60代 住み替え

MENU

60代の住み替えを分析してみた!費用と注意点は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

リタイア後の60代で住み替えを検討する場合、一般的にはどんな選択肢があるのでしょうか?

 

例えば、「子どもが独立して夫婦二人になったので、一戸建てを売ってマンションに住み替える」「思い切って田舎の中古住宅を買って住み変える」等の選択肢があると思います。

 

そこで、必要な金額や注意点(例:マンションだと共益費が高いとか、平屋にしたほうが身体への負担を軽減できるとか)についてまとめてみました。

 

50代も後半となりますと、いよいよリタイヤが目前にせまってきて、どのような生活スタイルをすればいいのか、いろいろ考えるようになります。

 

一般的な住み替えの選択しとして、子どもが大きくなって会社勤め、結婚などの理由によって、夫婦二人きりになり、やがて今までのような二階が不必要になってしまったとか、ざわついた都会の暮らしではなく、田舎で畑などををしながらゆっくりと過ごしたいというような選択肢になると思います。

 

そんなリタイヤ後の60代で、住み替えを検討する場合の注意点を考えてみたいと思います。

 

どんな選択肢がある?

リタイア後の60代で住み替えを検討する場合、一般的にはどんな選択肢があるのでしょうか?

 

田舎で畑仕事でもしながら、ゆっくりとリタイア後、過ごしたいと考える方は多いようですが、反面年齢を経て体力が弱ってきているために住み慣れた土地から離れたくないとか、引っ越しに耐えうる体力がないなどの反対のベクトルをもっています。

 

また、憧れだった念願の戸建住宅を欲したり、さらに二世帯住宅で子どもと住宅ロ-ンを強力して支払っていくという方もおられます。

 

さらに若いころに建てた住宅や、親世代から受け継いだ住宅の老朽化も選択肢の一つに加えられるでしょう。

 

また逆に都会やより利便性がよく労力の必要としない土地に引っ越すケ-スもあります。

 

気になる費用面のこと

リタイア後の60代で住み替えを検討する場合、必要な金額はどれくらいなのでしょうか?

 

退職金をあてにした住み替えが基本となりますし、60代にもなりますと、住宅ロ-ンなどはほぼ利用できないことを考えると、今ある住宅を現金化したり、長年の貯蓄を取り崩して住み替えに至るケ-スがほとんどではないでしょうか。

 

また二世帯住宅などとは別に、住宅を建て替えるとなると、ロ-コスト住宅に魅力があります。

 

金額ベ-スで考えると坪40万円くらいが一般的なのかもしれません。

 

知っておくべき注意点をチェック!

リタイア後の60代で住み替えを検討する場合、必要な注意点とはなんでしょうか?

 

住宅を単純に比較検討する場合の注意点は、延床面積比較と施工面積とを分けて考えることがポイントです。

 

混同して比較しますと、基準が違いますから失敗します。

 

またロ-コスト住宅だから安いとタカをくくらずに、実際に施工すると坪単価は想定よりも高くなるはずですので、そのあたりを含めた見積り価格で比較検討することが大切です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

一軒家からマンションへの住み替えってぶっちゃけ、どうなの?
住み替えの際の引き渡しをスムーズにするコツ
住み替えの時の仮住まいはどうする?費用カットのポイント
住み替えたいけど家が売れない!
住み替えの失敗談に学ぶ!成功のためのポイント
住み替えにかかる諸費用を安くするポイント
頭金なしで住み替える、知っておきたい費用のコト
住み替えは保険見直しのチャンス!具体的にやること
住み替え支援機構は頼りになる?住み替え支援機構を徹底リサーチ!
50代の建て替え。叶えたい家づくりの理想は?
パナホームの建て替え。価格や口コミ評価をチェック!
予算1500万円の建て替えってどう?叶えられるのは、こんな家づくり!
建て替えてゴキブリにさよならを!どんな家づくりならそれが叶うの?
建て替えのデメリットをチェック!リフォームするのとどっちが賢い?
建て替え vs リフォーム vs 増築・・・3つの違いと、選び分けるポイント
残債がある場合の建て替え。ローンの選び方とオススメプランをご紹介!
建て替えるなら大工さん?それともハウスメーカー?メリット&デメリットを比較!
大和ハウスの建て替えってどう?メリットとデメリットをチェック!
建て替えで受けられる控除はどのくらい?満たすべき条件は!
建て替えで後悔しないために。押さえておきたい3つのコト
三階建て住宅に建て替えたい!クリアすべきハードルは?
建て替えの完成度を左右する!キレイな更地に戻すための費用