雨漏り 吸水シート

MENU

防水シートは、雨漏りの応急処置の強い味方!使う際の注意点

急な雨漏り対策として、一般的に認識されている対策方法としては、バケツにタライ、コップ、雑巾、タオルなどを床において、畳みや絨毯、フローリングが水浸しにならないように、水をうけるわけですが、吸水シートは今までの概念を吹き飛ばすほどに水を吸ってくれる有効なアイテムです。

 

そんな吸水シートの使う時のポイントや注意点はどんなものがあるのでしょうか。

 

雨漏りがおきるとまず気にしてしまうのは、大切なものの水濡れではないでしょうか?

 

雨漏りが起きた時、あなたはいったいどうなさいますか?

 

  • バケツを置く?
  • それとも雑巾?

 

いろんな方法がありますが、吸水シートという便利なものがあります。

 

 

雨漏り対策としての吸水シートっていったい何?

吸水シートといわれても、まだイメージできない方がたくさんおられるのではないでしょうか?

 

ホームセンターなどの防災コーナーを訪れると、吸水シートとか吸水バックといわれるものが販売されているのをみかけます。

 

吸水シートは相当な量の水を吸うことができるシートですが、雨水を吸っていない時は、非常に軽いただのシートです。

 

ところがいったん水を吸うと、10L、20Lと非常に多くの水分を吸い取ってくれますから、雨漏りの時に会社に出勤しなくてはならない場面など、おまかせでおいておけたりもします。

 

吸水シートは雨漏り以外に使い道ってあるの?

土嚢袋としても使用可能です。

 

普通、土嚢袋っていうと砂などを積めて積み重ねていくのですが、吸水シートは水を吸わすだけで相当な重さを確保できますから、手軽に手早く、しかも安価に土嚢袋として使用可能です。

 

また、土嚢袋につめる土は、とっさの場合周りに見当たらないなどの場面もあります。

 

そんなとき、雨水やあふれた川の水でも吸水シートは膨らんでくれます。

 

また土嚢袋に土を積めて二階などにもってあがるのは非常に危険です。

 

しかし吸水シート状のものをもって二階にあがり、そこで雨水を吸水させるということもできます。

 

吸水シートを使う上での注意点ていうのはあるの?

吸水シートは最大で20L位吸水しますので、場所によってはその重みが負担になってしまうことがあります。

 

また単位面積当たりの重量は、通常の土嚢袋と比較すると軽くなってしまいますから、水の勢いがあまりに強い場合耐えない場合があります

 

あえていうならば使用後、吸水シートから水をさっと抜き取ることができません。

 

自然乾燥に任せるという方法になります。

 

ものによっては、中から液剤が漏れてしまうことがあるようです。

 

液剤が漏れた場合、人体には無害ですが、その代わり非常に滑りやすくなるようです。

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい 増築・リフォーム体験談

雨漏り被害が報告されるUR
雨漏りにはウレタン防水処理が有効?
雨漏りの原因となるエアコンの取り付け
雨漏りとカビの関連性と対策
雨漏りによってクロスが剥がれ落ちる
雨漏りしたときに自分でコーキングする方法
鉄筋コンクリートの自宅がもし雨漏りしたら?
雨漏りの原因となるサッシの修理方法
雨漏りの原因となっているスレートの状態
雨漏りは最終的にダニの増殖に繋がっていくわけ
雨漏りのチェック方法
トタン屋根におこる雨漏りの原因と対策
雨漏りに対するトラブルのあれこれ
ひどい雨漏りに悩む方々が増えているのはどうして?
雨漏りによってフローリングがうける被害
雨漏りがマンションに発生する原因
雨漏りトラブルによるマンション修理の実態とは?
雨漏りのおきるモルタル外壁
雨漏りにそなえるリフォームの形
カラーベスト・コロニアル屋根雨漏りの原因と塗装による雨漏り対策
雨樋の詰まりが原因で雨漏りに!オススメの対策法がコチラ
セメント瓦で発生する雨漏りの原因と対策
ツーバイフォー工法の雨漏りの原因、及びオススメの対策法
一階が雨漏り?その原因と対策について注意点とポイント
雨漏りが原因で引っ越し!引越し代は誰が負担する?
雨漏りが家に与える影響は、思っている以上に深刻なダメージになる
室内で雨漏り発生!そんな時の応急処置として効果的な3つのポイント
雨漏りした際に家財保険は適応されるのか?
雨漏りしている箇所を特定するために必要な3つのポイント
雨漏りの危険性について、具体的な事例を交えながら説明します。
雨漏りの検査費用っていくらかかりますか?高額と聞いています。
新築で雨漏り!?結構ある事例らしいけど、見舞金は?
サッシが原因で雨漏りしている場合の症状と注意点
雨漏り修理の業者選び入門!悪徳&ボッタクリに合わないために
原因はベランダの排水口にあった!?雨漏りの見分け方と対処法
DIYに挑戦!雨漏りはどこまで自分で修理できるのか?
これだけは知っておきたい!雨漏り修理で見積りをとる場合のポイント
壁の内部で大変なことが!?雨漏りが原因に臭いにご用心
新築なのに雨漏り!?意外と知られていない原因にせまる!
「雨漏りを訴える」って現実的にどう?気になるメリット&デメリット
よくある窓枠からの雨漏り。修理にかかる費用はどのくらい?
どんなグッズが、どう役に立つ?DIYで雨漏り対策に挑戦!
大事な家具が雨漏りで大変なことに!大家さんの責任はどこまで?
断固として交渉せよ!雨漏りを直してくれない場合の対処法
できること・できないことの見極めが肝!日曜大工de雨漏り修理
入居後に、まさかの雨漏り!責任はどこまで追求できるの?
その時、壁の内側で何が起こってるの?雨漏りで建物が腐るメカニズム
デザイン重視の住宅が危ない!?毛細管現象による雨漏りに注目!
業者選びが肝!木造住宅の雨漏りスパイラルを乗り越えるために。
発生してからでは遅い!?今日からやろう!雨漏り予防対策
「高いな」と思ったら要注意!知っておきたい雨漏り修理費用の相場
雨漏りで屋根の張り替え!押さえておきたいポイントは?
優雅だけど雨漏りしやすい?あこがれの屋上庭園の落とし穴
伝統的な瓦屋根がヤバい!?雨漏りの原因をリサーチ!
やってやれないことはない!瓦屋根の雨漏りをDIYで修理しよう
雨漏り多発!もしかして欠陥住宅?気になる損害賠償の相
雨漏りは県民共済の火災保険で補償されるの?
雨漏り補修を無料にしたい!三井住友海上の火災保険を使った裏テク
全労済の火災保険ってどう?雨漏り補修に強い保険選び
太陽光発電の設置で雨漏り!?新築の保証はどうなってるの?
台風で雨漏り!補修に火災保険は適用されるの?
中古住宅の悲劇!裁判例に学ぶ、雨漏りの結末
原因は通気口にあり!?雨漏りの原因と失敗しない修理のポイント
外壁塗装後に雨漏り!原因は?外壁塗装後の雨漏り対策を教えて!