雨漏り 原因

MENU

雨漏りが起きる原因

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

雨漏りが起きる多くのケースは、屋根の不具合を原因とするのではなくて壁面のコーキングの不具合を原因とするケースがたくさんあるようです。

 

屋根は直接の雨漏りとなりますから、施工業者をしっかりと確認いたしますが、外壁に関しては注意を怠ることがあるようです。

 

自宅において決して起こってほしくないトラブルのひとつに雨漏りがあげられますが、雨漏りで厄介なのは以外と原因がわからないケースが少なくないということです。

 

雨漏りが起きるのだから単純に屋根を調べてみると、瓦屋根に穴が開いていたりするのではないかと思ってしまうのですが、ほとんどの業者が行う施工はそこまで手を抜いたりするものではありません。

 

原因がわからない箇所から雨漏りするのが、普通だと思っても誤りではないくらいです。

 

雨漏りの原因究明を考えると、雨漏りしている箇所の真上あたりが怪しいと思うのですが、実際はそうではなく、水が長い何かをつたい落ちてきているとするならば、天井を剥がして水が伝わってくるその通路をたどるのが一番です。

 

雨は必ずしも真上から降ってくるのではなく、横殴りの雨になりますと、雨は屋根ではなく壁面めがけて飛んでくるような形になるのですが、この横殴りの雨が実は曲者で、ほとんどの雨漏りの原因は横殴りの強い雨の時に発生します。

 

もちろん屋根に原因があるケースも多々あるのですが、外壁を伝って雨漏りがおきるケースも見逃してはいけません。

 

その場合外壁のコーキングに不備がありますと、雨漏りの直接の原因となるパターンが少なくありません。

雨漏りの原因がわからない場合、どのように対処すればそいのか

厄介なものほど、なかなか解決しない、そんなトラブルの代名詞のような存在である、雨漏りですが雨漏りをスム−ズに解決するためには、まず原因を突き止めることが先決であるわけですが、こればっかりは原因不明のまま、長くイライラされておられる方がたくさんおられます。

 

そんなとき、どう対処すればいいのかポイントと注意点をまとめてみました。

 

雨漏りが起きた時のセオリ−としての工程は、天井が湿っているとすれば、天井の点検口を覗いたり、もしくは天井板をはずして天井裏を覗いてみたりすることが先決です。

 

そこでどこから漏れているか大体の予測がつけば、その雨漏りはそんなに複雑ではありません。

 

しかし多くの場合、雨水がどこから伝ってきているのか、どこを流れているのか見極めるのは至難の業です。

 

その為に最近の業者は、あえて色つきの水を流してみたりして原因箇所の特定をこころみずわけですが、それでもうまくいかないケ−スもあります。

 

原因不明の雨漏りの原因を究明するための、有効な方法はあるのでしょうか?

原因不明の雨漏りを特定するために業者は、色のついた水を流してみたりして、雨の流れを想定してみるわけですが、それでもわからないケ−スがあります。

 

雨漏りにもいろいろあってわずかな雨でも雨漏りの発生するケ−スや、暴風雨のような激しい雨風の時だけ雨漏りするパタ−ンもあります。

 

もし横殴りの雨で雨漏りするのであれば、雨がどんな角度で建物に降ってきているのか、チェックしておくこともポイントです。

 

原因不明の雨漏りは色のついた水をかけてみるだけで、原因は追究できるのだろうか?

雨漏り要因は、一つでないというパタ−ンが往々にしてあります。

 

二つ三つの要因で雨漏りしている場合、リフォ−ムや修繕後の再度の雨漏りを引き起こすという消費者からも、そして修理業者からもうとましい結果がでてしまいます。

 

雨漏りは繰り返し起きると、もう治らないというマイナスなイメ−ジを引き起こしやすく、できるだけ一回の修理で原因特定、修繕の流れで終わらしたいものです。

 

そんな二個三個の要因を含む原因不明の雨漏りは、一色だけの水かけチェックよりも色を変えて複数個所で水かけ検査をおこなうことをおすすめします。

 

原因不明の雨漏りが発生した場合、いったいどんな業者に頼めばいいのだろうか?

原因不明の雨漏りが発生した時に悩むのは、原因を追究することはもちろんですが、何よりも責任をもって解決してくれる頼りがいのある業者に頼みたいものです。

 

業者といっても建築に携わる業者は非常に多く、なかなかどこがなにが得意なのか、素人にはわからないものです。

 

そういった場合総合的な視野で判断できる設計事務所にあえて、業者の選定をお願いするというパタ−ンもあります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

増築・リフォームの総合情報

スポンサーリンク


次はこちらの記事を読んで下さい。

合わせて読みたい「雨漏り」に関する記事

 

都市再生機構の略語であるUR。低予算で高品質の住宅を賃貸できるということが大きなメリットであるとして認知されていますが、実際には雨漏り被害などの多くの瑕疵も、みなさんメディアを通してご存じの通りです。国の組織だからと言って安易に信頼してはいけません。URとは都市再生機構、つまりは、URban Renaissance Agencyの略語で、その目的は都心部や地方にある中心的な都市で、整備や住宅の供給...

 
 

マンションなどの鉄筋コンクリートの構造物の屋上やテラスには、多くの場合ゴムのような塗膜をもつ防水加工を施しているわけですが、この処理をウレタン防水といいます。ウレタン防水の施工には、下地処理が大切で、下地処理には、熟練が必要になってきます。学校、病院やマンションの屋上に上がると、厚みのある防水塗装が施されていることに気づきます。これがウレタン防水という手法で塗膜がゴム状に厚くしかも弾力があるために...

 
 

エアコンを取り付けてくれる業者は、ほとんどの場合エアコンの器具に対しての専門知識は持ち合わせているものですが、逆に住宅の外壁に関しての知識が不足しているケースが多々あります。その結果、外壁に貼っている防水シートなどを平気に破いたり穴を開けたりしてしまいます。雨漏りの多くの原因は、屋根、外壁のコーキングなどのまずさが引き起こしています。また複雑な屋根の形状は、一見スタイリッシュに見えますが、しかし水...

 
 

雨漏りによって天井裏に一定の湿度が保たれてしまいますと、カビの温床になってしまう可能性もあります。カビは人体にとって有害であるため、できるならば雨漏りの改善後は湿気対策のために換気扇の設置なども視野に入れた方がよいでしょう。カビは雨漏り同様、家主を深く悩ましてしまう原因の一つですが、その理由はカビは健康にとっても非常に有害だからです。また湿気の多い住宅というのは非常に多く、もともと沼地であったり埋...

 
 

雨漏りには見た目に雨水が流れ落ちてくるというパターンとそこまでひどくはありませんが、徐々に雨水の水分が外壁を通して染み込んでくるというパターンがあります。この徐々に染み込んでくるパターンの場合、なかなか気づくのに時間がかかって突然クロスがはがれるということが起きてから気づきます。雨漏りは屋根が複雑な形状であるほど起こりやすいといいますが、特に最近はデザイナーズマンションに代表されるように、おしゃれ...

 
 

雨漏りは当たりまえですが、予想外のタイミングで起こります。そのために自分でコーキングする方法をしっておく必要性があります。またコーキングする際にはコーキング材には種類があることもしっておかなくてはなりません。種類によって上から塗装が可能であったり、耐久性があったりとさまざまです。雨漏りが起きた場合、業者にすばやい対応をお願いしたいところですが、なかなか救急車のようにすぐに助けにきてくれるといったこ...

 
 

鉄筋コンクリート製の住宅は非常に強度がある住宅になりますが、数十年の歳月を隔てると、次第に老朽化が始まってきます。ひび割れを原因とした雨漏りなどの悩みもありますから、早い段階で修繕しておくことが必要です。そういったわずらわしさを考えるとマンションは便利です。鉄筋コンクリート住宅といいますと、非常に堅固な住宅というイメージがあり、実際に耐久性はぴか一なのですが、しかし築数十年たちますと次第にひび割れ...

 
 

経年劣化をしている住宅の雨漏りの原因は、いろんなケースが想定されますが、単純に屋根瓦のずれを疑うことはもちろん排水設備の落ち葉や、セミの死骸などの滞留によるオーバーフロー、そしてサッシのコーキングの劣化などを疑ってみるのもポイントなのかもしれません。住宅の雨漏りは、濡れてほしくない家電製品や衣類などを傷めてしまう可能性がある恐るべき事故ではないでしょうか。もし自宅に雨漏りがおきてしまったら早期に解...

 
 

瓦屋根が減ってきた原因のひとつであるスレート屋根は、非常に軽量で、震災で問題になった瓦屋根の重さを克服する素材であったわけですが、その反面、瓦屋根よりも寿命が短く、塗装などのメンテナンスを放っておくと、やがて雨漏りの原因となることがあります。高い所に登って眼下に町を眺めてみますと実にいろいろな色や種類の屋根を見ることができますが、昔よりも瓦屋根が減ってきたことに関心させられてしまいます。瓦屋根が減...

 
 

雨漏りは、大切な家具や衣類、そして家電製品などを痛めるだけにとどまらず、住宅の構造そのものの老朽化を速めますが、その他にも雨漏りがもたらす湿気は、住宅内のカビの増殖を促してさらにカビを餌とするダニの増殖を促してしまい、人体の健康を害してしまいます。住宅において雨漏りは、家の中にある家電製品をいためたり、大切な衣類や書類に至るまでを汚したり濡らしたりしてしまいますから、大変な被害をこうむってしまうわ...

 
 

雨漏りに連想させられるのは、マンガなどで見かける桶やバケツなどで、天井から落ちてくる雨水をうけるような行為ですが、雨漏りは何もそんな派手な物だけではありません。ジワリのしみてくるような雨漏りもあるわけで、見つけるためのチェックポイントがありますので、確認が必要です。雨漏りといいますと、思い浮かべるのがマンガなどにでてくるタライやバケツ、食器などで、ポタポタと天井から落ちる雨水を受けるシーンですが、...

 
 

数十年もし歴史をさかのぼったとしたら、きっと今の瓦やスレート屋根が一気に減ってトタン屋根が軒を連ねていた時代にたどりつくのでしょう。それほど重宝されてきたトタン屋根はいつしか瓦屋根にとってかわり、そしてスレート屋根に変わってきたわけです。トタン屋根の建物は経年劣化による雨漏りが心配数十年前にの住宅といいますとトタン屋根が町の軒を連ねていた時代がありましたが、今は残りすくなくなってきたとはいえ、まだ...

 
 

雨漏りをはじめとした住宅購入におけるトラブルは後を絶ちませんが、実際に外壁にひび割れに付随した雨漏りは、住宅トラブルランキングでもトップの位置にあります。そんな雨漏りトラブルに対しての保障問題は、新築物件の方が保障に手厚く、逆に中古物件に関しては注意が必要です。厄介な住宅トラブルのひとつに雨漏りがあげられますが、雨漏りの起こりうる原因としては、職人の技術不足をはじめ、設計に無理があるケースなどいろ...

 
 

長く住んでいる住宅は、数十年を経ると次第に経年劣化が発生します。それ以外のどんな住宅でも、歳月を隔てると次第に劣化や腐食がはじまっていきますが、そんな劣化にともなったトラブルのひとつとして雨漏りがあげられます。雨漏りといいますと欠陥住宅という言葉に当てはまりますが、雨漏りに耐えながら、修繕したり改築したりするお金もなく、ひたすらにひどい雨漏りに耐える方々もたくさんおられます。ひどい雨漏りになります...

 
 

雨漏りによって受ける被害は、絶対濡れてはいけない家電製品や洋服が濡れるということではなく、長期にわたって湿気が滞留するほか、大量の水分を建材が吸収することで、材料としての機能が失われます。たとえばフローロングなどは、水分を吸収することで表面の美しい木目の化粧部分がはがれただの合板に変わってしまいます。雨漏りで厄介なのは、単に洋服や家電製品などの家の中の大切なものが濡れていくというだけの問題ではなく...

 
 

マンションの欠陥が露呈するという事件が、ニュースなどで報道されているのを見ることができますが、マンション建築においてのチェック機能が働かなかったために、欠陥住宅となってしまうケースがあるようですが、マンションの修繕費用は多額になってしまうため、とても厄介です。最近、マンションの欠陥住宅がニュースで報道されていましたが、マンションの欠陥住宅は土地付きの戸建住宅とは違ったややこしい問題があります。もし...

 
 

マンションの修理においては、多額なコスト発生を余儀なくされ、例えば足場を組むだけでも多額な費用が発生し、雨漏り発生要因の修理となりますと構造的な欠陥の可能性がありますので、従って構造部の修理が求められますから、大変に面倒な大規模な作業工程が必要になります。戸建住宅を新築して起こりうる雨漏りなどのトラブルは非常に厄介であることはもちろんですが、しかし家主側からみればそうではないですが、ハウスメーカー...

 
 

外壁を要因として起きる雨漏りの、よくあるケースはモルタルの施工において発生するパターンですが、モルタルの施工を原因としておきる雨漏りの責任はすべて施工業者の責任になります。しかし残念ながら雨漏りの修繕は一筋縄でいかない場合が多く、まず雨水の流れを把握することが第一です。外壁からの雨漏りは、社会的な問題になるほど、その件数は増えていますが、単なる手抜き工事だけの問題ではなく雨漏りは、何かと密閉度とい...

 
 

我が家は瓦屋根だから大丈夫とタ安心されておられるかもしれませんが、しかし瓦屋根の下の外壁との接合部の防水処理や塗膜、コーキングなどは、確実に一歩早く老朽化して剥がれおちたり欠けてしまっていたりして雨漏りを引き寄せます。そのためのリフォーム代金の積み立ては必要不可欠です。住宅は住んでいると、たとえ新築であってもあっという間に時間が過ぎて、気がつけば10年20年この家に住んでいたというのが多くの人の実...

 
 

屋根の雨漏りは、マイホーム住む人を持つ人にとっては、致命的な悩みになってしまいます。特に古くなったカラーベストの屋根をもつ住宅で、塗装し直しから数年を経た住宅の雨漏りが目立つようです。いったいなぜ塗装したばかりのカラーベストの屋根が雨漏りに繋がるのかその謎を考えてみましょう。震災後瓦屋根の住宅がたくさん重みによって倒壊に繋がったことから、多くの住宅がカラーベスト・コロニアル屋根を採用するようになっ...

 
 

雨漏りの原因はさまざまですが、そのなかでもっともポピュラーな原因ともいうべきものに雨樋の詰りがあげられます。そもそも雨樋とは屋根に降り注いだ雨を上手に回収して雨水をスムーズに縦樋から地上へと流すシステム。わかっているだけで違う、雨樋が詰まって雨漏りになっている人に、オススメの対策法について紹介いたします。我が家の困ったトラブルのひとつが雨漏りになりますが、雨漏りを起こすとまず原因を究明しなくては、...

 
 

昨今日本の技術は、どんどん海外に流出していて、お隣の中国や韓国をはじめとして、ベトナムやタイなどアジア圏の多くの国々の生産する施品が変ってコストが安く、しかも技術力が高い製品をつくり始めています。そういった流れは住宅の屋根材にも及んでいて、瓦屋根の施工の難しさを考慮すると、セメント瓦の製品の安定度合いが施工的に楽だということで、大量生産されています。が、そんなセメント瓦の雨漏り対策が今問題になって...

 
 

ツーバイフォー材でできた住宅は木造枠組構法といわれていますが、アマリカからわたってきたこの構法は今までの、日本の在来工法と違って柱で住宅を支えるのではなく、壁で住宅を支えるという画期的な方法です。しかし、その住宅の雨漏りで悩んでいる方がたくさんおられます。その悩みを解決する糸口はいったいなんなのでしょうか。ツーバイフォー住宅は、通常ホームセンターでツーバイフォー材としてかなり安価で販売されているの...

 
 

どうやって手を打てばいいのか、そして何が原因なのかさっぱりわからない。一階からの雨漏りは、あいだの二階を完全に飛ばしているということが大きなポイントになります。きっとそこには雨水の奇妙な流れがあるのでしょう。この謎を解くポイントはどこにあるのでしょうか?二階建ての戸建住宅で、二階には雨漏りがないのに、一階から雨漏りする。そんな奇妙なトラブルを抱える住宅が案外たくさんあるようです。しかし住む人は何が...

 
 

住んでいる家がもし雨漏りしていてかなり困っているとすれば、あなたはどうしますか?持家であるならばなんとしてもメンテナンスをして直さなくてはいけない。でも借りている家ならばどうでしょう。大家さんが修理してくれないのならば、いずれは退去しなくてはならなくなります。そんな最悪の事態が発生した場合、費用は自分で負担しなくてはならないのでしょうか?いつになく激しい雨が起こると今までなかった雨漏りが突然起こる...

 
 

雨漏りといいますと、今の住宅にはないと思われておられる方も中にはいらっしゃられるのかもしれません。しかし、雨漏りに悩む人は、後をたちません。雨漏りによって家財道具を始めとして衣類や寝具など、時には重要な書類でさえ使い物にならないようになってしまいますが、建物にも大きな損害を与えてしまうのです。さまざまな分野において、化学や技術は進化を遂げていますが、住宅においても昔よりも格段に気密性や断熱性が、よ...

 
 

24時間365日即対応なんて雨漏り対策の業者も最近は見かけることがありますが、そういった業者は多くの場合高額です。だってどれだけ人件費、光熱費をかけているわけですから、その費用を雨漏りの修理費用に添加するのは当たりまえなのかもしれません。いずれにしても雨漏りの応急処置くらいは自分でできるようにしておきましょう!雨漏りのリフォームや修繕は非常に難しいといわれているのは、原因がわからなかったり、修繕箇...

 
 

住宅を購入している人は、数年に一度、訪れる火災保険の支払いに右往左往してしまうことがあります。更新時期には嫌な火災保険も住宅の雨漏りなどの補償には活用できるのか、保険はできるだけ有効活用したいものです。しかし家財保険が適用されるのかどうか注意点をお伝えしましょう。雨漏りは予測不能にやってきます。そのために被害がとても大きいこともあります。高価なテレビやオーディオセット、パソコンなど水濡れによって無...

 
 

雨漏りに原因はわかりにくいと言われていますが、それは雨漏り箇所を特定しにくいというのが原因のひとつです。原因を見つけるために水を屋根にかけてみるとか、天井を剥がすなどいろいろ方法はありますが、その雨漏り箇所を特定するための3つのポイントをご紹介します。台風シーズンや梅雨時になりますと、雨は激しくなって、樋にたまったゴミでオーバーフローを引き起こしたり、屋根材がはがれたりなどの雨漏りの原因が起きやす...

 
 

雨漏りで悩んでいる方が多い反面、見てみぬふりをしている方も多いのではないだろうか。しかし、雨漏りがもたらす恐ろしい建物の崩壊の危険性を知ると放っておくことはできなくなるでしょう!そういった雨漏りによって住宅がボロボロになった事例も実際にありますから紹介しましょう。建築やリフォーム関連の仕事をしていると、雨漏りの補修に関わることが多いのです。というのもやはり雨漏りで、悩んでいる方は結構多いということ...

 
 

急な雨漏り対策として、一般的に認識されている対策方法としては、バケツにタライ、コップ、雑巾、タオルなどを床において、畳みや絨毯、フローリングが水浸しにならないように、水をうけるわけですが、吸水シートは今までの概念を吹き飛ばすほどに水を吸ってくれる有効なアイテムです。そんな吸水シートの使う時のポイントや注意点はどんなものがあるのでしょうか。雨漏りがおきるとまず気にしてしまうのは、大切なものの水濡れで...

 
 

雨漏りを起こすと、自分で対処できるという方はごく少数で、多くのひとは、どこの業者に頼めばいいのか悩んでしまうところではないでしょうか。雨漏りを起こすと、まずはその原因箇所の特定をしなくてはならないわけですが検査をするための費用などれくらいかかるのか、具体的な事例を交えて紹介します。雨漏りの修理を手掛ける業者はネットなどを検索すると、実の全国にたくさんあるということを思い知ることができます。そんなた...

 
 

新築した物件からいきなり雨漏り!!ショックですよね。しかしその時はショックのあまり何も知恵が浮かばなかったという事例もたくさんあるのですが、後から考えると見舞金くらいは請求しとけばよかったって後悔していませんか。そんな後悔をしないように雨漏りによる見舞金についてまとめてみました。新築物件から雨漏りするっていいますと、欠陥住宅!?と疑ってしまいますが、そういうケ−スが結構あるようです。特に最近は、お...

 
 

暴風雨により、日ごろ雨漏りしない住宅も雨漏りをすることがあります。その原因はさまざまですが、最近の天候の荒れは、いろんな家の不具合を浮き彫りにしてくれます。中でもサッシが原因で雨漏りする住宅もたくさんあると聞き、人ごとではないと感じその対処法と注意点をまとめてみました。台風をはじめとした暴風雨は日常では考えられない被害を、住宅にもたらしてくれます。屋根からの雨漏りは、天井から雨水がしみ出してきます...

 
 

雨漏りは構造的に起こった欠陥ですので、素人でできる範囲は、ブルーシートや防水テープ、できてもコーキング位が限界なのではないでしょうか。ほとんどの場合、雨漏りの応急処置だけ施して、あとは業者に任せるいうスタイルになってしまいます。そんな業者を選ぶためのコツやポイント、注意点をみてめましょう!基本的に雨漏りが起きると屋根に何かトラブルがあるのではないかと想像します。思い当たることがあるならば別ですが、...

 
 

ベランダの雨漏りは、ベランダの防水不良のほかに排水設備のオ-バ-フロ-などの原因が考えられるわけですが、そういった原因はどうやって見分けてどうやって対処するのでしょうか。注意点やポイントをまとめてみました。戸建住宅に起こりがちな雨漏りは、新築物件でも施工に甘い部分がありますと十分に発生する可能性があります。住宅に起こるトラブルは地震や火事などがありますが、雨漏りほど日常に発生しやすいトラブルはない...

 
 

自宅に雨漏りにあってしまうと、業者の手配や費用の工面、会社も休まなくてはならない事態になります。できれば費用を抑えて、業者を手配するめんどうさを回避したいと考えるのは自然ではないでしょうか。ちょっとした知識さえあればなんとかあるのではないか?修理できるのか?良い方法はないのか?そんな疑問に対する注意点やポイントをまとめてみました。最近のゲリラ豪雨は、ニュ-スを見ていて恐ろしさを感じずにはいられませ...

 
 

家は建てたその日からすでに劣化がはじまっています。そして劣化の表れのひとつが雨漏りであったりするわけですが、雨漏りは一日も早く修理しておきたいものですが、業者にお願いするといったいどれくらいの費用がかかってしまうのか。雨漏りの修理の見積りを取るときの注意点や、より安価にするための方法をわかりやすくまとめました。住まいは絶えず人の手を入れていかないと次第に劣化がすすんでいって、最終的には住めない住宅...

 
 

雨漏りが原因で発生する臭いについて、臭いが発生する原因と臭い対策についてまとめてみました。具体的にどうすれば臭いがなくなるのか、またはどうすれば臭いの元を絶ち切ることができるのか具体例を挙げて紹介いたします。雨漏りは家財道具はもちろんのこと住宅の構造部分にまで、その被害をもたらします。いわゆる二次被害ってやつです。仕事からかえってくると、リビングが水浸しだったというような経験をもたれているかたもお...

 
 

せっかくの新築なのに、雨漏り・・・気分は間違いなく最悪でしょう。しかしどうにか対処しないと、一端引き渡しを受けた住宅は、よほどの瑕疵がないと返品なんてできるものではありません。そんな新築物件の雨漏り原因とその対処についてまとめてみました。雨漏りを修理するためには、防水塗装の塗り直しにコ-キングなど、一定のセオリ-みたいなものがあります。もし新築物件で雨漏りが起きた時、まず連絡するのは、その建物を建...

 
 

雨漏りは住宅に重大な損失をもたらすということで、雨漏りよって人は大きなストレスを抱え込むことになります。そんな雨漏りは施工業者や大家さんなどを相手取って時には裁判に発展することもあるわけですが、裁判を起こすことのメリットデメリットをご案内いたします。通常裁判を起こすとそれなりに費用が発生しますし、たとえ裁判で勝利しても負担額はそれなりに支払義務がありますし、しかし負けてしまうと全ての費用負担が発生...

 
 

夏場の台風や通り雨が連日メディアを騒がしていました昨今ですが、雨漏りの原因として珍しくない窓枠を修理する際には是非、注意したいものです。その際の点に対して、修理にかかる費用や誰に依頼するかなど窓枠を原因とした雨漏りの問題点をわかりやすくまとめてみました。窓枠やサッシは通常、雨が激しくあたっても、家には雨が侵入しにくいような構造になっているわけですが、しかし激しい雨によって、雨漏りが発生するケ-スは...

 
 

雨漏りが起きますと、屋根に穴が開いているのだろうとタカをくくるかたがおられるようですが、そんな単純なものではありません。知恵を振りしぼって、自宅の構造を考慮しながら原因を探り当てるという順序が必要ですが、一方で対策グッズなども販売されていますがオススメグッズを紹介してみましょう。雨漏りと言いますと、桶や鍋などで雨水を受けるといったイメ-ジがありますが、何も桶や鍋をオススメしたりはしません。もっと根...

 
 

雨漏りとなると建物の被害はもちろんのこと、賃貸であれば責任の所在も問題になります。大家さんの責任はいったいどこまでになるのでしょうか。たとえば雨漏りによって家具や寝具、重要書類、家電製品など濡れてしまっては大変なものが家庭にはたくさんありますから、その対処法をご案内します。どこにでもクレ-マ-的な存在は、いらっしゃいますが賃貸住宅経営において、雨漏り被害を出してしまいますと、大家さんの立場からする...

 
 

大家さんが雨漏りを治してくれないために、とても不便な生活を強いられるという話はよくありますが、大家さんには直さなくてはいけない権利があります。法的処置も含め、どうやって雨漏りを修繕してもらうのか、まとめてみました。賃貸住宅を借りている借主は、何かと立場的に弱いことが多いのではないでしょうか。都内一等地の高級マンションの賃貸などは別として、安アパ-トなどの賃貸は、おおよそお金をそんなにもたない住人が...

 
 

家の家は古い木造だから、雨漏りがおきてもそんなにお金を掛けたくないってかたもずいぶんおられるのではないでしょうか。そんな雨漏りを日曜大工で修理しようとする場合の注意点やポイントをわかりやすくまとめてみました。町で工事している場面をみると、まだ新しくできあがったばかりの床に雨水がどっぷりと溜まっているのを見かけることがあります。きっと雨水がきれいにはけていく勾配が上手くいっていないのかもしれないと思...

 
 

住宅における雨漏りなどの瑕疵に対する補償は10年といわれておりますが、実際に雨漏りが起きると人はおのずと右往左往してしまうものではないでしょうか。そんな時どう対処するのか、費用の負担や解決のための手順を分かりやすくまとめました。新しく理想の住宅を建築や購入したときには、引き渡しの時点で知らされて、もしくは知らなかった、など法律でいうと善意にあたる場合、その住宅における雨漏りなどのような欠陥が、発覚...

 
 

雨漏りを放置していますと、建物の壁の内部は湿気でみたされるわけですが、その結果カビが生えて、次第に腐敗が発生するようになります。雨漏りによってそういった心配をされておられる方がおられるようですが、具体的にどうなるのか説明いたします。雨漏りしていても、わずかなシミ程度なら何とか我慢できるとついつい甘く見てしまっていませんか。しかし雨漏りを放っておくと大変なことになります。大変て、いったいどうなるの?...

 
 

小さな水がわずかな隙間を這い上がってくる、そんな現象を見たことはありませんか?それを毛細管現象というのですが、雨漏りとの関連性、そして対処法などをご紹介いたします。雨漏りといいましても、雨漏り住宅に住む人の感覚においては、天井や壁がしみてきた!!どうしよう!!専門家に相談しなくちゃ!といった雨漏りにおけるリアクションになるのでしょうが、しかし専門家からしてみますと、そう簡単な話ではないのです。なぜ...

 
 

木造住宅で雨漏りしてしまってた!!修理業者に電話してもすぐに来てくれないという。そんな困っている人に、どんな症状が発生していると、どんなことが原因となっていて、どう対処するのが良いのか、代表的な事例をもとに説明いたしましょう。突然起こった雨漏りによってうろたえてしまう方は多いのではないでしょうか。だれしも自分の住む住宅にはことのほか、思い入れがあるものです。また住宅は個々の最大のリラックスのための...

 
 

悲しいかな、雨漏りする家、しない家、この違いはいったい何なのでしょうか?雨漏りを未然に防ぎたい!そんな人にその対策、そしてどんなことに気をつけて施工したらよいのかなど。また中古物件を考えておられるならば、どんな点に注意すればよいのかもとめました。日々技術は高まって、科学も進歩しているのに雨漏りさえも防げない。そんなジレンマがあります。雨水はちょっとした隙間や穴からも入り込んできます。私たちができる...

 
 

雨漏りに遭遇しますと早く対処することが求められます。そのため、少し建物の知識があったとしても、経験のたくさんある専門業者に依頼するのが妥当ではないでしょうか?その場合どんな症状に対してどんな施工をするのか?また費用などれくらいかかるのかご案内します。どんな住宅でも歳月とともに次第に劣化していきます。実際に住宅リフォ-ムの上位を占めているのは雨漏りのためのリフォ-ムだそうです。しかし建物の雨漏りとい...

 
 

日本の住宅は寿命が短いといわれますが、それは自分でメンテナンスできないということが一番のネックではないでしょうか。さて雨漏りによって屋根を張り替える時、あらかじめ知っておきたいポイントがあり、費用面、業者選び、工法など具体的に紹介いたします。屋根材といわれる瓦やカラ-ベストなどは、基本的に重ねて施工されております。みなさまの住宅もそうですし、回りにある家々もきっとそうでしょう。塗り替えが必要となる...

 
 

あこがれの屋上庭園ですが、一つ懸念があります。それは雨漏りです。屋上庭園を造る場合、気をつけておかないと雨漏りがおきる可能性があります。そこで、適切な雨漏り対策、および屋上庭園を造るときの注意点、対策のための費用などをご案内します。戸建住宅に屋上庭園がある、それだけでレジャ-が広がるきがしますし、バ-ベキュ-などできる地域であれば、友だちを呼んでわいわい楽しむことができます。そんな屋上庭園ですが、...

 
 

雨漏りを発見すると、その原因は外壁かもしくは屋根。いずれにしても修理するしか方法はないわけですが、原因はどこにあるのか。役立つ情報や実例を踏まえた対策方法。そして修理費用はいったいどれくらいかかるのか、そんな情報をまとめてみました。お部屋の天井からぽとぽとと落ちてくる汚い雨水。どうにかしてくれと祈りますが、自ら対策を練らなくてはどうにもなりません。この流れ出てくる雨水はいったいどこから来たのか気に...

 
 

瓦屋根の雨漏りはDIYで果たして修理できるのか?またはしてみる価値はある、しないほうが良い、など意見はさまざまですがDIYする際の適切な修理方法、修理に使う道具などを、具体的にご案内します。また高所作業の注意点と安全対策をくわしく説明しましょう!比較的に長持ちすると言われている瓦屋根ですが、そこから雨漏りするというケ-スもあります。地震や暴風雨によって瓦が割れてしまったり、吹き飛んだり、欠けてしま...

 
 

もし新築の住宅などをせっかく購入したのにも関わらず、雨漏りするような欠陥住宅をつかんでも慌ててはいけません。その際専門家に相談することがポイントになるわけですが、損害賠償は果たしてどれくらい請求すればいいのか?など実例を交えご案内します。もし中古や新築の住宅を購入し雨漏りが起きたらあなたはどうしますか?契約を失敗したことをひたすら嘆きますか?それとも言い知れない怒りを何かにぶつけますか?ここは涙を...

 
 

雨漏りに悩む人は多いですが、不意に起こる雨漏りに対してどう対処するのか。まずは県民共済で対処できるのか?県民共済の火災保険では、雨漏りが補償対象となるのかどうかをご紹介します。基本的には補償対象外なので、その場合、どういった対処をするのが望ましいか、併せてまとめました。新築、賃貸、戸建、中古物件それぞれのパタ-ン別にご案内します。雨漏りによる住宅の火災保険の補償は大変に微妙なところにあります。もっ...

 
 

三井住友海上は民間としては、非常に知名度の高い保険会社として知られておりますが、雨漏り被害に対しては他の火災保険と同様に基本的に保障の対象とはなりません。しかし例外はありまして、暴風雨などによって損傷を受けた屋根材から雨漏りした場合には補償されることもあるようです。そんな雨漏りリスクを減らすための情報をまとめてみました。多くの住宅にとって、雨漏りは厄介なトラブルのひとつです。特に屋根は目が届かない...

 
 

全労済の火災保険の扱いは、火災保険というよりもむしろ火災共済と呼ばれるものになります。補償対象にかんしては、ほとんど火災保険との相違点はありません。その全労済の火災保険が雨漏りが補償対象となるのかどうかをご案内します。対象となる場合、ならない場合、どういった対処をするのが良いのか。また、雨漏りのリスクを減らすためには、どういった保険に加入するのが良いか、等、役立つ情報を紹介します。全労済の火災共済...

 
 

ご存じ太陽光発電は屋根に設置することになります。つまり職人が自宅の屋根に上がってビスなどで屋根に太陽光発電を固定することになります。屋根は思いのほか強風や激しい雨に打たれるところであるところであることから、太陽光発電設置に付随した雨漏りが起きる結果となることがあるのです。そんな場合どんな保証があったりどう対処するのかご案内します。太陽光発電は今、新築の住宅の屋根にはかなりの確率で取り付けられるよう...

 
 

基本的に住宅の雨漏りは保険が適用されません。これはみなさん周知の事実ということになりますが、しかし例外もあります。台風が原因で雨漏りしてしまった場合、火災保険の対象となるうる場合もあるのです。契約書をチェックする際のポイントや、保証の内容を具体的に紹介します。自宅に起きる雨漏り。実際に雨漏りによって、建物は見た目以上に大きな被害をこうむります。建物内部の湿気によって、カビ、建材の劣化、白アリなどの...

 
 

中古住宅を購入すると、どうしても目に見えない瑕疵が気になるものです。たとえば雨漏りに遭遇した場合、いったいどうすればよいのか?裁判を起こすための手続や費用、流れ、期間など。そして勝った時、負けた時どうなってしまうのか、について、過去の事例をもとに紹介します。中古住宅の雨漏りに悩んでいる方が裁判を起こすまでの流れには、一定の行程を経る必要があります。まずは弁護士を間に建てて雨漏りをスム-ズに治しても...

 
 

通気口から雨漏りは、多くの場合ずさんな施工を原因とします。そんな時の代表的な症状と原因、自分で修理するならこうする、業者に依頼する、などのオススメ情報を注意点、ポイントも合わせてご案内します。屋根から雨漏り?外壁から雨漏り?そこを疑って調べてみても犯人がどうしても検討がつかない。そんなケ-スはありませんか。しかし調べれいくと通気口に行き当たる場合があります。通気口は中のパイプの勾配、そしてフ-ドの...

 
 

外壁塗装を実施した後に雨漏り発生するのはいったいなぜか。原因と対策を紹介するとともに、外壁塗装でこういった失敗をしないためのポイントについても併せて紹介します。住宅はおよそ数十年ごとには、塗り替えを実施することが好ましいのですが、お金を積み立てておかないとなかなか難しいものです。マンションですと共益費、修繕積立費などとしてお金を積み立てていきますから、毎月の支払額はつらい物ですが、いざという時は逆...