引き渡しが遅れますと、仮住まいなどの不具合があり、売主は買主に対して、仮住まいなどの手配を強いられることもあります。

 

そのため、引き渡し時のタイミングを遅らせるなどの特約をつけることもしばしば住み替えの契約ではあるようです。

 

引き渡しの遅れは、仮住まいなどの費用が発生しますが、費用だけのトラブルではなく、仮住まいに適した短期的な賃借が可能な物件が場所によってはないケ-スもあり、しっかりとそのあたりの契約を当事者同士詰めておくことがトラブルの回避のための手段になります。

 

住み替えする時、心得ておくべきポイントとは?

住み替えをする場合、まず第一に優先させるべきは、住宅の売却を最優先させることです。

 

なぜなら実際に売れてしまえば、引き渡し時期を遅らせる特約を付けたり、どうしても住むところがない場合ならば、荷物を貸しコンテナなどに預けて、ホテル住まいにでもすれば、資金がショ-トするなどの最悪の事態は免れます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

60代の住み替えを分析してみた!費用と注意点は?
一軒家からマンションへの住み替えってぶっちゃけ、どうなの?
住み替えの時の仮住まいはどうする?費用カットのポイント
住み替えたいけど家が売れない!
住み替えの失敗談に学ぶ!成功のためのポイント
住み替えにかかる諸費用を安くするポイント
頭金なしで住み替える、知っておきたい費用のコト
住み替えは保険見直しのチャンス!具体的にやること
住み替え支援機構は頼りになる?住み替え支援機構を徹底リサーチ!
50代の建て替え。叶えたい家づくりの理想は?
パナホームの建て替え。価格や口コミ評価をチェック!
予算1500万円の建て替えってどう?叶えられるのは、こんな家づくり!
建て替えてゴキブリにさよならを!どんな家づくりならそれが叶うの?
建て替えのデメリットをチェック!リフォームするのとどっちが賢い?
建て替え vs リフォーム vs 増築・・・3つの違いと、選び分けるポイント
残債がある場合の建て替え。ローンの選び方とオススメプランをご紹介!
建て替えるなら大工さん?それともハウスメーカー?メリット&デメリットを比較!
大和ハウスの建て替えってどう?メリットとデメリットをチェック!
建て替えで受けられる控除はどのくらい?満たすべき条件は!
建て替えで後悔しないために。押さえておきたい3つのコト
三階建て住宅に建て替えたい!クリアすべきハードルは?
建て替えの完成度を左右する!キレイな更地に戻すための費用