屋根 塗り替え 雨漏り

MENU

雨漏りで屋根の張り替え!押さえておきたいポイントは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本の住宅は寿命が短いといわれますが、それは自分でメンテナンスできないということが一番のネックではないでしょうか。

 

さて雨漏りによって屋根を張り替える時、あらかじめ知っておきたいポイントがあり、費用面、業者選び、工法など具体的に紹介いたします。

 

屋根材といわれる瓦やカラ-ベストなどは、基本的に重ねて施工されております。

 

みなさまの住宅もそうですし、回りにある家々もきっとそうでしょう。

 

塗り替えが必要となる屋根材は瓦ではなくカラ-ベストコロニアルという素材なのですが、瓦屋根と比較すると価格的には安価であり、しかし寿命は短くなります。

 

カラ-ベストの屋根は基本的に年数を経てくると次第に色褪せてきます。

 

屋根から起きる雨漏りのもっとも大きな原因となるのは屋根材の下にある防水シ-トの破れになります。

 

防水シ-トが破れると、雨漏りは一気に始まってしまします。

 

塗り替える前に知っておくことっていったいなんでしょう?

カラ-ベストを塗り替えることで、屋根材の寿命が確実に延びるのかどうか、ということがまず不確定な要素になります。

 

塗り替えると確かにカラ-ベストそのものの寿命は延びる可能性が高いと言われていますが、屋根を構成しているのはカラ-ベストだけではなく、その下には防水シ-トがあり、野地板があり構造材があって、すべてのバランスが屋根の寿命を左右しております。

 

塗り替えによって、起こりうる懸念はまず、塗り替えの作業によって劣化した、カラ-ベストなどの屋根材が割れてしまう可能性があります。

 

さらに塗料には厚みがあるために、意図的に設けられている屋根材の重なり部分を埋めてしまう、もしくは毛細管現象を引き起こす要因になるということです。

 

屋根材を塗り替えたことによって雨漏りが発生したという実際の事例もあるくらいなのです。

 

かといって塗り替えを完全否定するわけではありません。

 

なぜならメリットもあるわけですから。

 

屋根材塗り替えのための業者選定や費用、そして工法は?

カラ-ベストは年数を経るにしたがって劣化が進んでいきます。

 

そのために塗装は非常に難しいと言われています。

 

ですから嫌がる業者が多いのも事実です。

 

考えている以上に頻繁な塗り替えが必要になります。

 

塗料を塗る工程はまず高圧洗浄機で汚れを落とし、塗料がのりやすくするわけですが、この高圧洗浄機の工程は屋根材にかなりの負担をかけます。

 

たくさんある屋根塗装の業者ですが、信頼に値する業者となると極端に少なくなってしまうのが実情のようです。

 

信頼できる業者とは、つまりアフタ-サ-ビスがしっかりしている業者ということになります。

 

屋根材の塗り替えはその手間を考えると必然的に質の良い塗料を選ぶ必要性があります。

 

足場を組む費用を入れると、費用はおよそ50万程度は覚悟しなくてはなりません。

 

屋根材塗り替えの際の注意点とポイントとは?

屋根材は住宅の中でもっとも紫外線や風雨の影響をうけるハ-ドな環境のもとにあるために、塗装しても非常に劣化しやすい箇所であるということです。

 

カラ-ベストなどの屋根材は塗り替えせず劣化したら、葺き替えの方が最終的に安価で済むという意見もありますから、その点を考慮して検討すべきでしょう。

 

しかし現実問題として屋根が劣化によってカビや苔が生えてきたとしたら、多くの場合大げさな葺き替えよりも、塗り替えを選ぶでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

同じカテゴリの記事

雨漏り被害が報告されるUR
雨漏りにはウレタン防水処理が有効?
雨漏りの原因となるエアコンの取り付け
雨漏りとカビの関連性と対策
雨漏りによってクロスが剥がれ落ちる
雨漏りしたときに自分でコーキングする方法
鉄筋コンクリートの自宅がもし雨漏りしたら?
雨漏りの原因となるサッシの修理方法
雨漏りの原因となっているスレートの状態
雨漏りは最終的にダニの増殖に繋がっていくわけ
雨漏りのチェック方法
トタン屋根におこる雨漏りの原因と対策
雨漏りに対するトラブルのあれこれ
ひどい雨漏りに悩む方々が増えているのはどうして?
雨漏りによってフローリングがうける被害
雨漏りがマンションに発生する原因
雨漏りトラブルによるマンション修理の実態とは?
雨漏りのおきるモルタル外壁
雨漏りにそなえるリフォームの形
カラーベスト・コロニアル屋根雨漏りの原因と塗装による雨漏り対策
雨樋の詰まりが原因で雨漏りに!オススメの対策法がコチラ
セメント瓦で発生する雨漏りの原因と対策
ツーバイフォー工法の雨漏りの原因、及びオススメの対策法
一階が雨漏り?その原因と対策について注意点とポイント
雨漏りが原因で引っ越し!引越し代は誰が負担する?
雨漏りが家に与える影響は、思っている以上に深刻なダメージになる
室内で雨漏り発生!そんな時の応急処置として効果的な3つのポイント
雨漏りした際に家財保険は適応されるのか?
雨漏りしている箇所を特定するために必要な3つのポイント
雨漏りの危険性について、具体的な事例を交えながら説明します。
防水シートは、雨漏りの応急処置の強い味方!使う際の注意点
雨漏りの検査費用っていくらかかりますか?高額と聞いています。
新築で雨漏り!?結構ある事例らしいけど、見舞金は?
サッシが原因で雨漏りしている場合の症状と注意点
雨漏り修理の業者選び入門!悪徳&ボッタクリに合わないために
原因はベランダの排水口にあった!?雨漏りの見分け方と対処法
DIYに挑戦!雨漏りはどこまで自分で修理できるのか?
これだけは知っておきたい!雨漏り修理で見積りをとる場合のポイント
壁の内部で大変なことが!?雨漏りが原因に臭いにご用心
新築なのに雨漏り!?意外と知られていない原因にせまる!
「雨漏りを訴える」って現実的にどう?気になるメリット&デメリット
よくある窓枠からの雨漏り。修理にかかる費用はどのくらい?
どんなグッズが、どう役に立つ?DIYで雨漏り対策に挑戦!
大事な家具が雨漏りで大変なことに!大家さんの責任はどこまで?
断固として交渉せよ!雨漏りを直してくれない場合の対処法
できること・できないことの見極めが肝!日曜大工de雨漏り修理
入居後に、まさかの雨漏り!責任はどこまで追求できるの?
その時、壁の内側で何が起こってるの?雨漏りで建物が腐るメカニズム
デザイン重視の住宅が危ない!?毛細管現象による雨漏りに注目!
業者選びが肝!木造住宅の雨漏りスパイラルを乗り越えるために。
発生してからでは遅い!?今日からやろう!雨漏り予防対策
「高いな」と思ったら要注意!知っておきたい雨漏り修理費用の相場
優雅だけど雨漏りしやすい?あこがれの屋上庭園の落とし穴
伝統的な瓦屋根がヤバい!?雨漏りの原因をリサーチ!
やってやれないことはない!瓦屋根の雨漏りをDIYで修理しよう
雨漏り多発!もしかして欠陥住宅?気になる損害賠償の相
雨漏りは県民共済の火災保険で補償されるの?
雨漏り補修を無料にしたい!三井住友海上の火災保険を使った裏テク
全労済の火災保険ってどう?雨漏り補修に強い保険選び
太陽光発電の設置で雨漏り!?新築の保証はどうなってるの?
台風で雨漏り!補修に火災保険は適用されるの?
中古住宅の悲劇!裁判例に学ぶ、雨漏りの結末
原因は通気口にあり!?雨漏りの原因と失敗しない修理のポイント
外壁塗装後に雨漏り!原因は?外壁塗装後の雨漏り対策を教えて!