全労済 火災保険 雨漏り

MENU

全労済の火災保険ってどう?雨漏り補修に強い保険選び

全労済の火災保険の扱いは、火災保険というよりもむしろ火災共済と呼ばれるものになります。

 

補償対象にかんしては、ほとんど火災保険との相違点はありません。

 

その全労済の火災保険が雨漏りが補償対象となるのかどうかをご案内します。

 

対象となる場合、ならない場合、どういった対処をするのが良いのか。

 

また、雨漏りのリスクを減らすためには、どういった保険に加入するのが良いか、等、役立つ情報を紹介します。

 

全労済の火災共済と民間の保険会社の火災保険との相違点は、まず監督省庁の違いがあります。

 

通常の営利団体である民間企業の火災保険は、金融庁による監督を受けていますが、火災共済は非営利団体である各生活協同組合(生協)により運営されているコープ共済などは、厚生労働省が管轄しています。

 

さらに全労済や都道府県民共済も厚生労働省の管轄であり、農林水産省の管轄では、JA共済などもあります。

 

一般的に火災共済と呼ばれる、非営利団体が運営する火災保険は、営利を追求していないことから、安価であることで知られています。

 

これら火災共済はそれぞれ特徴があってJA共済などは、農家を対象にしていたり、全労済などは風水害補償が弱いといった特徴もあって、例えば雨漏り被害が風水害を原因としたものと証明できたとしても、補償額が小さいこともありますから、十分に調べて火災保険に加入されることをおすすめします。

 

雨漏り被害を全労済の火災保険で考えた場合

火災保険は多くの場合、火災保険の適用が望めません。

 

しかしながら、もし風や飛来物によって生じた雨漏りと想定した場合、どうなるのでしょうか。

 

多くの場合、自宅の雨漏りを台風被害の一環とした被害と考えた場合でも、全労済の補償は多くの場合およそ数万円の補償しか頂戴することしかできません。

 

ですから全労済の火災保険で雨漏りの修繕や、屋根の葺き替えなどで数百万円を見込んでいたとしたら、まったくあてが外れてしまうという結果になります。

 

全労済の火災保険の保険金程度では屋根の修理はおよそ不可能に近いのです。

 

どうして全労済の雨漏り被害に対する補償は少ないのか?

数百万円の補償を想定した居住者に対する全労済の火災保険の補償内容な、およそ修理代にも程遠い補償内容となっていることが多くの場合散見されます。

 

その理由は簡単で、数百万円の補償があるような火災保険の補償内容は、住宅が全壊に及んだ場合に限られます。

 

まず知っておかなくてはならないのは、共済というもののあり方です。

 

助け合い精神で困っている人に対してお見舞いするという精神が共済というものの基本理念になります。

 

ですから、暴風雨による自宅の雨漏りを完全に保証してもらうという考えでいるとするならば民間の保険会社の火災保険をおすすめします。

 

全労済の雨漏り被害の考え方とは?

多くの人が誤解している保険内容として、全労災をはじめとした、火災共済の内容です。

 

確かに毎月支払う保険の支払いは、比較的に安価なものとなります。

 

しかし根本はお見舞いの精神でありますからメインで想定しますと、災害に遭遇した時、その保証額に唖然としてしまうのです。

 

一方で民間の火災保険は支払額は大きいですが、自然災害に遭遇しますとその補償に対する威力の大きさは歴然としています。

 

ですから、例えば賃貸住宅の大家さんなどそれを業務としている方は特に、民間の保険会社の火災保険に加入することをおすすめします。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

雨漏り被害が報告されるUR
雨漏りにはウレタン防水処理が有効?
雨漏りの原因となるエアコンの取り付け
雨漏りとカビの関連性と対策
雨漏りによってクロスが剥がれ落ちる
雨漏りしたときに自分でコーキングする方法
鉄筋コンクリートの自宅がもし雨漏りしたら?
雨漏りの原因となるサッシの修理方法
雨漏りの原因となっているスレートの状態
雨漏りは最終的にダニの増殖に繋がっていくわけ
雨漏りのチェック方法
トタン屋根におこる雨漏りの原因と対策
雨漏りに対するトラブルのあれこれ
ひどい雨漏りに悩む方々が増えているのはどうして?
雨漏りによってフローリングがうける被害
雨漏りがマンションに発生する原因
雨漏りトラブルによるマンション修理の実態とは?
雨漏りのおきるモルタル外壁
雨漏りにそなえるリフォームの形
カラーベスト・コロニアル屋根雨漏りの原因と塗装による雨漏り対策
雨樋の詰まりが原因で雨漏りに!オススメの対策法がコチラ
セメント瓦で発生する雨漏りの原因と対策
ツーバイフォー工法の雨漏りの原因、及びオススメの対策法
一階が雨漏り?その原因と対策について注意点とポイント
雨漏りが原因で引っ越し!引越し代は誰が負担する?
雨漏りが家に与える影響は、思っている以上に深刻なダメージになる
室内で雨漏り発生!そんな時の応急処置として効果的な3つのポイント
雨漏りした際に家財保険は適応されるのか?
雨漏りしている箇所を特定するために必要な3つのポイント
雨漏りの危険性について、具体的な事例を交えながら説明します。
防水シートは、雨漏りの応急処置の強い味方!使う際の注意点
雨漏りの検査費用っていくらかかりますか?高額と聞いています。
新築で雨漏り!?結構ある事例らしいけど、見舞金は?
サッシが原因で雨漏りしている場合の症状と注意点
雨漏り修理の業者選び入門!悪徳&ボッタクリに合わないために
原因はベランダの排水口にあった!?雨漏りの見分け方と対処法
DIYに挑戦!雨漏りはどこまで自分で修理できるのか?
これだけは知っておきたい!雨漏り修理で見積りをとる場合のポイント
壁の内部で大変なことが!?雨漏りが原因に臭いにご用心
新築なのに雨漏り!?意外と知られていない原因にせまる!
「雨漏りを訴える」って現実的にどう?気になるメリット&デメリット
よくある窓枠からの雨漏り。修理にかかる費用はどのくらい?
どんなグッズが、どう役に立つ?DIYで雨漏り対策に挑戦!
大事な家具が雨漏りで大変なことに!大家さんの責任はどこまで?
断固として交渉せよ!雨漏りを直してくれない場合の対処法
できること・できないことの見極めが肝!日曜大工de雨漏り修理
入居後に、まさかの雨漏り!責任はどこまで追求できるの?
その時、壁の内側で何が起こってるの?雨漏りで建物が腐るメカニズム
デザイン重視の住宅が危ない!?毛細管現象による雨漏りに注目!
業者選びが肝!木造住宅の雨漏りスパイラルを乗り越えるために。
発生してからでは遅い!?今日からやろう!雨漏り予防対策
「高いな」と思ったら要注意!知っておきたい雨漏り修理費用の相場
雨漏りで屋根の張り替え!押さえておきたいポイントは?
優雅だけど雨漏りしやすい?あこがれの屋上庭園の落とし穴
伝統的な瓦屋根がヤバい!?雨漏りの原因をリサーチ!
やってやれないことはない!瓦屋根の雨漏りをDIYで修理しよう
雨漏り多発!もしかして欠陥住宅?気になる損害賠償の相
雨漏りは県民共済の火災保険で補償されるの?
雨漏り補修を無料にしたい!三井住友海上の火災保険を使った裏テク
太陽光発電の設置で雨漏り!?新築の保証はどうなってるの?
台風で雨漏り!補修に火災保険は適用されるの?
中古住宅の悲劇!裁判例に学ぶ、雨漏りの結末
原因は通気口にあり!?雨漏りの原因と失敗しない修理のポイント
外壁塗装後に雨漏り!原因は?外壁塗装後の雨漏り対策を教えて!