雨漏り 予防

MENU

発生してからでは遅い!?今日からやろう!雨漏り予防対策

悲しいかな、雨漏りする家、しない家、この違いはいったい何なのでしょうか?

 

雨漏りを未然に防ぎたい!

 

そんな人にその対策、そしてどんなことに気をつけて施工したらよいのかなど。

 

また中古物件を考えておられるならば、どんな点に注意すればよいのかもとめました。

 

日々技術は高まって、科学も進歩しているのに雨漏りさえも防げない。

 

そんなジレンマがあります。

 

雨水はちょっとした隙間や穴からも入り込んできます。

 

私たちができること。

 

それは雨漏りをしないために最大限の努力を惜しまないことです。

 

確率の問題になりますが、絶対に雨漏りしないという住宅は存在しないとしても、予防することでできるだけ確立を下げることは可能です。

 

住宅が雨漏りしないための予防策とは?

どんな住宅でも残念なことに老朽化を避けることができません。

 

ですから、実際に雨漏りが起きた時の費用を考えて、メンテナンスをすることが大切です。

 

具体的にいいますと、雨漏りしやすい箇所、屋根、そして外壁、ベランダなどの防水、シ-リングなどを定期的にチェックすることです。

 

特にシ-リングは建物そのものよりも早く劣化がすすんでいきます。

 

施工時はゴムのように弾力性のあったシ-リングが硬く弾力性がなくなってしまっていたり、ボロボロになってしまっていたり。

 

そんな箇所を発見したら、カッタ-などで削りとって上からシ-リングしておくことが予防策になります。

 

シ-リングのコツはマスキングをしっかりとすることで、余分な部分にシ-リング材が付着しないようにすることと、シ-リング箇所のホコリなどを掃除してから施工すること、そしてプライマ-を使用すると、シ-リングが付着しやすくなるということです。

 

新築物件で、雨漏りに予防対策とは?

まず当たりまえですが、デザインのみに走らない設計方法が必要になります。

 

屋根の勾配ですが、雨じまいのこと考えると4寸以上をとることをオススメしますが、逆に6寸ですと勾配がきつい状態になりますから、施工上やりにくくなるというデメリットがあります。

 

屋根の勾配は、そういった点も配慮して4寸がもっともいいのではないでしょうか。

 

また軒の出は4尺、およそ1200ミリが外壁に雨が当たらずに最適ではないでしょうか。

 

最近の住宅は軒の出がどんどん短くなってきていますから、なかなか和風の建築でないとそのような設計にはしてもらえないようです。

 

ただ軒を長くするとそれだけ風力への抵抗が高くなりますから、材料へも配慮が必要になります。

 

中古物件の雨漏り対策とは?

中古物件を購入したから、雨漏りはしょうがないとあきらめるのはちょっと早いのではないでしょうか。

 

中古物件は確かに、建物そのものが老朽化していますから、特に雨漏りなどの被害に対してはよりシビアに考えなければなりません。

 

せっかく安い中古物件でも、雨漏りのためのリフォ-ムをしていたら、結局余分に費用が掛かってしまったなんてことにもなりかねません。

 

中古物件で雨漏りの可能性を見つけ出すのは素人には非常に難しいことですが、しかし中古物件購入時に防水塗装だけでも、予算の中に入れておくと状況はきっと変わってくるでしょう。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

雨漏り被害が報告されるUR
雨漏りにはウレタン防水処理が有効?
雨漏りの原因となるエアコンの取り付け
雨漏りとカビの関連性と対策
雨漏りによってクロスが剥がれ落ちる
雨漏りしたときに自分でコーキングする方法
鉄筋コンクリートの自宅がもし雨漏りしたら?
雨漏りの原因となるサッシの修理方法
雨漏りの原因となっているスレートの状態
雨漏りは最終的にダニの増殖に繋がっていくわけ
雨漏りのチェック方法
トタン屋根におこる雨漏りの原因と対策
雨漏りに対するトラブルのあれこれ
ひどい雨漏りに悩む方々が増えているのはどうして?
雨漏りによってフローリングがうける被害
雨漏りがマンションに発生する原因
雨漏りトラブルによるマンション修理の実態とは?
雨漏りのおきるモルタル外壁
雨漏りにそなえるリフォームの形
カラーベスト・コロニアル屋根雨漏りの原因と塗装による雨漏り対策
雨樋の詰まりが原因で雨漏りに!オススメの対策法がコチラ
セメント瓦で発生する雨漏りの原因と対策
ツーバイフォー工法の雨漏りの原因、及びオススメの対策法
一階が雨漏り?その原因と対策について注意点とポイント
雨漏りが原因で引っ越し!引越し代は誰が負担する?
雨漏りが家に与える影響は、思っている以上に深刻なダメージになる
室内で雨漏り発生!そんな時の応急処置として効果的な3つのポイント
雨漏りした際に家財保険は適応されるのか?
雨漏りしている箇所を特定するために必要な3つのポイント
雨漏りの危険性について、具体的な事例を交えながら説明します。
防水シートは、雨漏りの応急処置の強い味方!使う際の注意点
雨漏りの検査費用っていくらかかりますか?高額と聞いています。
新築で雨漏り!?結構ある事例らしいけど、見舞金は?
サッシが原因で雨漏りしている場合の症状と注意点
雨漏り修理の業者選び入門!悪徳&ボッタクリに合わないために
原因はベランダの排水口にあった!?雨漏りの見分け方と対処法
DIYに挑戦!雨漏りはどこまで自分で修理できるのか?
これだけは知っておきたい!雨漏り修理で見積りをとる場合のポイント
壁の内部で大変なことが!?雨漏りが原因に臭いにご用心
新築なのに雨漏り!?意外と知られていない原因にせまる!
「雨漏りを訴える」って現実的にどう?気になるメリット&デメリット
よくある窓枠からの雨漏り。修理にかかる費用はどのくらい?
どんなグッズが、どう役に立つ?DIYで雨漏り対策に挑戦!
大事な家具が雨漏りで大変なことに!大家さんの責任はどこまで?
断固として交渉せよ!雨漏りを直してくれない場合の対処法
できること・できないことの見極めが肝!日曜大工de雨漏り修理
入居後に、まさかの雨漏り!責任はどこまで追求できるの?
その時、壁の内側で何が起こってるの?雨漏りで建物が腐るメカニズム
デザイン重視の住宅が危ない!?毛細管現象による雨漏りに注目!
業者選びが肝!木造住宅の雨漏りスパイラルを乗り越えるために。
「高いな」と思ったら要注意!知っておきたい雨漏り修理費用の相場
雨漏りで屋根の張り替え!押さえておきたいポイントは?
優雅だけど雨漏りしやすい?あこがれの屋上庭園の落とし穴
伝統的な瓦屋根がヤバい!?雨漏りの原因をリサーチ!
やってやれないことはない!瓦屋根の雨漏りをDIYで修理しよう
雨漏り多発!もしかして欠陥住宅?気になる損害賠償の相
雨漏りは県民共済の火災保険で補償されるの?
雨漏り補修を無料にしたい!三井住友海上の火災保険を使った裏テク
全労済の火災保険ってどう?雨漏り補修に強い保険選び
太陽光発電の設置で雨漏り!?新築の保証はどうなってるの?
台風で雨漏り!補修に火災保険は適用されるの?
中古住宅の悲劇!裁判例に学ぶ、雨漏りの結末
原因は通気口にあり!?雨漏りの原因と失敗しない修理のポイント
外壁塗装後に雨漏り!原因は?外壁塗装後の雨漏り対策を教えて!